2018年02月28日

北見へ凱旋

おかえりなさい。
そして、改めておめでとうございます!

娘カー.jpg

いま、巷の小学校では、紙に円を描いて
手ごろな石や、消しゴムをストーンに見立て
カーリングごっこをする児童が溢れているとか!?

もちろん、"そだねー"と声を掛け合いながら。

そのうち、大人社会のアフター5にも、気軽に
「きょうカーリング行く?」と言える日が来るのでしょうか?

この影響力!素晴らしい功績ですね!
平昌で生まれた新たな憧れが、
4年後、8年後、更なる輝きを魅せますように!

| 07:37 | コメント(3) | カテゴリー:小池文美

2018年02月27日

Beguiled ビガイルド

ソフィアコッポラ監督といえばベルサイユ宮殿を舞台に美しい王女達が繰り広げる華麗な日々、を想像してしまいますが、こんどの映画はアメリカが舞台。それも南北戦争時代の女子寄宿学園の敷地内でのお話です。

登場するのはコリン・ファレル、ニコール・キッドマンなど若い女性7人。そこに銃弾を受け負傷した敵方の生身のオトコを放り込んだら!?(・_・;?・・・・・
というお話ですが、想像したのとは違う展開を辿ります。

音楽も極力控えて不気味な効果音だけ、色彩も王宮とはかけ離れた南部の田舎の地味な階調。衣装も生成り色の長袖ワンピースばかりで脚線美も拝めません。でも、セリフやト書きに現れないビミョーな仕草や目線、感情の起伏が実に繊細に描かれているところが流石ベテラン女性監督!と言いたい部分。「欲望のめざめ」る瞬間をデリケートに描いています。

一見すると、とっても地味なストーリー、設定ではありますが寄宿制の女学校という閉鎖された空間を舞台にしたこの作品、女子校育ちの方なら共感できる部分が垣間見られるかもしれません

| 12:13 | コメント(2) | カテゴリー:吉田雅彦

2018年02月26日

東京マラソンファミリーラン!

 2月24日土曜日
 息子と一緒に走りました!
 1,5キロ、あっという間で、終わってしまうのが残念で
 ゆっくり目に走りました。
 楽しかった~~
 メダルも完走証もとてもいい記念になりました。

ごーるー.jpg

| 10:00 | コメント(0) | カテゴリー:杉江奏子

2018年02月25日

Stay Positive

平昌オリンピック、熱戦の日々も終わり聖火台の火が消されました。
さあ、これからオリンピック臨時増刊号の編集も連日徹夜の追い込みです。
週の半ばには各新聞社から出来立てのオリンピック写真集が出揃うことでしょう。

それにしても金曜日のカーリング女子、日韓戦は歴史に残る名勝負でしたね。ある専門家は生涯で見たベストの試合だったと感慨深げ。・・・・・・・が、それにも増して劇的な結末を迎えたのが女子カーリング3位決定戦。またもや最終10エンドの最後にイギリスが投げた一投が運命を決めました。

厳しい見方をすれば相手の目論見が上手くいかなかったから・・・・?
奇跡的なスウェーデン戦の勝利で相手の最後の一投が4000分の4だけ弱く投げられていたら......2度目の英国戦でも、最後の一投があと1 インチ左に当たっていたら......ストーンが止まるまではイギリスが同点に追いついて日本後攻でエクステンドのエンド突入かと思いましたが......銅メダルを手にするまでは度重なる幸運が不可欠でした。

しかし、相手をそこまで追い込んだ彼女たちの作戦勝ちだったとも言えるでしょう。今回の大会、勝利の女神が何度となく微笑みを贈ってくれたのも事実。でも、それを引き込んだのは常に笑顔を絶やさなかった彼女たちです。

ラジオ実況席の傍で解説の女性の嗚咽が聞こえてきました。この大会でもっともゾクゾクした瞬間です。

さあ、次の北京ではもっとも違う色を目指さなければならなくなりました。LS北見の課題としてはドローショットが多く相手を理詰めで追い込み難しいドローを強いる今の戦略スタイルに磨きをかけることも、ですがパワフルなテイクアウトショットで相手のストーンを一気に排除する豪快な攻撃スタイルも身につけて欲しいものです。
予選リーグ試合中懸念だったのはサードの吉田知那美(韓国ネット社会では藤澤五月に次ぐ2番人気、ニコニコニー♫のポーズが可愛すぎる。俺のタイプだ。嫁にしたい、と話題騒然)のショットの強さでした。リーグ戦ではウェイトが正確に決まらず涙する様子が印象的でした。実のところスウェーデン戦に奇跡の勝利を納めて以降日本には勝ち星がありませんでした。ここは一つ彼女をテイクアウトに強いスナイパーとしてダブルテイクアウトを積極的に狙い撃ちするキャラに方針転換するのも面白いかな、と思います。

韓国で特筆したいのはスキップのメガネ先輩ではなくひとり前のサードを担当するチームいち美人のキムギョンエ/KIM KyeongAe; 金 敬愛(24)。彼女のショットは正確無比な上にパワフルで狙ったダブルテイクをことごとく成功させています。狙った獲物に食らいつくハイエナの様な怖さです。しかも美しい!

いったい韓国チームがどれだけ練習時間に費やしてきたか、想像に難くありませんが、母国で開催される花形競技で是が非でも金を取りたいという意思が、メンバーの名前からしても容易に想像できました。




しかしながら韓国が金メダルに挑んだスウェーデン戦、日本が奇跡的な逆転勝利を挙げたあの時とは同じチームと思えない強さ、圧倒的でした。韓国もさすがに頂点を望むと肩に力が入り過ぎたのか?ショットの確度が落ちてきました。


サード、スキップ(韓国民の間でもルックスは日本圧勝の声が多数派)が共に笑顔で試合を進めること、これが何より韓国にも真似のできないLS北見の最強の武器でした。そして最高の笑顔をお土産に帰国できること。もうこれ以上望むべく無い最高の結果です。

それはそうと北見だけでこんなに可愛い娘が集められるとは‼︎韓国チームの次の課題はこの辺りにあるのかもしれません

| 22:47 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2018年02月24日

お転婆姫と三銃士

「映画産業全盛時代の撮影スタジオを舞台にした作品を作りたい」この映画のプロデューサーが十年越しで温めていたアイデアがようやく陽の目を見ました。さて、綾瀬はるかの主演が決まるとシナリオがゼロから書き下ろされます。彼女ならコメディタッチのラブロマンスか?それとも??ラブストーリーの結末をどんな方向にもっていくかも企画会議の重要な議題だったはずです

・・・・・ひと気の無くなった古い映画館の映写室で夜な夜な映写機に掛けられる35ミリ版白黒映画フィルム、王女を演じる綾瀬はるかは退屈な毎日に飽き飽きした挙句にお城を抜け出して、とローマの休日「綾瀬版」が始まるのかと思うや否や三匹の妖怪と出会い~~~

劇中劇の映画タイトルは「おてんば姫と三銃士」。B級作品で客も入らずとっくの昔に上映の終わった作品という設定です。


Imgq0287

公開中の映画「今夜ロマンス劇場で」は、昭和30年代の最も忙しかった時代の映画撮影所を舞台とした、とっても不思議なお話。

モノクローム映画の上映中に突然の停電。客席に現れたのはスクリーンで王女を演じていたあの女優です。銀幕の中にいたはずの彼女がなぜここに?現実の世界に現れた等身大の彼女には色彩がありません。そして、一つだけ「してはならぬこと」が~~

今ではデジタル処理のお陰で綾瀬はるかの部分だけピクセルを白黒数値に変換して編集できる世の中です。21世紀の今だからこそ実現できたアイディア〜シナリオです
とんかく結末が予想出来るようでようで全く予測不能〜ハッピーエンドで終わるのか、それとも切ない別れが待っているのか?最後までどんなストーリー展開になるかは想像できませんでした。
それより、矢口 史靖監督の路線とは明らかに違う綾瀬はるかがまた魅力的。お手本ともいえるツンデレぶりもさることながら綾瀬はるか主演でこんなに泣ける映画が作れるなんて!
主人公マキノという助監督の名前から往年の名監督・マキノ雅弘を連想できるなら~大映映画やタフガイ/マイトガイ、映画『また逢う日まで』のキスシーン等々〜巧みに織り込まれたキーワードに気付くはず。古い映画へのオマージュ満載です。そういう世代を狙った作品なのかと思えばチョンジヒョン主演で韓国中にYupgi(猟奇的)旋風を巻き起こしたあの映画の一番美味しい部分も上手にオマージュしていたりして一層涙腺を攻撃して来ます。
加藤剛や柄本明、竹中直人と言った重鎮を贅沢に使いこなしたキャスティングもまた見もの。北村一輝の突き抜けた怪優ぶりはコメディ作品かと錯覚させる魔力も持っています。そしていかにも映画女優の衣装!な感じの綾瀬はるかのファッションも見逃せないポイント


予告編ではその凄さが垣間見られ無いのが不満ですが、案外口コミで魅力が伝えられる類の作品かもしれません


綾瀬はるかがどんな仕事ぶりを見せているのか、ちょっと気になって何の気なしに選んだこの映画。仮に劇中劇の「おてんば姫と三銃士」の様な運命を辿ったとしても「僕の彼女はサイボーグ」以来気になっている綾瀬はるかの思い出深い主演作品として心に残りそうです。

| 07:12 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2018年02月23日

MEDIAAMBITION

六本木ヒルズでは今週まで光と映像のアート、
「 Media Ambition Tokyo 2018」【MAT】が開かれています。
東京シティビューに入場してすぐ目に入るのは巨大なドライビング・シミュレータ?シートは体型に合わせて自在に変化しピッタリフィットします。もちろん自動運転Imgq0292
細かい格子状のクッションがバケットシートの様に体にフィットしてくれます。設定次第ではベンチシートにもなりそうで、これは欲しいかも?


鍵盤を押すと音階ごとに異なるフレグランスが噴き出すオルガンは音と香りで楽しませてくれます。
Imgq0301

シティービューまで昇らなくてもlowerロビー階でも触れる地球を展示中
Imgq0310

六本木の他に原宿、代官山、銀座、飯田橋、水道橋、お台場、丸の内などで25日まで開催中

| 20:10 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2018年02月23日

Willkommen bei den Hartmanns

難民受け入れをテーマに家庭崩壊を楽しく描いたドイツ映画・・・・何だかブラックな雰囲気も漂いますがちゃんとハッピーエンドで終わることができるかどうか。ドイツ映画「はじめてのおもてなし」は2年前ドイツで大ヒットし、ドイツ・アカデミー賞観客賞受賞も獲得
数年来ヨーロッパ諸国を揺るがしている難民問題を正面から捉えた作品、といえば堅苦しそうですが、実のところナイジェリアからやってきた一見おとなしそうな青年は何も悪いことはしていません。四週間後に控えた亡命申請までに、問題さえ起こさなければ・・・・・・

一見ドイツのエリート上流家庭のように見えるハートマン家は実は様々な問題を抱えたフツーのドイツ人一家。ひょんなことから難民を受け入れることを決め、思わぬ災難が相次いで降り注ぐ・・・・・・

海を隔てて遠い海外の出来事としてみているわれわれ日本人にはあまり切実感がありませんが,EU離脱を決めたイギリスをはじめ、国政選挙も揺るがしかねない各国の内政問題となっているのはニュースでも先刻ご承知の通り。

はて、難民って厄介な存在なのか?そもそも歓迎されざる客なのか?習慣も文化も宗教観も違う民族、人種と本当に打ち解けられるのか?この映画の結末が目指す方向はみんなの望んでいる方向なのか?ストーリーのあちらこちらに、実際に起こったであろう出来事が織り込まれているかのようです。

映画の中ではハッピーエンドで終わっていても実際の世界では何が起こっているのか、かえって気になる作品でもありました。

難民受け入れに関してはとりわけ、ハードルを上げている日本。先日、その審査の時間をちょっとだけ短縮する動きは見られましたが、欧米のような受け入れの体制には程遠い現状。そう遠くない将来、日本がこうした状況に直面したら、この作品を笑って見過ごせる状況にはないのかもしれません。そう考えて、もう一度この映画の結末を考えてみると結局は人物本位で判断するのがたったひとつの正しい判断なんだと気づかされるのです。

角川シネマ新宿ほかで24日から上映

| 02:18 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2018年02月22日

「猫呑み」のススメ

猫カフェブームは何処へ行った?
猫のいるBARはどうだろう?
何気なく飲んでいる傍らに何気なく猫がいて、

そんな気になる東京の酒場、カフェを集めた書籍が
『猫と呑み助 東京「猫呑み」のススメ』です

根津のニャン太郎も掲載されています。

逢いたくなったら本を片手に酒場へGO

http://www.yamakei.co.jp/products/2817590450.html
はるやま ひろぶみ著 発行:山と溪谷社 1,300円+税
ISBN:978-4-635-59045-7 A5判 128頁

えっ?ネコにジャズが判るかってェ?

知らねえなァ?そこらの鈍感なお犬様達とは違って猫にゃあジャズが分かるんだってェこと、忘れてもらっちゃあ困るニャア🐾🐾



jazzばかりでなくビートルズもCDも流れる Music & Dining BAR / La Cuji(楽耳)
文京区根津二丁目

| 17:30 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2018年02月21日

2yan2yan2yan

2/22はニャンニャンニャンの日。今やわが国ではペットで飼われる猫の方が犬の方より多いというニャンニャン大国。

お犬様はスキルを覚えさせれば盲導犬や警察犬といった仕事をしてくれますが、外国航路の船に乗って遠洋航海に出かける機会の激減した現代、ネズミを捕る仕事もまた、激減し、本来猫の存在意義は薄れた筈。なのにウチも含めて猫好きはまだまだ増殖しそうな雰囲気です。...さて、そんな猫好きにお薦めしたいのがネコの実録映画

女性監督;ジェイダ・トルンが描く映画"Kedi" 『猫が教えてくれたこと』はトルコ、イスタンブールの町並みを舞台にそこで暮らす猫たちと猫を愛する人々を描いた作品です。

まるでシナリオが書かれているかのように猫たちの動きを四方八方からカメラが捕らえる様子は、ストーリーがあるかのようにドラマチック。


子供を出産し、毎日のえさ探しに奔走する母猫の奮闘ぶりや犬に咬まれて瀕死の重傷を負った子猫を助ける労働者。恋の相手にアプローチするためあの手この手を尽くすオス猫の秘策もあればボス争いをめぐる格闘シーンも!
Imgq0239(美食家のデュマンは、お気に入りのレストランが根城、でも決して店内には入ろうとせずガラス越しにおねだりするジェントルnyaン)

街中にいる猫たちのドラマチックな生活ぶりを、傍らで見守る市民たちの証言を交えて描いてゆきます。 猫の目線に合わせて地上高10cmから撮影できるカメラを開発、猫が見たイスタンブールの町並みをリアルに楽しませてくれます。

人が集い、都市が形成され、下水道が整備されるとねずみの被害が急増。そこで駆除の役を担ったのが船とともに各地から持ち寄られた猫たち・・・・・それが今でも街のあちこちでかわいい猫たちの姿を容易に見つけられる所以です。


そんなイスタンブールの町並みも都市再開発の波を受けて自由な猫たちの安住の地が奪われようとしています。イスタンブールの人たちは猫たちの生活を守ることができるのか?野良猫を見つけると駆除だ、保健所だと大騒ぎする東洋の国とは大きく違うようです。

アマゾン等でDVDをお取り寄せして観てみては?

DVD. "Kedi" (2016 release from Turkey; 80 min.)

| 23:34 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2018年02月20日

冬の華と春の花

おはようございます!

平昌では冬の華たちが輝く中
少しずつ春の足音が聞こえ始めました。
日差しも柔らかくなってきたように思います。

春、出逢いと別れの季節ですね。
始まりがあれば、終わりがあり、
終わりがあれば、また始まる。

32ee80b3a473f2fe3052ec5684c6e6b1da1ab0ee.jpeg

花も同じ。

つぼみも、咲き誇るときも、去り際も
それぞれに美しい。

あ、鼻は大丈夫ですか???
ムズムズはじまっていますか???

| 07:37 | コメント(0) | カテゴリー:小池文美

2018年02月19日

「そだね~」

平昌オリンピック、小平奈緒の完璧な金メダル!優勝後もはしゃぎ過ぎるでもなく、母国で金メダルを期待されながら錦を飾れなかったライバル選手への気配りもクールで素晴らしい日本選手団・主将ぶりでした!この後団体パスートでは高木美帆が悲願の金を集め、金銀銅のオトナ獲りを達成するのでしょうか?

Imgq0290

そして、女子カーリングも日本が頑張っています。スウェーデンといえば男女共カーリングの強豪、優勝争いに絡んでいてもおかしく無い相手です。9試合の総当たり戦リーグのうちこの相手にだけは敗れても不思議ではありません。しかし日本は今夜のスウェーデン戦最終10エンドを4対4の同点で迎えます。が、相手が有利な先攻。誰もがスウェーデンの勝ちを予想したことでしょう。1点を取った方が勝ちです。大量点はもはや必要ありません。最後の一投を一番中心に近づければいいんです。スウェーデンにその場面が訪れました。

が、しかし日本のストーンを弾いて真ん中に残すつもりだったスウェーデンのストーンは、ほんの僅かオーバーラン。後数センチ手前で止まればスウェーデンの勝ちでした。運がよっかった、と思う人もいるでしょう。でもここまで追い詰めた日本の作戦も見事でした。思い通りの距離で止めるドローの技術は日本も劣っていません。

劇的な日本の金星、予選突破も見え始めてきました。そして男子の健闘ぶりも光ります。後半に入ったオリンピック、まだまだ目が離せない毎日です

| 22:52 | コメント(3) | カテゴリー:吉田雅彦

2018年02月18日

VOYAGE

女子カーリングのチームにいてもおかしくないくらいの可愛くてキュートな女性ピアニスト;桃瀬茉莉さんのライブに半年ぶりで出かけました。
今回は彼女のピアノソロに一部サックスを加えたコラボレーション。
elderlyflower、ともしび、fallingleavesといったアルバム収録曲から聴き馴染みのあるカバー曲や未発表の作品も含め、彼女の力強いタッチのピアノの音色を堪能できました。

北極圏の氷山を連想させる様な力強いタッチの音色、クリスタルというよりもさらに固く力強さを感じさせるアイスバーグのような、とでも形容したくなる音色がどうして身長147センチの小柄な体から湧き出して来るのか?とても不思議です。演奏中の指先を見ていても鍵盤を撫でている様にしか見えません。映像だけを見たらもっと甘くて切ないタッチのジョージ・ウィンストンの演奏とか想像する人が多いことでしょう。

昨年はオーケストラをバックにホールレコーディングに挑んだ新譜「voyage」をリリースして全国お披露目ツアーも。今年も第二弾を展開するそうです。
新アルバムにサインして頂きました

綾瀬はるかの映画を見て思わず泣かされそうになった後で、このアルバムの一曲目を聞くとドが付くくらいにハマっていたのが素敵です。ドラマチックなシーンにBGMとして使えそうな楽曲もいくつか・・・・・

| 20:17 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2018年02月17日

オール・スタンディング

今回の冬季オリンピックやっぱりゆづくん 凄い注目度です。
団体を欠場して個人一本に絞り込んで来た羽生結弦選手がフィギュアスケートショートプログラムに登場したのはちょうど金曜日お昼どきを過ぎた頃

制作フロアーの大型テレビモニターの前はオールスタンディングの盛況ぶりです。Imgq0275
自己最高得点に迫る111.68点をマークして文句なしの一番手!
もう別の世界に行っちゃった感があります。 他の選手にも重圧を与えます。


そして土曜日のフリー演技はみなさんご存知の通り こちらも服部デスクの頑張りでギリギリ、オンエア可能な時間帯に速報をお伝えすることが出来ました。

こんなケースでは予め予定原稿を準備しておくことがあるものです。羽生の得点を見て残り2人の演技を待ちます。もうゆづくんメダル獲得は決定 あとはメダルの色と最後に登場する宇野昌磨が何位に食い込むか?
この段階で金+銀パターンと金+銅パターン あるいはそれ以外の結果が予測出来ました。
スペイン選手フェルナンデスもなかなかの滑りを見せて305点台、さあ〜、宇野昌磨の演技が終了 どの原稿が陽の目を見るのか?

結果が出た後も続報が山のように届きます。

今日のニュースはスポーツを中心に嬉しい快挙ばかり
ニュースを送り出す立場としてこんなに幸せな1日には滅多にお目にかかれ無いものです。


| 14:54 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2018年02月16日

03系

Dscf7075

日比谷線車両のうちで片側に5つのドアを持つ03系、首都圏でも稀有の存在でした戸袋窓が隣り合わせで開閉できる窓は両端のみ。乗降時間を考慮した「合理的」設計でしたが、間もなく姿を消してゆく運命にあります。新しい日比谷線車両は片側4ドア、他の先駆でも一般的にみられるタイプです。ただし車両全長が20mになったため8両編成が7両編成に縮小。ドアの総数では5ドア仕様の片側32枚から28枚にダウンします。

新しい山手線235系車両にも6ドア仕様は見当たらず、こうしたタイプはなくなる傾向。今が見納め、な5ドア。(クルマの世界では当たり前の存在ですが・・・)

| 12:31 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2018年02月15日

0.26sec

平昌オリンピック、きのう14日も昼ニュースの寸前に平野のスノーボード銀メダルの嬉しいニュースが飛び込んできました。フリースタイルという言葉が一番ぴったりくる様な競技、技の難易度やバリエーションが一番分かりやすい採点競技だと思います。唯一メンドくさいのは技の名前、素直に3回転半とか呼びゃあいいものを・・・・3回の試技で最も良い得点だけが比較される棒高跳び方式。平野が滑り終えた後、金メダルのホワイトは最後に大技を隠し持っていました。この辺りの作戦も勝負を左右します。まあ、見た瞬間にやられたな、と思ったのも事実。さすが金メダルの演技でした。
ノルディックスキーのジャンプと距離を合わせた複合は瞬発力も持久力も要求されるオールラウンダーが求められます。ここで、渡部暁斗が活躍、でも最終盤またしてもライバルに強さを見せつけられる結果でまたもや銀メダル。
夜にはスピードスケート女子1000mで小平、高木のダブル表彰台。でも金メダルを期待された種目だっただけに悔しさも。500とパシュートに期待を繋ぎましょう。

一方この日から始まったカーリングの予選リーグ。四つ球ビリヤードにも似て球(ストーン)の方向を読み、狙い通りの場所に置けるかどうかの技と頭脳戦が興味を惹きます。Imgq0271

どう見ても中学生の大掃除に見えてしまう男子は強豪ノルウェーと対戦。中盤まで互角の戦いぶりを見せ、終盤2点のリードを保ったまま見事金星を獲得。幸先の良いスタートを切っています。
いっぽう、日本女子はアメリカに快勝、30センチのストーンが中心にどれだけ近いかを競う中で、判定ではミリ単位,いや0.01ミリを争うかという位接戦が展開されました。いつも思うんですが女子はアップで映る時間が長い上に好みのタイプの顔が多い!美しい事も代表選出の条件なのかと思わずにいられません。

その日本女子、翌朝にはデンマークに勝ち同じ日の夜には韓国と対戦。ホームで強豪カナダに勝った地元チームとあって序盤から息詰まる展開、そして最終エンド最後の一投は韓国。二点獲得で逆転勝ちか、それとも日本が1点を守りきるか?

結果はあまりにもドラマチックな展開でした


| 23:37 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2018年02月14日

素敵な一日に!

おはようございます!

今年も、バレンタインに薔薇をいただきました♡
嬉しいなー♪

7042ba20ac42feb780ff80a19fb55da008a9ef3d.jpeg


あなたの想いが届きますように!

| 06:50 | コメント(0) | カテゴリー:小池文美

2018年02月13日

肉体改造だーーーーー!!

  友達に
  「で、何、目指してるの?」と笑われてしまった!
  最近、いつの日かのフルマラソン完走目指して
  ランニングを本格的にスタートさせたのですが
  そういうことしてると、いろんな情報が集まってくるものなのです。
  友達と体験に行き、勢いで入会(笑)

       ぼくしんぐ.jpg
  
   恵比寿のb-monsterへ!
   大音量の心臓に響くロックと
   プロジェクションマッピングで、炎が映し出されたりすると、
   燃えるのです!!

  目指せ!バッキバキ(笑)

| 10:00 | コメント(0) | カテゴリー:杉江奏子

2018年02月12日

MEDALS

今夜のニュースルームは俄かに大忙しです。平昌オリンピック、男子モーグルで大会最初のメダル獲得となる原大知の銅!決勝一本目では遠藤尚が最高得点の一位でしたが二本目はDNF、もしも転倒がなかったら、と悔やまれます。

ほぼ同時刻に競われた女子スピードスケート1500mの高木美帆。世界大会では今シーズン軒並み好成績を収めてきた種目だけに前評判も最高ランク。期待に違わず見事に銀メダルを獲得しました。でも、本人は狙った金に届かず悔しそう・・

ここまでは先ほどのヘッドラインニュースでもお伝えした通り。さあ、この後に控えるのは高梨沙羅が臨むジャンプ女子ノーマルヒルです。一回目を終えて高梨は3番手、この後は追い風という名前の逆風との戦いです。めまぐるしく変わる風に合わせてゲート位置もハンディ点数も変化。さあ、高梨は雪辱の表彰台に上ることが出来るか?2回目のジャンプでは103mを飛んでこの時点でトップ。残すは2人、メダル確定です!
そして、スタート位置が下げられます・・・

結果は高梨の後に飛んだ2人が共に高得点で高梨を引き離し高梨は銅メダル。でも、ソチで逃した表彰台にようやく上ることができました!あとの2人はスタート位置も異なり与えられるポイントも異なるという難しい条件下でしたが、そうはいってもルールはルール。

世界選やW杯の活躍から見れば金メダルでもおかしくないくらいの実力者ぞろいですが、反面世界一との差も見せつけられた様な成績でもありました。でも、表彰台に上がり声援に応えられるのは世界でたった3人だけ。このことの価値をしっかりと噛みしめてほしいものです。

とか言いながらも、日本勢金メダルの大会第1号は誰の手に

| 23:01 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2018年02月11日

Men's luge

連日白熱戦が続く平昌オリンピック。日本勢は登場しない男子(1人乗り)リュージュに思わず惹きこまれてしまいました。二本のソリに簡単なシート、仰向けに寝てるだけ。一見何もしていない様で実は内股で巧みにソリの方向をコントロールしています。スタートダッシュは腕の力のみが頼り、最初に氷を引っ掻くため手袋には細かい金属の爪が指先に埋め込まれています。最高速度は130km以上にも達しますがタイム差の小さいこともまたスリリングで零コンマ1秒の差でも致命的になる場合があります。

メダルの色を分けるのはこのわずかな差、オリンピックだけは4回の滑走タイムを合計して勝敗を決めます。20人が滑ってほぼ全員が47秒台!

アメリカがこの種目だけはまだ金メダルの獲得がありません。4回目の滑走、累積タイムの遅い順にスタートして残すは上位3人だけ。アメリカが滑り終えた時点でトップタイムなら金メダルも!期待が膨らみます

結果は、オーストリアの選手にわずか及ばず悲願の金はまたもお預け。でもメダル獲得は確定です。最終滑走のドイツ選手ロッホの結果を待ちます。最有力とみられていたこのロッホ選手、途中経過もまずまず、ソチでの優勝に続き前評判通りまたも優勝かと思われた瞬間、コース後半でわずかにコースが乱れます。明らかにソリが斜めを向いてドリフト状態に!明らかなスピードダウンです。ゴールまでは10秒もあるかないか。

結果ロッホは総合5位、まさかの大番狂わせでした。アメリカの猛追も叶わなかったトップタイムはオーストリアの選手。実に50年ぶりにこの種目で金メダルだそうです。

ジャンプ競技の一瞬の緊張感もたまりませんが、リュージュのスピード感、スリルもなかなかのものです。東京大会でこのスピード感が味わえないのはちょっと残念?

まだまだ熱戦は続きます。うちでテレビ観戦しちゃうとほかの作業がはかどらないこと、この上ない!

| 22:51 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2018年02月10日

好奇心をそそる、興味深い、【形】

・・・を意味するCURIOUSとはスペルの違う『KURIOS』
Dscf7079お台場特設会場で開幕したばかりのシルクドソレイユの最新作です。

ディズニーシーの海底二万マイルみたいなタッチの舞台セットはエジソンの時代の研究室ふう。真空管に蓄音機、タイプライターといったアンティークなグッズが並びます。雑音混じりのノイズに混じってモールス信号音が聞こえてきたらイントロダクションの始まり。舞台を横切る吊り橋が折りたたまれるといよいよ開演です。

遠い昔に遊園地で聴いたようなレトロなサウンドが流れる中、ステージに収まりきれない3Dのようなスリリングなパフォーマンスが続きます。ブランコのない空中ブランコ.器具を使わないトランポリン.驚きと迫力の連続で思わず腹筋を使っている自分に気づきます。つま先にも汗をかきそうな緊張感


(フィナーレのみ携帯で撮影可能)
オリンピックの妙技もスリリングですが目の前でライブで繰り広げられるエアリアルの数々は採点競技では評価しきれない興奮を味わうこと必至です!

| 22:59 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2018年02月09日

NEW ARTIST UNIT EXHIBITION

六本木の新国立美術館ではいま 第16回NAU 21世紀美術連立展 開催中です。秋に見た日展に比べると完成度では譲るものの絵画、彫像を中心にインパクトや斬新さでは負けず劣らずの個性を発揮するユニークな作品を見出すことができます。

やや荒削りな木彫りの等身大女性の彫像が並ぶWOMAN21
どこにでもいそうなカジュアルな若い女性7人を並べただけ、ですが意外にリアリティがあって、一人暮らしのオンナっ気の無い部屋に一体でも飾ってあったら、眠る前など独特の緊張感に包まれるかもしれません。

Dscf7027
Dscf7028

ギンヤンマが脱皮した後の抜け殻を2メートル近い写真に拡大したものも立派なアート作品。その光沢といい、質感といい、とても数センチのオブジェとは思えない出来栄えです。というか自然の生み出す妙。

このほかヘッドフォンを載せたまま、ベッドで布団を掛けている歯ブラシ?とか、実験的な試みも。

お気に入りの作品に出会えるかは、はっきり言ってギャンブルかもしれませんが普段馴染みの無い人には案外敷居の低い場かもしれません。何と言ってもこの展示、入場無料ですから......

| 02:24 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2018年02月08日

0.001ミリ

きのう7日は朝から大きなニュースが続出。既に報じられた眞子様の結婚行事延期に加え台湾の地震、そして民間会社による超大型ロケットの発射成功です。
イーロン・マスクCEOといえばご存知電気自動車のテスラ社代表、ですが氏の目標は火星旅行、今回の実験は友人月面飛行に先駆けた実証実験でもあるのです。

液体酸素に推進剤を加えるロケットブースターを三基横並びにしたユニークなデザインも個性的ですが、特質すべきはその性能の高さとコスト。地球周回軌道なら5トン以上もの物資を運びあげることができます。コストの安さもですがさらに注目すべきは完全なリサイクル型ロケットであることです。

人類を月に送ったアポロ計画当時、高さ100mを超える巨大なサターンロケットのうちで、地上に戻ってくるのはおむすび型のアポロ司令船カプセルのみでした。
スペースシャトルの時代になるとシャトル本体はもちろん、ロケットブースターもパラシュートで洋上に降下させ、再利用ができました。でも液体酸素と液体水素を満載したオレンジ色の燃料タンクは使い捨て。耐熱タイルのメンテナンスにもコストがかかり、結局は退役を早めてしまいました。
今回のファルコンヘビーは宇宙に向かった3基のブースター全てが、地上(洋上のポッド)に戻ってきます。減速・着陸用の燃料は余分に必要ですがエンジン類は無駄にしなくて済みます。エンジンの推力を巧みに制御して、目的の場所に垂直に下りてくる様子はまるでサンダーバード1号や3号の帰還風景にそっくり。半世紀前には夢物語でした。

さて、夢物語をニュースで流す現実の国家が日本の北の方にも存在します。朝鮮中央テレビが放送した北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長の演説では
「神聖なるわれらの自主権を、0.001mmたりとも侵害できないようにしなけらばならない」と述べています。0.001mm=1000分の1ミリ、1ミクロンとは髪の毛の太さやスギ花粉の直径よりも遥かに小さく汚染物質のPM2・5をも下回る大きさ。一体どうやって自主権の侵害を測定するのかも見ものですが、一連の演説にスピーチライターが介在しているのかも気になるところです。
次の演説でどんなユニークな表現が飛び出すか?世界も見守ってい(るとおもい)ます。

| 23:06 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2018年02月07日

クロスカブ50

今年還暦を迎えても尚生産の続くホンダスーパーカブ、60年も生産が続いているモデルといえばVWビートルをも凌ぐ長寿記録、国産車ブランドでもランクル、クラウン、スカイラインに次ぐ古参となります。
先日、その新種『クロスカブ』が出現しました。




オフロードも突き進めそうなクロスカブの最新バージョン、110に加えて50も追加されました。ゴツいタイヤを備える他、ライトやメーターパネルも魅力的なパーツ。基本設計は元のカブのままなので性能に不安はありません。

出前のバイクと同じスタイルはどうも、というカブ初心者もこれなら抵抗なく馴染めそうです。

走りに関しては、去年大阪往復や軽井沢、伊豆への往復でそのタフネス性と経済性を確認してきたばかり。ベルト駆動ではなくギア変速でダウンヒルのエンジンブレーキも効果的、もう太鼓判ものです

困ったことに既に初期型カブ110を所有しているオーナーにしてみれば買い換えるべきか?50専用駐車場の為に一台買い足すべきか?非常に悩ましいところです

| 15:01 | コメント(2) | カテゴリー:吉田雅彦

2018年02月06日

NーBOX/

根はいい子なんだけれど、どことなくワルの雰囲気が見え隠れしていてもう一つ信用できない、でもそんな不良っぽいところが魅力。というフレーズを口にする女子は少なくない気がします。クルマでいえばまあこんなタイプでしょうか

ホンダの軽ミニバン NーBOX/(スラッシュ)はおそらくモデル末期とも言える四年目に突入して、母体のNーBOXも新型に移行したので動向が気になっていた存在です。カタログも更新され、まだ新車で注文できる様なのでひと安心。実はいま一番購買欲を刺激される一台です。




このクルマが発売された時、そのワルっぽいユニークなデザインも気になりましたが内装に用意された様々なカスタマイズテーマはちょっとした驚きでした。

国道沿いにあるドライブインレストランのインテリアみたいに赤のレザーとチェックのストライプ、といったポップな内装もあればビターでショコラでモカなブラウン系でまとめられたシックな仕様があったり、パステルカラーに生成りのシート地はハワイアンテイストがテーマ。黒でまとめた都会的なスタイルやアウトドアをテーマにしたグリーン系の内装・・・・・
メーカーがカタログモデルとして、ここまでテーマを絞り込んで内装をデザインした例は(限定車を除けば)ちょっと記憶にありません。外装もかなり思い切ったコンセプトで、まるでアメリカのカスタムショップが昔好んでいたようなチョップトップという改造手法を思い起こさせます。


走行中だけでは無く停車中もシートをフルフラットにしてファミレスの様なデザインの室内に身を委ねればドライブの疲れも素早く癒してくれるかも。ベルトラインが高めで天地が低いウィンドウもプライバシー面からは好都合。富士スピードウェイでレース観戦の合間の休憩場所や、帰り道の東名の渋滞をやり過ごすサービスエリア休憩でも混雑に邪魔されない格好の隠れ家となること請け合いです。

ボディサイドのキックアップしたリアウィンドウやフェンダーと段差の無いリアピラーには懐かしい1970年型hondaZのイメージが交錯します。子供の頃、バイク屋の店先に飾られた、見たことも無い魅惑的なスタイルに胸踊らされた頃を思い起こされます。軽自動車を見て興奮したのは何十年ぶりのことになるでしょうか。





そして同じカラーを纏ったもう一台がNーONE。これはもうN360の生まれ変わりです。50年前、登場とともに軽自動車の勢力地図を一気に塗り替え、ホンダが自動車メーカーとして大きく飛躍した記念碑的『作品』
そしてカラーは初代シビックにスポーツモデルとして追加されたRSのサンセット・オレンジ。昭和40年代のイイところ獲り、合わせ技の一台です。あの頃のホンダを覚えている世代には涙モノに違いありません。


ミニバンばかりがもてはやされる昨今に嫌気がさしてきたなら、5人以上乗せて走る機会が年に一回未満なら、関西まで500km以上を一気に走ったりゴルフバッグを積み込んだ経験の無い大多数のドライバーならこれで必要十分です。
おウチに既にNSXが一台あって、お買い物に手頃な足代わりが欲しいと思っている人にも是非お薦めしたい一台です。

Dscf7070_2

| 02:59 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2018年02月05日

マタハリ

時代は世界大戦の真っ只中、敵対するフランス、ドイツ両国の国境を自在に行き来できたのは彼女が世界的エンターテイナーだったから。人呼んでマタハリ、ジャワ出身の魅惑的な女性を演じているのは永年男役スターでならした柚希礼音。いま東京フォーラムで公演中なのがミュージカル『マタハリ』です。

オトコ勝りで、果敢に行動するキャラクターはともかく、セクシーで妖艶な女らしさは、男役時代には傍観する立場でしかなかったもの。ここが今回彼女の役づくりで苦労する部分でもあります。

今からおよそ100年前に活躍した実在の女スパイ『マタ・ハリ』は華やかなショービジネスの世界に身を置きながらも大国の政権側と繋がりを持ち、双方の思惑に翻弄される......と、まさに歌劇ストーリーに打って付けの題材ですが意外なことにミュージカル化されたのは韓国(2016)が最初。スタッフはブロードウェイの実力者ぞろいです。

連日完売が続く大入りぶりは彼女ならではの集客力の賜物?だけでは無く、音楽、衣装、舞台セットもトップ・クラスの出来映え。上質なエンターテイメントを堪能出来ること請け合いです。

| 12:02 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2018年02月03日

福は内!

20180203setubun.jpeg

節分。
豆まきしましたか?
共同住宅では、窓などから豆をまきにくくなりました。。
管理規約で禁止されていたり・・・とも聞きます。
「鬼は外!福は内!」の声も、遠慮がちに・・・。

年の数だけ豆を食べる???
いえいえ、もう無理です(笑)

写真の枡は J-WAVE25周年の時のものです。
そして・・・今年10月には30周年を迎えます。

さぁ!暦の上では あすから春。
あ・・・でも まだまだ 寒い・・・・。

| 23:54 | コメント(0) | カテゴリー:東海林克江

2018年02月02日

釣った魚には

もうすぐヴァレンタインデー、チョコレート業界にとっては年間売り上げの一割以上を稼ぎ出す大切な時期です。釣った魚にエサはやらない主義も、たまには路線変更して餌でも献上してみようかと思い立ち、某特設会場に赴きました。案の定年季の入った女性客ばかり。オトコで真剣に品定めしている人はほかに見当たりません。

というか、実際のところはリトグリ(リトルグリーモンスター)がコラボしている、という広告に惹かれてなのでした。やはり、本人たちは来ていません。が、
(リトグリはコラボ・チョコレートの販売や、会場限定ビデオ公開で参加している)


和洋合わせてとりどりのチョコが並びます。フランスを代表する超一流ショコラティエの名匠が腕を振るった今回限定の、あるいは世田谷の有名店が特別に今回セレクトした、・・・・・ここでも限定には気持ちが揺らぎます・・・・

中でも目を惹くのは車とセットになった商品.VWとコラボしたビートルのシルエットを模った板チョコだとか、チンクェチェント(fiat500)をあつらえたミニカー付のチョコも!
オトコ心をくすぐってくれるニクイ企画ではありませんか!プレゼントされるならこういう路線で頑張ってほしいもの※です・・・・

■会場は高島屋アムール・デュ・ショコラ
※参考までに、今度のヴァレンタインは水曜日です!!

| 19:45 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2018年02月01日

2月です

きょうから二月、プロ野球はキャンプイン、豆まきの後はピョンチャンで冬季オリンピックが始まり月末には東京シティマラソンと、スポーツたけなわ‼️建国記念の日の振り替え休日には9時間のJーWAVEホリデースペシャルがあって、ヴァレンタイン商戦も本格化します。そして受験生には大切な本番が
>


そして今日からは上野動物園でパンダの母子、一般公開がこれまでの抽選制から先着順に!在京各社開園前から中継車を出してネタに取り上げています。抽選に漏れた女子アナたちも朝から長い行列に加わっているかもしれません。

いっぽう、こちらはシャンシャンと呼ばれる舞台上の小道具。関西を拠点とする大手劇団では必ずと言っていいほどフィナーレに登場します。壇れいも真矢みきも上手側にこの花束のようなシャンシャンを持ち、毎日のように降り続けたものでした。

シャンシャンの語源は詳しく知りませんが彼女達には象徴的な必須アイテムなのです

(写真は実物と異なります。クマは舞台には立ちません)

| 09:41 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦


2018年 4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

バックナンバー

カテゴリー