2018年02月19日

「そだね~」

平昌オリンピック、小平奈緒の完璧な金メダル!優勝後もはしゃぎ過ぎるでもなく、母国で金メダルを期待されながら錦を飾れなかったライバル選手への気配りもクールで素晴らしい日本選手団・主将ぶりでした!この後団体パスートでは高木美帆が悲願の金を集め、金銀銅のオトナ獲りを達成するのでしょうか?

Imgq0290

そして、女子カーリングも日本が頑張っています。スウェーデンといえば男女共カーリングの強豪、優勝争いに絡んでいてもおかしく無い相手です。9試合の総当たり戦リーグのうちこの相手にだけは敗れても不思議ではありません。しかし日本は今夜のスウェーデン戦最終10エンドを4対4の同点で迎えます。が、相手が有利な先攻。誰もがスウェーデンの勝ちを予想したことでしょう。1点を取った方が勝ちです。大量点はもはや必要ありません。最後の一投を一番中心に近づければいいんです。スウェーデンにその場面が訪れました。

が、しかし日本のストーンを弾いて真ん中に残すつもりだったスウェーデンのストーンは、ほんの僅かオーバーラン。後数センチ手前で止まればスウェーデンの勝ちでした。運がよっかった、と思う人もいるでしょう。でもここまで追い詰めた日本の作戦も見事でした。思い通りの距離で止めるドローの技術は日本も劣っていません。

劇的な日本の金星、予選突破も見え始めてきました。そして男子の健闘ぶりも光ります。後半に入ったオリンピック、まだまだ目が離せない毎日です

| 22:52 | コメント(3) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

カーリング、自分も観ていました。やっぱりオリンピックって“劇的展開”や“番狂わせ”みたいなのが一番面白い。
羽生も小平も凄くて感動したが、「取るべくして取った金メダル」だから。

投稿者 JT : 2018年2月20日 08:13

重圧のなかで金獲得をノルマ付けされちゃうのも気の毒な気がしますが,LS北見にはそんな重圧がかからないことを祈ります。もちろん、今夜のスイス戦に勝てばメダルにも大きく手が伸びますが、負けたってもうひと試合楽しめるし・・・・・・
試合中これだけ笑顔のアップで楽しませてくれる競技を他に知りません

投稿者 吉田雅彦 : 2018年2月21日 19:29

高木美帆、団体パシュート見事に金銀銅三色メダルをコンプリートしました・・・・そしてカーリング、スイスに引き離されて敗北を喫してしまいましたが、アメリカが殊の外善戦しスウェーデンと最後の一投まで競り合いましたが、惜敗・・・・・というか日本に準決勝進出をプレゼントしてくれる結果となりました。またも、勝ち星を拾った感じの日本、12個目のメダルも視野に入ってきそうです。

リーグ対戦、後半ははっきり言って負けの込んだ日本でしたが、何よりもスウェーデンから挙げた金星がなければここにいなかった筈。その一勝は相手が投げた最後の一投、わずか数センチのストーンの位置で勝敗が決まっています。あのストーンが日本を準決勝に導いたといってもいいでしょう。紙一重の実力差で勝敗が決まるのもこの競技の面白い処。何よりも、もう2試合、活躍の場を作ってくれたことが何よりも嬉しいですね。

投稿者 吉田雅彦 : 2018年2月21日 22:04

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー