2018年02月05日

マタハリ

時代は世界大戦の真っ只中、敵対するフランス、ドイツ両国の国境を自在に行き来できたのは彼女が世界的エンターテイナーだったから。人呼んでマタハリ、ジャワ出身の魅惑的な女性を演じているのは永年男役スターでならした柚希礼音。いま東京フォーラムで公演中なのがミュージカル『マタハリ』です。

オトコ勝りで、果敢に行動するキャラクターはともかく、セクシーで妖艶な女らしさは、男役時代には傍観する立場でしかなかったもの。ここが今回彼女の役づくりで苦労する部分でもあります。

今からおよそ100年前に活躍した実在の女スパイ『マタ・ハリ』は華やかなショービジネスの世界に身を置きながらも大国の政権側と繋がりを持ち、双方の思惑に翻弄される......と、まさに歌劇ストーリーに打って付けの題材ですが意外なことにミュージカル化されたのは韓国(2016)が最初。スタッフはブロードウェイの実力者ぞろいです。

連日完売が続く大入りぶりは彼女ならではの集客力の賜物?だけでは無く、音楽、衣装、舞台セットもトップ・クラスの出来映え。上質なエンターテイメントを堪能出来ること請け合いです。

| 12:02 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー