2018年02月25日

Stay Positive

平昌オリンピック、熱戦の日々も終わり聖火台の火が消されました。
さあ、これからオリンピック臨時増刊号の編集も連日徹夜の追い込みです。
週の半ばには各新聞社から出来立てのオリンピック写真集が出揃うことでしょう。

それにしても金曜日のカーリング女子、日韓戦は歴史に残る名勝負でしたね。ある専門家は生涯で見たベストの試合だったと感慨深げ。・・・・・・・が、それにも増して劇的な結末を迎えたのが女子カーリング3位決定戦。またもや最終10エンドの最後にイギリスが投げた一投が運命を決めました。

厳しい見方をすれば相手の目論見が上手くいかなかったから・・・・?
奇跡的なスウェーデン戦の勝利で相手の最後の一投が4000分の4だけ弱く投げられていたら......2度目の英国戦でも、最後の一投があと1 インチ左に当たっていたら......ストーンが止まるまではイギリスが同点に追いついて日本後攻でエクステンドのエンド突入かと思いましたが......銅メダルを手にするまでは度重なる幸運が不可欠でした。

しかし、相手をそこまで追い込んだ彼女たちの作戦勝ちだったとも言えるでしょう。今回の大会、勝利の女神が何度となく微笑みを贈ってくれたのも事実。でも、それを引き込んだのは常に笑顔を絶やさなかった彼女たちです。

ラジオ実況席の傍で解説の女性の嗚咽が聞こえてきました。この大会でもっともゾクゾクした瞬間です。

さあ、次の北京ではもっとも違う色を目指さなければならなくなりました。LS北見の課題としてはドローショットが多く相手を理詰めで追い込み難しいドローを強いる今の戦略スタイルに磨きをかけることも、ですがパワフルなテイクアウトショットで相手のストーンを一気に排除する豪快な攻撃スタイルも身につけて欲しいものです。
予選リーグ試合中懸念だったのはサードの吉田知那美(韓国ネット社会では藤澤五月に次ぐ2番人気、ニコニコニー♫のポーズが可愛すぎる。俺のタイプだ。嫁にしたい、と話題騒然)のショットの強さでした。リーグ戦ではウェイトが正確に決まらず涙する様子が印象的でした。実のところスウェーデン戦に奇跡の勝利を納めて以降日本には勝ち星がありませんでした。ここは一つ彼女をテイクアウトに強いスナイパーとしてダブルテイクアウトを積極的に狙い撃ちするキャラに方針転換するのも面白いかな、と思います。

韓国で特筆したいのはスキップのメガネ先輩ではなくひとり前のサードを担当するチームいち美人のキムギョンエ/KIM KyeongAe; 金 敬愛(24)。彼女のショットは正確無比な上にパワフルで狙ったダブルテイクをことごとく成功させています。狙った獲物に食らいつくハイエナの様な怖さです。しかも美しい!

いったい韓国チームがどれだけ練習時間に費やしてきたか、想像に難くありませんが、母国で開催される花形競技で是が非でも金を取りたいという意思が、メンバーの名前からしても容易に想像できました。




しかしながら韓国が金メダルに挑んだスウェーデン戦、日本が奇跡的な逆転勝利を挙げたあの時とは同じチームと思えない強さ、圧倒的でした。韓国もさすがに頂点を望むと肩に力が入り過ぎたのか?ショットの確度が落ちてきました。


サード、スキップ(韓国民の間でもルックスは日本圧勝の声が多数派)が共に笑顔で試合を進めること、これが何より韓国にも真似のできないLS北見の最強の武器でした。そして最高の笑顔をお土産に帰国できること。もうこれ以上望むべく無い最高の結果です。

それはそうと北見だけでこんなに可愛い娘が集められるとは‼︎韓国チームの次の課題はこの辺りにあるのかもしれません

| 22:47 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー