2021年08月30日

荷物お届けに上がりました!

スペースーXの補給船 CRSー23ドラゴンが打ち上げからほぼ1日を経て高度420kmを周回中のISS国際宇宙ステーションにドッキングしました。

オペレーションは全自動、宇宙も自動運転の時代です。
見た目は野口さんや若田さんが搭乗したクルードラゴンと同一。こっそり誰かが潜り込んでいたとしても酸素さえ確保できれば宇宙へ高跳びだって?8c3e4fbde4db443ebe30c712f46ca9db

アプローチはISSより低い高度から。追いかける様にISSの内側の地表に近い方から次第に距離を詰めます。内側の軌道の方が対地速度は速くなるので前に出てしまうとやり直し。いくつかの定められたウェイポイントを無事通過したらISSと同じ軌道の進行方向に回り込みます。そこからは数百m先に巨大なISSの姿が画像認識のソフトウェアにも取り込まれて、正確な軌道に導かれます。軌道を修正しながらドラゴンの姿勢も正しく制御します。ここまで来るとドラゴンの制御ロケットが小刻みに自動噴射されISSとの距離を縮めます。

座標軸上の偏差をゼロに近づけつつ、ゆっくり距離を縮めるドラゴン、距離の表示が6フィート、4フィート、3フィートと小さくなり正確にドッキングに成功

日本時間午後11時32分予定通りドラゴンがISSに到着しました。場所は北太平洋上のグアム島と同じくらいの緯度

宇宙パイロットと言う職業がこれからも必要かどうかは分かりませんが、半世紀も前に職人技でランデブーや月着陸をやってのけた人間のワザも凄いとは思えませんか?

| 23:34 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年08月30日

SPA weather

8月の締めくくりはベルギー、スパフランコルシャンのグランプリ。夏の英仏独に並ぶ伝統の一戦です。

鈴鹿に負けず劣らず長い距離のコースだけに天気もあちらとこちらでは大違い。スパウェザーと称される気まぐれな天候で有名ですが、今度ばかりは単純明快
雨が激しくて前が見えな〜い
スタートが遅れた上にフォーメーションラップすら中断、天候の回復を待つ時間が続いています。

果たして雨は上がるのか?
それとも日没が先なのか?

...結局ペースカーに三周だけ先導されて終了の判断に
待ち焦がれたお客さんにも上位を窺う角田にも気の毒な結果となりました。
けれども角田はインタビューで安全には代えられないと答えています。

結局予選結果がそのまま順位とされ、ポイント割引で付与される事になりますが、見事なフライングラップでハミルトンをかわしたラッセルはともかく、レッドブルホンダのフェルスタッペンとしては、バトルを制しての記念すべき50戦目にしたかった筈です。

9月の声を聞くとイタリアグランプリ🇮🇹
どうか晴天の写真日和であります様に

| 04:45 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年08月29日

智弁日本一

五輪のあと始まった高校野球も今日まで
朝から野球中継に興じながらおつまみをポリポリも今日が最後です。

とは言え今日の決勝カードは智弁和歌山対智弁学園(奈良)の智弁対決!試合終了前に智弁優勝が書けてしまいます。したたかな実力を見せ強豪校を打っちゃった敦賀気比や京都国際の姿も消えてしまいグラウンド上には智弁の文字のユニフォームが...

あれれ、どちらの智弁もユニフォームの文字は智弁、デザインも同一です!コレは紛らわし!


それにしても明徳義塾の9回の攻防凄まじかったなあ!
東東京代表も東北勢も姿を消し、概して西日本の各校の奮闘が目立つ今年の甲子園でした。

初回いきなり4点を先取した智弁和歌山、果たして勝負の行方は?

| 14:09 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年08月28日

BelgiumGP

F1ベルギーGPの声を聞くと8月も終わり、でも猛暑はまだまだの頃合いです。

早いシーズンだと8月にもシリーズタイトルが決まる頃ですが、今年はホンダとメルセデスの激しいポイント争いの真っ最中。前回ホンダが思うように上位を獲得できなかった事もあり今度のベルギー、高速高負荷のコースだけにホンダが特性を活かせるのか?角田は上位を窺えるのか?

予選ではそれまでドライだった路面がウェットに、角田はこの逆境に抗えずに予選17番手の結果に!q2、3進出はならず!

P1110853


あとは決勝レースの好天と角田の反撃を望みたいところです。
そしてレインタイヤで争われた予選の最終盤に、なんとウィリアムズのジョージラッセルが一躍トップに!
と思ったら土壇場でフェルスタッペンがポールを奪うどんでん返しに
波乱含みのレースになるのか?

日曜の決勝が待ち遠しいものです。

| 23:21 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年08月27日

EVに価格破壊?

かねてより噂に上っていた日産軽のEV新型がいよいよ発売されそうです

と言っても来春の見込み。全高が1655ミリと前回東京モーターショーに出品されたプロトタイプと同じくらい。気になる電池搭載量は20kwhとされているので、カタログでの航続距離は200kmをラクに上回りそう。

Img_6723


で、気になるには販売価格です。市中の軽自動車との価格差がどれ程のものになるのか?日産のアナウンスでは顧客の負担が200万円前後からとされており、補助金を当てにすればノートといい勝負になるかも。


思い起こせばデジタル一眼レフ黎明期にキャノンEOS kissがデジ一眼普及の立役者となった様にEV普及のブレイク・スルー的存在になれるのか?10年前だったらやっぱり即ハンコ持って販売店のドアを潜っていたに違いありません。

さあて来年初頭にどれだけの受注が集まるか?
あくまで傍観者の立場ですが、来年ひとつ楽しみが出来ました。

| 20:21 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年08月26日

世界一のみつ

混沌の東京2020も開幕からはや1ヶ月
書店には特集号が並び始めました。どれを選ぶか迷います。
表紙の混合卓球とキャンプションの少なさでこの一冊を選びました。活字は少なめ写真は多め

肝心のヨット競技は小さいの3枚きりと不満ですが、クライミングの迫力あるシーンやサーフィン🏄‍♀️スケートボードなども網羅されているのでいいっか?
大会を通じて印象的だったのはサーフィンやクライミングと言った新しい競技・種目でのメダル獲得です。
お家芸ではやはり新カテゴリーの各種男女混合・・・・・・

とりわけ卓球で中国ペアを下して金メダルを手に入れたことは歴史的な快挙と言っていいでしょう。

Dsc_7157


(伊藤美誠 水谷隼 両選手/週刊朝日増刊・五輪総集編より)
やっぱり思いっきりハグして優勝の喜びを共有できる、男同士よりも断然いい?

| 22:32 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年08月25日

ℹ︎ー新聞記者

今日からjamーtheーworld、upーcloseのスーパーバイザーとして登場する、東京新聞の望月衣塑子(いそこ)記者、そのバイタリティあふれる取材ぶりはちょっと前なら管官房長官(当時)とのやりとりがすぐに思い浮かびます。 他方で沖縄の辺野古埋め立て問題にも精力的に取り組み、その行動力、機動力は彼女を描いた映画「iー新聞記者」でもわかる通り、映画館のスクリーンをも飾れる宝塚の主役級・美しさ,かっこよさを兼ね備えてもいます。

聞きたいことは何度でも質問する。外国人記者からすればごくあたり前のこの社会部女性記者の行動が、何故かこの国の政治記者が集まる記者クラブという異空間では異端の目で見られます。


Dscf6122紙面を賑わせた官房長官の質問無視問題を含め、当事者の萩原記者の側から見つめたドキュメンタリー映画「iー新聞記者ドキュメント」は、彼女の沖縄出張・密着取材から始まります。


重たそうなキャリーケース2つを引きずり、夜まで取材先を駆け回る。タクシー車内では電話で娘に買って帰るお土産の約束、昼食は深夜帰宅した夫のお手製妻愛弁当。


テンポよく編集され、次々と取材先を巡る森達也監督のカメラはどうしても総理官邸の官房長官会見場に入れない。監督に過去三ヶ月内の記事出稿と掲載の実績がない為入構証が下りないからだ。


それでも総理官邸前で警備する警官と押し問答を続ける監督。ここはあのマイケルムーア作品を思い出すタッチ!^_^



彼女の行動を通して、この国の政権がニュース報道の裏側で一体何を目論んでいるのか?それを正確に伝える事がメディアに出来ているのか?この作品は力強く訴えかけています。


参院選の夏が到来し、ロングブーツにタイトなパンツ姿だった彼女もノースリーブのワンピースに衣替え、しかしドラマは120分が経っても、まだまだ続きます。



その声からは連想もつかないかもしれませんが、彼女のパッション、取材力の片鱗は今日初回の番組でも遺憾無く発揮されているようです。

取り上げているのは名古屋の入管施設で非業の死を遂げたスリランカ女性の問題。実は交際相手からのDV被害を受けていたことも明らかにされるなどその実態に深く切り込んでいきます。入管職員が吐いた酷いセリフの数々までも、詳しくは音声サービス、スピナーのホームページからリンクを辿って、無料登録サイトにご記入、登録の上お楽しみください。平日午後3時に最新ファイルが公開されます。
望月記者、次の登板は?
今から待ち遠しい水曜日、ひとつどうでしょう・・・・

| 12:53 | コメント(0) | カテゴリー:番組のお知らせ

2021年08月24日

二か月冷房無し

Dscf3149この4月に大阪湾を出発し太平洋を横断してサンディエゴに寄港したキャスター辛坊治郎さんのヨット、カオリン5世がそのままとって返して復路に就き、このほど60余日で大阪に無事戻って来ました。

三度の嵐の様な低気圧に遭遇した往路に比べて北緯20度前後の貿易風に乗った復路は低気圧にも遭わず心配した台風に遮られる事もない一直線のクルージング。そこではひたすら熱帯の暑さと退屈が大敵だったよう。
冷房なしでこの夏の2ヶ月を過ごすと言うのも異体験です。

ハワイ諸島を掠める様に南下したあとは一路小笠原諸島に向かい、通過の直前には一部の島が噴火と言うハプニングも!

でも行きつ戻りつ右往左往だった往路に比べ航跡はほとんどまっすぐ。真後ろからの風を受け日々ランニング方向でセールを左右に開いた平穏な航海だったと想像されます。

定時連絡でも明かされた通り足腰の衰えをどう回復するか?
いちジャーナリストとして4ヶ月以上の情報の空白をどうやって埋めて行くか?
これから暫く新聞の束との格闘が続きそうです。

日本の猛暑なんて全然平気かも知れませんが1日に一度も海を見ない生活には順応して行けるのでしょうか?

| 13:49 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年08月22日

フィニッシュが肝心

24時間の耐久レース、フランスルマン地方は午前7時に日の出の時刻を迎えました。
テルトルルージュの向こうの空が茜色に染まり始め、オレンジ色の陽光が真正面からドライバーのヘルメットバイザーに刺し込みます。夜明け前から8号車は中嶋一貴がドライブ担当
30167f8ceba9417dab85d2e30fbc67f2
トヨタの7、8号車は順調に周回中!
というか、これといって強敵も見当たりません。ジャガーもザウバーメルセデスも日産もマツダもアウディも、そしてワークスポルシェの姿も無し。そうは言ってもコース上には多数の見慣れた911の特徴的なお尻が!
60年代から幾多のレースに参加してルマンでも70年代に幾度も勝利を勝ち取った無敵の市販車です。

市販タイプが水冷の最新型に変わっても独特のあのテールのデザインは昔のまま。年代ごとにデザインの違う永遠のライバル、フェラーリとは好対照です。

雨の心配もほぼ無くなって長丁場のレースも残すところあと1時間迄来ました。7、8号車は相変わらず順調そのもの。現在のところ小林可夢偉、中嶋一貴の日本人ドライバーが両車のステアリングを握っており、このままワンツーフィニッシュを飾ろうという目論みが見え隠れします。優勝一歩手前だった2017年を含めると事実上五年にわたってルマンを制する事になり、トヨタの名前を欧州の自動車ファンに深く刻みつける事でしょう。

pm10:13 中嶋一貴の8号車が最終ピットイン。ドリンクを飲み干してコースに復帰しています。

栄光のゴールまであと僅か
と思ったらゴール10分前になってナカジマが緊急ピットイン!
半周遅れて可夢偉もピットに帰ってきます。
なるほどネ

やっぱりそう来ましたか!
日本人コンビによるデイトナフィニッシュ
やってくれるなあ

| 15:19 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年08月21日

雨中のスタート

ほぼ2ヶ月遅れで始まって今年のルマン24時間耐久レース
オンボード中継には濡れた路面と連続運転するワイパーが!

レースは日本時間の午後11時を過ぎてもペースカーラップが2周続き各車タイヤが冷えないようにウォルビングを繰り返すなど苦心している模様

10分程経過したところでようやくレーシングスピードに
熱戦の火蓋が切られた!と思う間もなく前列からスタートしたはずのトヨタ gazooGR010 8号車が突如スピン!!!

どうやら後続の追突を食らったらしく戦列に復帰も、すぐさまコースサイドにストップしてしまいました。音で聞く限りどうやらエンジン回転がしっかり上がり切っていないかのよう。電気系のトラブルなのか燃焼系なのかはわかりません。

レースはたった今始まったばかりというのに波乱の幕開け
一体明日のゴール迄にどんなドラマが待ち受けているにでしょう?

スタートから2時間が経過する頃、二台のトヨタ勢は順調に周回を重ねている模様で一安心。雨も上がって路面もドライコンディションの様です。夏至に比べてナイトランの時間が増えるこの季節、こちらの夜明け前にも陽が落ちそうです。

スタート5時間もすると夕闇に加えて雨粒が視界を遮る様にもなりました。度々ローカルコーションの規制が掛かる中では、神経を使うドライビングが続きそうです。

am5:30(日本時間)いよいよ8号車に中嶋一貴が搭乗
ナイトランに向けて出発です!テルトルルージュの向こうにはまあるい大きな月も顔を見せています!
F019c3d7d1bc41d390d57ea655b2676c
日本時間am11:00を過ぎてレースは半分を消化してトヨタ勢がワンツーを維持しています。夜が明けるのはあちらの時間で朝7時。漆黒の闇の中を時計の秒針の如く正確に距離計の数字を増やしていきます。まあるいお月さんはミュルサンヌのコーナーで一瞬顔を見せるだけ。西の空に沈めば代わりに陽が昇って来るはずです。

| 23:16 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年08月20日

F1鈴鹿がまた中止

今年も鈴鹿サーキットのF1日本グランプリの中止がアナウンスされました。
2年続けて中止の決定、ですが今年はホンダ参戦最後の年だったにもかかわらず!

さてホンダがF1撤退を決めた60年代末や90年代初頭、何が起こっていたか?

60年代の第一期は迫り来る公害対策に追われていた頃。おまけにホンダはこの時期本格的に乗用車展開を控えていました。
F1と入れ替わるように超高性能セダンのホンダ1300シリーズやホンダZ、ライフ、それにシビックと言った四番打者が控えていたのです。

一旦軽乗用車を打ち切った後の快進撃は、改めて述べるまでもなく、第二期F1参戦へと道を開きました。

90年代の第二期はちょっと風向きが違います。撤退の頃のホンダは販売不振に悩まされていました。そこで93年のモーターショーには一転してピープルムーバーと称するミニバン群を出品。これが相次ぎ市販化され、オデッセイ、ステップワゴン、ストリーム、CRーVと言ったヒット商品に繋がります。日本もこれを機に本格的なミニバン大国への道を歩み出し、プレリュードやインテグラと言ったヤング向けのクルマはひっそりと消えていきました。

そのあとは軽乗用車に軸足を移したり、再びF1参戦も再開するも、再び環境対策に力を注がざるを得なくなったのは軽自動車N360が大ヒットしていた60年代を思わされます。

F1撤退の後のホンダからどんな新顔が生まれてくるか?
サーキットからホンダミュージックが聞こえないのは寂しい限りですが、街中でホンダのニューフェイスが沢山見られる日を楽しみに待ちたいと思います。

| 05:37 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年08月19日

Der Fall der Berliner Mauer

8月19日、今から32年前のこの日、ハンガリーで起こった出来事がやがて東西ドイツを統一に導き、ベルリンの壁が崩壊するとはだれが予想したでしょう?

東側諸国でいち早くF1グランプリが開催されたハンガリー、天安門を戦車が走り回ってから二カ月余り、この年1989には国外への旅行が自由に出来るようになるなど、足元でじわじわと土台は出来上がっていました。

分断国家の統一という、歴史的なイベントが周囲をオーストリア領地に囲まれたハンガリーの一画で狼煙を上げたことを覚えている人は、もう少ないかもしれません。


分断国家、海を挟んですぐ北にもありますが些細なキッカケがもとで統一に繋がる兆しはあるでしょうか?連絡事務所の爆破やら、物騒なニュースばかりが伝わってくる昨今、今年が歴史的なマイルストーンになる可能性は、まだ無いようです・・・・

| 13:05 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年08月18日

日産がZcar発売を発表

オンラインで開かれたZの発表会
既にボディデザインは発表済みでしたが来年春とされる発売時期と大まかなスペックがリリースされています。

Img_3064

エンジンは多分V6、3リッターターボで400ps AT車は9速、マニュアル6速車も用意されるようです。これだけハイパワーで北米価格が40000ドルからという事なのでスープラよりお買い得感は上かもしれません!

スタイリングは歴代の中でも最も初代に近いもの
一方で3リッターV6は38年前の300ZXを思わせる布陣なので、300ZXの名跡が復活するかも注目したいところです。

発売は2022春、この年いっぱいでホンダのNSXは生産が終わるのと対照的に遥かに安価で蛮カラなZカーが復活するとあれば、70年代に免許を取ったオールドボーイ達に刺さるのが目に見えるよう。

株価好調の今こそ有福なシニアたちには先を争って注文するべき物件かもしれません!

| 14:48 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年08月17日

ミライのルマン?

今年のルマン24時間耐久レースは今週末の開催。夏至の頃より二カ月遅くナイトランの時間も増えるだけに波乱含みの展開かも?

連勝中のトヨタはレギュレーションの刷新に合わせてGR010を投入、すでにWEC開幕戦を制するなど準備もきっと万端のはず


#LeMans24
公式予選で小林可夢偉組が叩き出したタイムは

🏁 #7 2:23:900
🏁 #8 の中嶋一貴組も24秒台前半でこれに続いています。


ところで2030年代のルマンはどのようなクルマが走っているのか?ちょっと考えてみたいと思います。ガソリンエンジンは市販車で禁止される以上、長くは存続出来ないかもしれません。現在でも電気への依存度を少しづつ高めているとはいえエンジンありきが前提です。
となると、充電か水素補充を繰り返す耐久レースという形に大変換を迫られるか?あるいは電池パッケージや水素タンクを即座に交換可能なカートリッジタイプにしてピット作業の簡略化を狙うか?

Dscf3133


一方でエンジンを存続させるレギュレーションならカービンフリーの水素エンジンは有力な選択肢です。モリゾーこと豊田章男社長が訴える水素社会の後押しとしても、大きな広告塔になってくれるかも!

そう考えるとトヨタのルマンの取り組み方も10年単位でレギュレーション変更を見据えた長大な計画である可能性も?

ガソリン車トヨタが絶対的な強さでルマンwindy制した後にはどんな展開がひらけてくるのか。それを占う意味でもトヨタのルマンに賭ける意気込みからは目が離せません。


決勝レースのスタートは今週末の土曜午後
トヨタの野望は未来に繋がるか?

| 12:37 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年08月16日

『JAM THE WORLD - UP CLOSE』

硬派な噛み応えのある報道番組をご所望のあなた。ジャムザワールドを毎日聞きたかった、というファンに朗報です。
本日8月16日(月)から音声ファイル配信システムの中でジャムザワールドの人気コーナー,UP-CLOSEが土日を除く毎日配信されます!

月曜ナビゲータに津田大介さん
火曜日ナビゲータは青木理さん
そして水曜日には週替わりで多彩な顔ぶれが!・・・・・
テレビ朝日の報道番組の顔;キャスターの長野智子さん
デイ・キャッチ等でもお馴染みの中国通;福島香織さん
そして映画にもなった東京新聞記者;望月衣塑子さん
・・・といったフレッシュな実力派たちが参入!!

木曜日は堀潤さん、
金曜日は安田菜津紀さん
というおなじみの布陣です。

『JAM THE WORLD - UP CLOSE』(月-金、 各30分)は15時より

Amazon Musicにて更新、配信開始となります。
Amazon Musicエクスクルーシブ・ポッドキャスト番組として独占配信されますが
URL: https://amzn.to/3CkDFVk
無料ても聴取可能です。

配信当日のヘッドラインニュースに加え、 いま気になる政治・経済・社会・国際・文化・スポーツなどの中から、 ひとつのトピックにフォーカス。

取り上げる題材に詳しい ゲストと共に様々な角度から意見を交わし、
ニュースの解説や背景も紹介し、そこに内在する問題の本質に迫ります。

忌憚のない、あの方とのバトル・トークにも期待が高まります・・・・

初回16日の放送ではジャーナリストの高田昌幸さんをゲストに旭川医科大学病院・学長辞任問題の取材について切り込みます。是非お聞きのがしなく・・・・・!!

| 19:58 | コメント(0) | カテゴリー:番組のお知らせ

2021年08月15日

今も残る傷痕

P1110765

京浜急行、横浜戸部間に見えるコンクリートの塊、これが元の駅のプラットホームと知る人は少ないでしょう。平沼駅という今は無い京浜急行の駅でした。その昔は鉄骨の屋根の骨組みがあったようですが今はそれも無く、ホームの短さが昔を偲ばせる唯一の手がかり。横浜が大空襲を受けた日には既に戦時下ということで廃止された後だったものの炎から逃れる人々が高架駅下に逃げ込み、無数に投下された焼夷弾で焼け焦げた跡も残ったほどだとか。

実はJR鶴見線に乗り換えるともっと生々しい戦争の傷跡が今も残されています。
国道駅近くのコンクリートで出来た高架橋の表面にはpー51ムスタング戦闘機の機銃掃射を受けて出来た攻撃の跡が残されています。
機銃掃射の跡は大川支線の終点手前にある鋼鉄製のガーター橋にも確認できます。

pー51の兵隊はたかだか2〜30ミリの機関砲を連射して鉄道施設を破壊できるとでも思ったのでしょうか?それとも照準を合わせた先には人影があったのか?
記録によればこのほか判明しているだけでも東海道線二宮駅、中央線高尾駅のホーム屋根などに、銃撃痕が残されており、走行中の電車が銃撃され数十人の犠牲を生んだケースも。
明らかに電車内の人命を狙った攻撃であることは明白。乗客は武器も盾も、まず持ち合わせてはいない。

今日は太平洋戦争に敗北した事を認め国民に天皇の声でそれが伝えられた日
横浜空襲で記録に残る犠牲者は3000余と伝えられますが実際には8000とも10000とも言われる市民が犠牲になったとの見方もあります。
政治家が靖國神社参拝で英霊達を慰めるからには、二度とこの国を戦禍に巻き込まないと言う強い誓いを立てて欲しいものです。

| 14:48 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年08月14日

Acura integra revive

SNSではホンダの北米ブランド、アキュラから2022にインテグラが復活発売されると噂が持ちきりです。

カモフラージュされた試作車両らしきものを見る限り、日本で最終モデルとなったDC5型よりDC2によく似た印象。タイプRを切望する声もたくさん寄せられていますがエメーカー発表のレンダリング写真を見る限りではロングノーズのクーペ風シルエットを持つ4ドア6ライトの大きめなセダン。
希望的観測記事の中に描かれたエンジンルームには魅惑的な赤いカムカバーの横置きエンジンも!

北米にはシビックの2ドアクーペが存続しているのでアキュラブランドの2ドアクーペを一台仕立てるのはさほど難しい仕事ではありません。むしろガソリンエンジン存亡の危機に瀕した今なぜタイプRなのか?という問いに対する答えの方が難しいのかも。あるいは4ドアセダンの名称にインテグラの名跡を被せただけの残念な新型かも?

発売が期待される来年春には新ハチロクやBRZ、フェアレディの最新Zも揃って束の間、珍しくスポーツカー時代の熱狂で溢れるかも!

恐らくは北米生産の左ハンドル車しか無いかもしれませんが日本にも顔を見せてもらいたいものです。
先例があります。円高で日本企業が頭を痛めていたバブル期に北米専売だったアコード2ドアクーペが輸入販売された事がありました。後にワゴンが輸入され右ハンドルも仕立てられるようになりましたが、あの頃に比べて今の方が全然円高
まずは吉報に期待しましょう。

Dscf3125

| 18:06 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年08月13日

今夜のテーマ

今晩は条件が合えばペルセウス流星群の出現ピーク

だったんですが日本中大抵の場所では見るのが難しそうです。この流星群で思い出深いのが84年に見た流星でした。深夜の国道を南東に向かって運転していた時夜更けになって花火大会かと思うくらい賑やかな流星群が目に入りました。

lペルセウス流星群と知ったのは、後日のこと。ちょうどロスアンジェルスオリンピックの熱狂の渦に呑まれたばかりの頃でした!

・・・・・モスクワ大会不出場の政府決定のあと8年待たされた西側諸国にとって待望の五輪でした。
・なかでも1番印象に残ったのは柔道の山下泰裕金メダル!
話題になったのは対戦相手モハメド・ラシュワンのフェアプレー、騎士道精神の素晴らしさでした。山下選手は右脚を負傷したまま決勝に進出、ここを攻めれば金メダルはたやすく手の内に!

しかし相手の選手はそれを承知で敢えてその負傷した右足を狙わずに勝負!惜しくも優勝は逃したもののそのフェアな態度が絶賛されました。

他にもこの年が初開催だったマラソン女子のゴール直前、脱水症状でフラフラ、足も縺れんばかりの(スイス)アンデルセン選手の壮絶な姿も強く印象に残った五輪です。実はこのマラソンも30度の極暑で開催はいかがなものかと物議を醸してはいたのです。

そしてこの大会はビジネスとしての五輪開催に道を開いた、歴史的な大会でのあったのです。その一端が大会公式テーマ曲をはじめとする五輪公式アルバムの発売。放送局も実にたくさん使いました! ジョン・ウイリアムスやクインシー・ジョーンズ、ボブ・ジェームス、クリストファー・クロス,フォーリナー、ハービー・ハンコックといった錚々たるメンバーもさることながら楽曲の完成度も高く、本当に世の中にあふれていたものです。

そして閉会式のクロージングを飾ったのがライオネル・リッチーの歌うライブのオールナイト・ロング。緊張感もとれて、リラックスした祝祭感あふれる中にもどこか名残惜しさで溢れ、一晩中でもリフレインして歌っていて欲しいと思わせるくらいドンピシャな選曲だったのが印象的です。

今回の開会式ではドラクエの行進曲が話題にはなりましたが、大会を彩る音楽が不足していたのは残念、放送局ごとに決めたテーマもどこか雰囲気にそぐわず、チャンネルの数字の小さい局のものは最後まで好きになれませんでした。

2028年,LAにオリンピックが戻ってきます。開会式の演出もさることながら公式アルバムが発売されるのか?84年を上回る秀作ができるのか?気になるところです。

| 20:30 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年08月12日

ファッション イン ジャパン 1945-2020 --流行と社会

今、新国立美術館で開催中の日本ファッション史を回顧する展示会

P1230041


撮影は一部のみ可
戦前からの日本の特に洋裁と呼ばれるファッションの変遷を巡る興味深いイベントです。戦後の女性たちのファッション欲求を満たすのは、まず雑誌に綴じ込まれた最新ファッションの型紙でした。
この頃は洋服=買うものではなく自分で縫うもの・・・がポピュラーだったようです。


東京五輪の初開催と前後して消費爆発とともに洋服も作るものから買うものへと変化してゆきます。レナウンのイエイエ娘がワンサカTVCMに登場して、ツィッギーが見事な脚線美をミニスカ越しに見せると、その流行は日本中にあっという間に伝播します。
大阪万博のコスチューム群がいい象徴です。どのパビリオンでもミニスカワンピのコンパニオンたちが笑顔で出迎え、国際線スチュワーデスの制服もこの年を機にミニがデファクトに。あの美空ひばりさえも赤のミニスカで真っ赤な太陽を歌ってヒットチャートの上位に君臨したものでした。


一年遅れて登場のピンキーとキラーズのリードヴォーカル、今陽子は黒のパンタロンスーツで女子のパンツルックに抵抗をなくした功労者でもありました。もう、小学校に女子がパンツルックで投稿しても男子たちから冷さかされるようなこともなくなり、体育の授業でとっても恥ずかしい提灯ブルマーをはかされることもなくなります。これは五輪の女子バレーボール代表、東洋の魔女のおかげでしょうか?


70年ころを境に若い女性向けのファッション雑誌も相次ぎ創刊され、雑誌が提唱するファッションスタイルも生まれます。ハマトラ、ニュートラ、サーファールックなど、少しづつ多様化の様相を見せ始め、80年代に入ると竹の子族に代表される地域発のファッションが生まれます。渋谷がそのうちの発信地の一つとみなされるようになり、ガングロ、ルーズ・ソックスといったアイテムも誕生。三原じゅん子センセイが御履きになっていたなめ猫と同じ、長いプリーツの制服スカートもいつしか見かけなくなりました。

コスプレファッションもある意味、日本が発信源と言ったっていいくらい、世界共通語と化しています。
多様化が叫ばれるイマドキ、昔のミニスカートのように一世を風靡するような画一的なファッションはもう生まれないかもしれません。
時代を彩るファッション、といった言葉も70年代、80年代限りのものだったかも。

2025年、再び大阪で万国博が開かれるまでに、再びミニスカートが広まって・・・・無いだろうなあ・・・・

| 13:50 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年08月11日

まもなくあの日が来る

あと1カ月もすると今年も911の日を迎えます。
米軍が撤退中のアフガンからはタリバン勢力が盛り返し、治安悪化というニュースも。

ところで何故アメリカはアフガンゲリラと戦っているのか?そのきっかけを知らない若い人も増えているようで...

きっと1941年の真珠湾攻撃の晩もこんな騒ぎだったに違いない。間違いなくアメリカは戦争に巻き込まれるのだろう...911の当日、続々と入稿するニュースの山と共に生番組のスタジオに入ったきり、翌朝まで報道特番がなし崩し的に始まっていました。番組中軍事評論家のゲストと共にあれこれ攻撃の主について推測してはみたものの、結局犯人像は浮かばず仕舞いでした。ただ真珠湾攻撃の日のようにアメリカが反撃に打って出るだろう事は容易に想像できました。が、一体どこの国と?誰と戦うの?

ウサマヴィンラディンの名前が挙がって来たのは確か数日経ってからの事でした。アフガニスタンに潜伏しているかも、反政府勢力タリバンの庇護下にあるかも、と断片的な犯人探しも日にちが経つごとに絞り込まれていきます。そして米軍のアフガニスタン侵攻のはじまり!

ヴィンラディンを捕らえ、葬ってから10年も経つというのにまだ米軍はアフガンにいます。これまでの米軍側の犠牲者は同時テロでツインタワーと共に逝った犠牲者の数にも匹敵します。が、それをはるかに上回りアフガニスタンの市民がこの戦争の犠牲となっています。

911勃発直後のアメリカ軍の士気はそれはそれは異様に高いものでお国のためならと命を投げ出す覚悟の志願兵も沢山いました。ビンラディンを討ち取ったああと、アメリカは何を大義に戦っていたのか?

あの日からちょうど20年を迎える前に、もう一度この無意味に長い戦いの意味を考えざるを得ない気持ちです。

| 16:35 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年08月10日

お蕎麦屋さんから北海道

都心では見かけない、でも地方に出かけると当たり前のようにコンビニの雑誌棚にある原付バイクを中心とした雑誌がモトチャンプ。二輪雑誌モトライダーから分家した月刊誌です。
最新号のタイトルはカブでキャンプ!
もう、ページも繰らずにレジ直行です。

カブと言えば蕎麦屋とか新聞販売店の店頭を連想しがちで、キャンプ場とは結び付かないイメージかもしれません。でもプレスカブなどその積載能力を考えたらキャンプ道具一式を積み込むのはほかのどの車種より得意科目。
ハンターカブなどはそのままの姿でキャンプ場に置いても絵になるくらいのマッチングです!

Dsc03591

グラビアページには様々なシチュエーションを想定したキャンプグッズとカブとの組み合わせがプレゼンテーションされており・・・・・・ ‥‥そうだ、北海道ツーリングだってカブのテリトリーじゃないか!妄想はどんどん膨らみます。

そもそも、北海道ツーリングのお供は初めの十年、原付ばかりでした。それもほとんどが舗装路の上、カブでも何の問題も無く走り切れそうです。多めに必要な寝具やウェア一式もキャリアを増設すれば・・・・あとはフェリー乗り場までの近道を工夫すれば・・・・・

他にも125なのにVツインのバイクが紹介されていたり、メカニックの初歩的な解説がわかりやすく紹介されていたり、私のイタイ所を突きまくりの内容です。
お値段もいつの間にか高騰してたりして、厳しい時代を感じさせますがコストに見合うだけの内容は私が保証したいくらい!

さて愛車のカブで北海道上陸の夢はいつになったら実行可能になることやら・・・・・

| 10:52 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年08月09日

jwavelive2021

今夜の特番はJWAVELIVEの二日間を濃縮して贈る特別偏です。

オープニングアクトのDoul(ダウル)
グリムスパンキーやジャニスジョプリンを思わせるハスキーな歌声は、まだ二度目のライブだとか!それがこの横浜アリーナで!末恐ろしい大物なのか?

そして登場するナルバリチ。まだ代々木開催だった頃の屋外の小さなステージで初めて聞いたサウンドの斬新さは今でも印象に強く残っています。演奏が終わらぬうち、早速ファーストアルバムを買ったのが、もう随分昔のこと。それがいまや横浜アリーナの大観衆×1/2を前に堂々の貫禄です。

貫禄といえば五輪の閉会式でもその姿を世界中に発進された東京スかパラダイすオーケストラも!
これはもう、序盤からいきなり豪華な布陣です!

一度だけじゃ勿体無い、来週月曜日までは聞き逃しサービスも活用できるので存分にお楽しみを!
聞き始めから24時間以内ならお手元のRadikoで、端末を換えるかPCで聞けば、さらにもっと楽しめます。

| 19:11 | コメント(0) | カテゴリー:番組のお知らせ

2021年08月08日

帰省の足を考えてみる

夏休みの帰省などで活躍する日本のミニバン。最近はノア、セレナ、アルファード然り、特定の車種に人気が偏り、品数が限られているようです。

お気に入りだったオデッセイ、ポルテやラフェスタもカタログには無くプリウスαやプレマシーといった車種もとうとう一度も借りられぬままの幻となってしまいました。

他にも意欲作とでも呼べるクルマは沢山あり今世紀始めはさながら百花繚乱状態でした。カムリヴィスタベースのトヨタOPAは名前からしてユニーク。マークIIジオとか、前後席横3人乗車できるホンダEDIXなども異色の存在として印象的でした。

まだまだ消えていったミニバンは数知れず、その多くがどれも低重心低床タイプだったのが不思議な一致点です。

背の高い見晴らしの良いミニバンは軽も含めて背の高いルーフに大きな窓。長身が災いしてスポーツカー選びに窮するわたしのような人種でもヘッドクリアランスで悩む心配は無用です。

しかし大型バイクでもすっぽりと死角に納めてしまう程の大きな投影面積は高速で横風の影響を受け易く、峠道では同乗者から過大なロール角度に起因する体調の変化を訴えられ、とても常用の足として選ぶレベルではありませんでした。
都心のような横Gを感じない走行がメインならば問題ないでしょう。無駄に思える過大な空間も子供達には人気のようです。背の高いミニバンの販売はこれからも安泰でしょう。しかし私好みのミニバンは何故か短命に終わってしまうのがこの国のマーケットの様です。

もう一つレガシィに代表されるような2リッタークラスのステーションワゴンもいつのまにか日本から消えていました。レヴォーグと名前を改めたワゴンのライバルは?と見渡せばステージアもカルディナもとっくに消滅しちょっと小ぶりなカローラツーリングワゴンやホンダのシャトルがあるだけ。マツダがアテンザワゴンで孤軍奮闘しているかのようです。

そういえばミニバン流行の前にはワゴンブームが日本を席巻したものでした。
峠道をセダンと同等のペースで飛ばしても過大なロールや同乗者の体調を気にせず走れる、こうしたワゴンもガソリンエンジンと命運を共にしてしまうのでしょうか?

Miniv_n

インドネシアにはまだまだ魅惑的な車種がいっぱい!!

| 09:18 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年08月07日

キネマ人のカミさん

今週は久々に見てみたい新作映画公開のオンパレード!
コロナウィルスが存在しなかったら志村けん主演の「キネマの神様」もとっくに完成、公開を終えていたかもしれません。その大役を盟友・沢田研二が引き受けて公開にこぎつけました。

やはり気になってしまうのはジュリーの代演ぶり,どうしても頭の中の志村けんの演技と比べてしまいます。その口調やちょっとコミカルな仕草に志村さん風を意識したかのようなところが見え隠れするのも正直なところ。でもラストの毅然とした態度を見せるところなどは沢田研二らしく締まった演技を見せてくれて、さすがは幾多の映画に主演したスターならではの貫禄を見せてくれます。

前半のダメ親父ぶりよりもこちらの方がはまり役と言ったところでしょうか?実は原作の原田マハの父親がモデルだとか!原作者も驚くその表現力はさすがです。岸部一徳といい元タイガースの両雄は映画界の中でも神様ではないでしょうか?


劇中にはさりげなく小津安二郎や原節子の面影も見え隠れしますが、山田洋二監督とも縁の深い両者。作品の舞台は松竹大船撮影所,そうですあの寅さんを始め幾多の映画が生まれた聖地です。今はもうありませんが、実はここは昔アルバイトでエキストラ撮影に通った懐かしい場所。出入りも比較的自由で休憩時間の由美かおるさんと一緒のストーブにあたって暖をとったり、撮影スケジュールが押し込んで一日中二階建ての旧い木造の事務所内で待ちぼうけを食らったり!

晩年の大船撮影所ではテレビ・ドラマの撮影も行われていて、映画と比べるとVTRテープを使う撮影手順の大きな違いに驚いたものでした。そのVTRがニュース現場でも撮影の主役となり、TV局に入社して目撃したニュース・フィルムの編集作業や現像室は、後輩たちの目に触れる事はありませんでした。


監督の山田洋次さんだってもちろんこの時代の大波を受けただけではなく、今回のコロナ禍という逆境をさえも脚本に追加するしたたかさを見せてくれます。コダックのフィルムで撮影された今回の作品ですが現存しない大船撮影所の正門や中庭の雰囲気を上手く再現しています。..

それはそうとモノクローム映画の美人女優を演じる北川景子の目元のアップが一瞬,吉永小百合のそれに見えてしまう瞬間があったのには驚きました!或いはメイクスタッフの狙いだったかもしれません。

主演の宮本信子,寺島しのぶも家族ぐるみで映画製作に関わるキネマのカミさん達,もちろんお二人とも数々の名作を彩ってきた日本映画の神様であることは言うまでもありません。

| 23:12 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年08月06日

FAST AND FURIOUS 9

人気のワイ・スピ、ユーロ・ミッションではフォード・エスコートで戦車に刃向かい、アイス・ブレイクでは北極海で原子力潜水艦をやっつけたヴィン・ディーゼル

スカイ・ミッションで既に空は飛んでいるので残るは宇宙空間か?
何とポンティアックのミッドシップ,フィエロにロケットエンジンを担がせて本当に宇宙に飛び立ちます。そのプロセスがバージン・エア総帥リチャード・ブランソンがつい先日成功させた弾道飛行によく似たメソッドです。

他にもええっ!そうだったの?という隠しコマンドが沢山網羅されていて、長年のファンほど戸惑う展開かも知れません。回想シーンで生い立ちに触れたり今まで描かれなかった家族が登場したり!

それはそうと主人公のダッジびいきはより鮮明になっていて、他にも新旧ムスタングやシボレーSS、ジープが仲間うちのお気に入りとして登場します。そして勿論日本車も!アキュラNSXに最新のスープラもあればR34-GTRまで

どの車が最後まで無傷でいられるか?とてつもない台数のクルマがスクラップと化す破壊第一主義のスタントはますますエスカレート。しかし圧巻は巨大トレーラーとの格闘戦でしょうか?あらすじは承知でも2度3度と劇場に通って確かめたくなるシーンです。

そして件のフィエロ,人工衛星に体当たりはいいとして地球帰還は諦めざるを得ないのか?

さまざまな意味で予想を裏切る展開の連続です。
ガソリン車の命運も期になる昨今、もう行くところが無くなったらシリーズ次回作はどうなるのか?
ディーゼルミッションが制作されるという噂は流石に聞こえてきませんが

・・・きょうは8/6でハチロクの日。当然今回の作品にも赤の86が登場します。まもなく新型の登場が控えているので現行型と紹介できるのももうわずかですが・・・・

| 08:41 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年08月05日

戦艦武蔵

三菱長崎造船所で生まれた戦艦武蔵
戦艦大和と同一型の二番艦として三菱に建造が委託されたものです。
その企画から立案,着工まであらゆるものが超極秘扱い。まずはその存在や全長ですら当事者にも明かされない徹底ぶり。これを受け入れる造船所の準備も大変なものです。

まずは今まで前例のないような巨大な造船ドックが必要ですが、そんなもの存在しません。今あるドックを拡張して土台も補強しなければこの巨大な得体の知れね船体を支えきれず崩壊の危険も!

建造中の姿も当然外からは見えないようにカモフラージュが必要。軽くて丈夫で経年変化も考慮したある素材がテストで優秀な成績を収めました。調達は全国からかき集めないとなりません。

建造が始まるや街中には警官の姿が目立って増えます。それどころかスパイに目を光らせ巧みに変装した特高警察も。長崎はそもそも国際都市,外国人も多い上に湾を見下ろせる高台に囲まれたようなもの。監視の目はあちらこちらで光ります。伝統のお祭りペーロン競争も遠く離れた場所で地味に催され...


そんなある日事件が巻き起こります。毎日毎日一枚ごとに出し入れを厳重にチェックしていた300000余の設計図の一枚がどうしても見つかりません。消去法でどの部分の図面かはすぐ判明しましたが、それはたった一枚から搭載予定の大型の主砲の規模や船の全貌を窺い知る事ができる最重要機密の一枚。もしも敵スパイの手に渡ってしまったら...

すぐさま大規模な捜索と徹底した犯人探しの開始です。あるものは監禁され,拷問を受け,やがては仕事に復帰できないトラウマを抱えて...

進水式までにも様々な機密保持、工期の短縮等様々な制約を受けつつ、前代未聞の巨大戦艦は完成に近づいてゆきます。
今日8月5日は昭和17年のこの日、完成した武蔵が三菱重工長崎造船所から帝国海軍に引き渡された日
トラック島のびよう泊地で戦艦大和と対面し山本五十六総司令を迎え入れたところまでは良かったものの、戦局はすでに航空戦力主体の時代に移ろうとしていました・・・・・

| 23:48 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年08月04日

インザハイツ

ラティーノ達のネアかなウェストサイドストーリー
公開中の映画インザハイツを一言で言い表すならそんなところでしょうか?たまらなくハッピーな気持ちにさせてくれるミュージカル映画です。

原点はNYブロードウェイの人気作、舞台はジョージワシントン橋のたもと,ブロンクスの西側118丁目辺りのワシントンハイツです。白人のビジネスマンやファッショナブルなモデル体型の女性は目にしません。ここは中米からの移民たちが多く住む地区。不法滞在だって珍しくはありません。

家族で米国に渡ってきたウスナヴィの名前の由来は通りかかった艦船のusnavyの文字。妹ニーナはエリート大学進学を果たし,地域の希望の星に...でも父親は学費の工面に四苦八苦,ニーナは移民の身上から孤立感に悩み退学ばかり考える日々。

ウスナヴィは憧れの美容師ヴァネッサとのデートを夢見るコンビニ店員。だけど故国に店を構える日を夢見て...

ラテンタッチの明るいメロディーとリズミカルな楽曲に合わせてジョージW橋を見渡せる広い交差点や市民プールいっぱいのお客が繰り広げるダンスシーンの数々。果ては夕陽の当たるアパートの非常階段から壁面へ!

パーティーの夜を大停電が襲います。パワーレスな街でパワーレスな移民達はめげる事なくエネルギッシュに踊ります。

そして祖国に帰国の前日,憧れのヴァネッサが冷えたシャンパンを手に現れて...

ワシントンハイツで暮らした昔の日々を子供達にウスナヴィが語り聞かせる、という設定だと思っていたら...

トランプ時代の移民政策がモチーフと思いきや、ずっと前からブロードウェイで人気の演目,撮影当時はトランプ在任中と思われ、映画製作にも一層力が入っていたかもしれません!

欧州でガソリン車がEVに取って代わられる頃アメリカでは白人が過半数を割り込んでラティーノたちが多数派を占めるようになると,こんな映画もしばしば見られるようになっているかもしれません。

| 22:15 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年08月03日

hejhej,今?

2日間に渡る稲葉友くんのgroove line代演
スタジオに新人のADさんが?
と思ったら金曜日の相方LiLiCoさんが!
稲葉くんも知らなかったサプライズでした!

いつの間にやら金曜日のようなトークが展開して寄せられるメールの冒頭もHEJHEJで始まる金曜日スタイルに!
それにしても仕事の合間を縫ってスタジオに駆けつけてくれるLiLiCoさんには親心のような?それとも番組愛?なのか、限り無い愛情を感じます。金曜日のスタッフも色々仕掛けを用意していたようで...

あり得ない火曜日のいつもに無い午後5時過ぎの2人のスタジオジャック?
稲葉くん今週はレギュラーの金曜日を挟んで来週月曜日のホリデースペシャルにも9時間みっちり登場します。

オリンピックロスが今から心配な人もイナバerの方も月曜日にはjーwaveと一日中ご一緒に!

| 23:34 | コメント(0) | カテゴリー:番組のお知らせ

2021年08月03日

midship全滅?

1990年代の日本車はミッドシップ車のオンパレード。ホンダNSXを筆頭に、ビート、オートザムAZ-1、トヨタのMR2だけじゃなく、卵型のワンボックス・エスティマもホンダの軽トラックのTN同様、エンジンを横倒しにしてミッドシップ配置にした、個性派です。

そんなバブルの時代も遠ざかり、ホンダ以外のメーカ―からはこの種のレイアウトは壊滅。ホンダS660も生産終了が発表され、その陰で知られざるミッドシップ・カーの老舗、ホンダTNの系譜、アクティ・トラックもひっそりと生産を終了していました。アクティはホンダが一時軽乗用車から撤退していた11年の間も途切れず生産され続けた軽トラックの長老的な存在。

そして今日伝えられた現行NSXの生産終了のニュース。
ホンダとして経営資源をグリーンエネルギー車に集中させるための方策だとか。
なんだか排気ガス規制強化に翻弄された70年代中期が思い起こされます。

NSXはガソリンエンジンとモーターを使い分けた四輪駆動のハイブリッド車。電動走行も可能なエコカーの側面もありますが、2030年代が求めているスポーツカーのエンジン・ルームにはエンジンの姿はおそらくありません。

Honda-eの土台を使った後輪駆動、二人乗りのスポーツカーは開発されているのでしょうか?NSXの跡を継ぐ形で世に送り出される新しいホンダのSに期待したいところです。

| 15:59 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年08月02日

ランクル300系登場

ランドクルーザーの最新モデル300系が発表されました。
70系やプラドと言った普及版の頂点に君臨するのが今の300系。そのルーツを辿っていくと60系,55系といったヴィンテージモデルに行き当たります。

60年代からの55系はどこかオフロード車然としたスタイルでしたが80年代の60系ともなれば車幅も拡大して一気にスタイリッシュなワゴンボディに。ベーシックなヨンマル系とは一線を画していたものです。或いは当時のレンジローバーに触発されたのでしょうか?

当初は国内だと報道部御用達だった60も90年代の80系以降は個人ユーザーも急増しプラドの兄貴分たる貫禄を持つようになります。足回りも乗り心地志向で頑丈な板バネを捨て、コイルばねの上に鎮座するようになりました。

その延長線上にあるのが最新の300系という訳です。頑丈なフレームの上に縦置きのエンジン、プロペラシャフトという構成は自動車の長い歴史に即した超保守的なもの。その構成は変わることはありません。

この次の400系が登場するとしたら2030年代になるのか?その時にはまだガソリンエンジン車のままでいられるのか?そう考えると、ファンならぜひ今のうちに一台、とお勧めしておきたくなります。
とりわけ、50㎞おきに急速充電期を探せそうにないアフリカや中東の砂漠地帯にお住いの豊かな皆さんや、トヨタ高級SUVが人気の中国で、いち早くご近所の注目を浴びたいと思っている富裕層の皆様方には・・・・

| 21:46 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年08月01日

今度は大分

今から2カ月あまり前にレース界をあっと言わせた水素エンジンの耐久レース参戦
水素カローラが再びスーパー耐久の舞台に,場所は大分のオートポリスです。流石に24時間とはいきませんが、そこはむしろうってつけの条件です。

今回もピット裏に大型トレーラーと水素タンクを用意してレースに臨みます。ドライバーには勿論トヨタ社長で自工会会長でもあるカーマニアのモリゾウ選手も!

僚友のスープラが105ラップする間に85周、その差20周を遅いと見るか富士24hより差が減じたと見るべきか?信頼性では当初から合格点レベルの水素レースカー,ゼロカーボン時代へのもう一つの回答としての大役を果たす事ができるか否か。このあとのシリーズ戦からも目が離せません。

このところWRC世界ラリー選手権での連覇といいWEC世界耐久スポーツカーレースの新型車デビューウィンといい,何かと好調なトヨタ,というよりGAZOOレーシングの活躍ぶりはある種70年余に及ぶトヨタの歴史上でも輝ける期間と言えるかも知れません。

他方でハンガリーでのF1グランプリ、久々のメルセデスワンツーでレースがスタートしそうです...


そのハミルトンは三位表彰台に上って談
「あれ、いつものメンツがいないよ!ここは何処?」
二位表彰台にはヴェッテル,そして真ん中にはオコン、誰?

表彰台にホンダの名前が見当たらないGPも随分久しぶり
とハミルトンが言ったかどうかは?

| 23:22 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦


2021年 10月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー

カテゴリー