2021年08月02日

ランクル300系登場

ランドクルーザーの最新モデル300系が発表されました。
70系やプラドと言った普及版の頂点に君臨するのが今の300系。そのルーツを辿っていくと60系,55系といったヴィンテージモデルに行き当たります。

60年代からの55系はどこかオフロード車然としたスタイルでしたが80年代の60系ともなれば車幅も拡大して一気にスタイリッシュなワゴンボディに。ベーシックなヨンマル系とは一線を画していたものです。或いは当時のレンジローバーに触発されたのでしょうか?

当初は国内だと報道部御用達だった60も90年代の80系以降は個人ユーザーも急増しプラドの兄貴分たる貫禄を持つようになります。足回りも乗り心地志向で頑丈な板バネを捨て、コイルばねの上に鎮座するようになりました。

その延長線上にあるのが最新の300系という訳です。頑丈なフレームの上に縦置きのエンジン、プロペラシャフトという構成は自動車の長い歴史に即した超保守的なもの。その構成は変わることはありません。

この次の400系が登場するとしたら2030年代になるのか?その時にはまだガソリンエンジン車のままでいられるのか?そう考えると、ファンならぜひ今のうちに一台、とお勧めしておきたくなります。
とりわけ、50㎞おきに急速充電期を探せそうにないアフリカや中東の砂漠地帯にお住いの豊かな皆さんや、トヨタ高級SUVが人気の中国で、いち早くご近所の注目を浴びたいと思っている富裕層の皆様方には・・・・

| 21:46 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2021年 8月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー

カテゴリー