2021年08月03日

midship全滅?

1990年代の日本車はミッドシップ車のオンパレード。ホンダNSXを筆頭に、ビート、オートザムAZ-1、トヨタのMR2だけじゃなく、卵型のワンボックス・エスティマもホンダの軽トラックのTN同様、エンジンを横倒しにしてミッドシップ配置にした、個性派です。

そんなバブルの時代も遠ざかり、ホンダ以外のメーカ―からはこの種のレイアウトは壊滅。ホンダS660も生産終了が発表され、その陰で知られざるミッドシップ・カーの老舗、ホンダTNの系譜、アクティ・トラックもひっそりと生産を終了していました。アクティはホンダが一時軽乗用車から撤退していた11年の間も途切れず生産され続けた軽トラックの長老的な存在。

そして今日伝えられた現行NSXの生産終了のニュース。
ホンダとして経営資源をグリーンエネルギー車に集中させるための方策だとか。
なんだか排気ガス規制強化に翻弄された70年代中期が思い起こされます。

NSXはガソリンエンジンとモーターを使い分けた四輪駆動のハイブリッド車。電動走行も可能なエコカーの側面もありますが、2030年代が求めているスポーツカーのエンジン・ルームにはエンジンの姿はおそらくありません。

Honda-eの土台を使った後輪駆動、二人乗りのスポーツカーは開発されているのでしょうか?NSXの跡を継ぐ形で世に送り出される新しいホンダのSに期待したいところです。

| 15:59 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2021年 8月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー

カテゴリー