2021年08月27日

EVに価格破壊?

かねてより噂に上っていた日産軽のEV新型がいよいよ発売されそうです

と言っても来春の見込み。全高が1655ミリと前回東京モーターショーに出品されたプロトタイプと同じくらい。気になる電池搭載量は20kwhとされているので、カタログでの航続距離は200kmをラクに上回りそう。

Img_6723


で、気になるには販売価格です。市中の軽自動車との価格差がどれ程のものになるのか?日産のアナウンスでは顧客の負担が200万円前後からとされており、補助金を当てにすればノートといい勝負になるかも。


思い起こせばデジタル一眼レフ黎明期にキャノンEOS kissがデジ一眼普及の立役者となった様にEV普及のブレイク・スルー的存在になれるのか?10年前だったらやっぱり即ハンコ持って販売店のドアを潜っていたに違いありません。

さあて来年初頭にどれだけの受注が集まるか?
あくまで傍観者の立場ですが、来年ひとつ楽しみが出来ました。

| 20:21 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2021年 8月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー

カテゴリー