2022年04月16日

新東名あと25㎞に

東京名古屋間を結ぶ新東名が開通しました。
と言っても全線開通はまだまだ先の話、今回は新秦野より東側の区間が圏央道などと繋がります。
未開通区間はこれで新秦野と御殿場の先まで25㎞を残すのみ、となるわけですが、実はこのセクションの旧来の東名高速が最も混雑する場所でもあり、毎度おなじみの伊勢原バス停や大井松田インター、都夫良野トンネルなどは、いずれもこの区間に存在します。
つまりこうした渋滞の要所を避けようと思ったら、高速を降りる以外にないのが現状です。

この区間が開通した暁には途中120㎞制限で巡航できる区間もあり、広い三車線と相まって短時間で静岡県を抜けられるようになります。(旧来の東名は何処まで走っても静岡のイメージが印象的)
富士スピードウェイの至近距離には新たなインターチェンジも建設中で、一日も早い開通が望まれます。(完成予想の地図には隣接地に小山PAの表記も!)

未開通区間の工事には山間部の出水があったり難工事が続くということで開通見込みはまだ立っていません。
そもそもが、大山詣りで有名な山地の山裾を縫いながらのコースなので仕方ありません。246で秦野市内を通れば休日の渋滞は必至。今のところは小田原厚木道路をう回路として使うか、はたまた西湘バイパスまで遠回りしないと渋滞の難所を切り抜けられません。いずれにせよ相模川に架かる橋をスムーズに渡れる橋にはいまだにお目にかかったためしが無く、免許取得以来この神奈川県央の関所のような断層は、難攻不落の要塞のように立ちはだかっているのです・・・・・

| 14:27 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2022年 4月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

カテゴリー