2021年12月08日

日本人初、自腹で宇宙へ

日本時間8日午後4時半過ぎ、ロシアのソユーズロケットが国際宇宙ステーションめがけて発射されました。
搭乗しているのはマエザワユウサクさんと言う日本人とそのマネージャー.12日間滞在して宇宙生活を経験してきます。
発射前の管制室には突如ゆずの♬栄光の架け橋が・・・・・‼️

発射から120秒後、第一ステージ燃料終了.フェアリングが外れて窓の外には宇宙の光景が広がります。
打ち上げ520秒後には三段め切り離し完了.ソユーズ宇宙船は地球を四周してから6時間後にISS到着予定です。
午後10時過ぎソユーズはISSまで1000mあまりまでアプローチしました。窓からもはっきりとシルエットを確認できます。ソユーズはISSの上側に回り込み、次第に高度を下げるように接近します。で午後10時40分無事ドッキング.2時間位でハッチを開けてISSに乗り込みます。

自腹で宇宙空間を旅する日本人はコ今回が初めて。厳しい選抜試験も無ければ
資格も不要。2人分100億が用意出来る裕福な平民にも宇宙への扉を開けるパイオニア的存在です。
宇宙飛行士ではない日本の民間人がソユーズで宇宙に旅立つのは31年ぶり.ネットもガラケーも無かった頃にまだ日本人が誰も経験していなかった宇宙に当時のTBS記者だった秋山豊寛さんがソユーズの乗客として日本人で最初の宇宙滞在を果たしました。
当時はロシアの宇宙ステーション=ミールがまだ稼働中で秋山さんもミールでの一週間をちょうど12月の今頃、経験しています。
当時の有名な宇宙第一声は、これ本番ですか?でした。

社内で多数の希望者から選抜されロシア語のレッスンから不時着時の大平原での様々なサバイバル訓練をマスターしてようやく打ち上げ。確か帰還後には赤坂でパレードも催されたはず...
そもそもこのプロジェクトはTBSの開局40年記念事業だったので、ロシア側に支払われた金額もかなりのものに!つまり前沢さんも同じく高額な有料チケットを入手して旅立つ訳です。

今では日本人宇宙飛行士も沢山生まれ、ISSでキャプテンを務めるまでになりました。もう宇宙は決して遠い彼方ではなく、我々の眼前に広がっている世界なのかも知れません

Dae067b9956b407c9561444314d8302c


きょうの発射の模様はオンライン中継の予定もあるそうです。
現地の天候は曇り、打ち上げ後に船内からの中継映像が届くのか?
期待したいところです。

| 08:22 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2021年 12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー