2020年05月24日

日本の乗用車図鑑‐1974

昭和を様々な観点から振り返る時、やはりオイルショックの衝撃の大きさは多く語り継がれる出来事のひとつです。クルマの世界でも同様、1973年末からほぼ一年は目ぼしいニューモデルの登場も少なくなり、販売価格も毎年のように改定されて30万円台で軽自動車、40万円台で大衆車が買える時代に終わりを告げました。

Image_20200525164001

自粛期間中に運よく手に入れたこの本は昭和の自動車史を振り返る上で、実に良くまとめられている一冊です。編集者もよく史実を調べて正確な記述を心掛けているのはもちろん、車両形式や販売価格がしっかりリストアップされている所は史料価値を大いに高めています。

掲載されている後方写真も,時にレアなスタンダード仕様が混じっていたりして,思わずほくそ笑んだりもしてしまいます。

つらつらと読み進んでいくと自分のミニカーコレクションにはまだまだ重要な役者が足りないことも気づかされました。ホンダZ、サニートラック、シティカブリオレ・・・・

コレクション探索の旅はまだ終りそうにありません・・・・が、


・・・・きょう思い出した一曲はBoston の Don't Look Back. (1978) でした

Image_20200525164301

| 23:49 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー