2019年07月30日

美しいものを見ると・・・・

僕は美しいものを見ると測りたくなるんだ。君は美しいものを見て測りたいとは思わんのかね。変わったやつだ! 帝国大学随一の数学の天才と呼ばれた男は芸妓遊びで胸のサイズを測りまくり、戦艦の寸法を隅から隅まで仔細に測って回る・・・・・・しかしこの男は財閥令嬢の家庭教師をクビになったばかり。軍隊は何よりも好かんという

山崎貴監督の描く戦艦大和の映画「アルキメデスの大戦」はもちろん大和が登場するストーリーですが決してミリタリー・オタク向けの映画じゃありません。 柄本佑&菅田将暉が演じる若者が日米開戦を前に軍事力強化の道をまっしぐらに進む海軍首脳部のでっち上げた格安の巨大艦見積もり計算の嘘を暴いていくというフィクション(原作:三田 紀)です。

舘ひろし、橋爪功、國村隼ほかベテラン勢が演じる守旧派対急進派の対立、メンツにこだわる権力闘争、戦前の日本も今とそうは変わっていない構図の中で、数学という武器だけを頼りに真相を究明し、日本が進もうとしている誤った道を逸らそうとしていく。柄本&菅田コンビの臆しない熱演が見事です。大和にも菅田にも興味な~い女性にも是非見て欲しいところです。小林克也、窪田等ら大御所に加えて小日向文世、笑福亭鶴瓶といった常連もいい味出しています。結果は分かっていても、そんな山崎監督の脚本がスリリングで迫力ものです。

さて、海軍新造艦予算決定会議までの僅かな日数で、図面も工期も価格表もない極秘の巨大艦の建造費をどうやって割り出そうというのか?推理モノやサスペンスっぽいタッチもドラマを盛り上げてくれます。

P1210986

勿論フルCGで描かれた戦艦ヤマトのリアルさも特筆もの。何度も描かれた壮絶な大和最後の瞬間、爆沈シーンをここまでリアルに描いた作品はもちろん本邦初、敵国の雷撃機もモデリングから忠実に再現されています。竣工当時の軽艤装時代の姿も魅せてくれるので、大和ファンなら何度も劇場に足を運ばざるを得ません・・・

| 18:23 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー