2018年01月27日

ミステリー のち LOVE

地下鉄に乗れば必ず目にする石原さとみ、とよく似た名前と髪型の長澤まさみはとても紛らわしい?けどどちらもチャーミングで期待の女優さんたち、好みのタイプです。

カンヌ出品作「海街diary」で綾瀬はるかや広瀬すずの姉妹を演じたのが東宝シンデレラ出身の長澤まさみの方で、東宝が総力を傾けたシンゴジラに登場したのはAEON仕込みの英語を生かした石原さとみの方だったのが悔しいところ......かどうかはともかく、今度は主演映画でタップリと長澤まさみの美貌を堪能出来ることになりました。

5年も暮らしたカレが突然寝たきりに、その素性がわからなくなり手掛かりを求めて舞台は横浜から瀬戸内へ移動、しまなみ海道を旅するロードムービーでもありました。今治からフェリーで大三島に渡り黒木瞳の居酒屋に転がりこんで......
セカチューの高橋一生、吉田鋼太郎や主題歌の松たか子、音楽の富貴 晴美(マッサン、西郷どん)ら実力派がしっかり脇を固めています。
そして、旅のお供は薄緑色の初代フィアットパンダ。80年代なスタイルがまた今見るととっても新鮮ですが、最後まで無傷だったのはホッとします。

ラストでは切ない涙を流し、独り語りの長い芝居が出来るのはやっぱり長澤まさみのほう。映画女優で成功するには泣き顔の美しさも重要です。
石原さとみの溶ろけそうな笑顔も魅力ですが地下鉄で毎日長澤まさみの顔が拝めたらもっと幸せな気持ちになれるのかも...

| 23:40 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー