2017年07月14日

dora

DSCF3016.JPG
彼らの季節がやってきた!

この顔を見ると暑いのも当然、という感じがしてきますね
今年もヒルズの周辺には、テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り のアトラクションが用意されるほか、新車の展示も盛りだくさん

カフェス・ペースには少年ジャンプとコラボしたホンダ・フィットのカフェが登場!
DSCF3017.JPG

去年と同じ場所には日産のセレナに続くオート・パイロット装備車種、エクストレイルほかが増えています。
更に、今年はスバルも参加、こちらもアイ・サイト最新バージョンをはじめ先進機能満載です。(バナナリパブリックの前)
DSCF3021.JPG

進化したツーリング・アシスト機能は名前こそ違えど日産のオートパイロット機能とほぼ同じ水準。低速走行でも前の車に追随し、同じ車線内を走るハンドル操作をクルマが代わってくれます。

実際にお試しするのは公道上で別の機会に・・・・・・会場では最新モードのスタイリングをじっくりと鑑賞してみるとしますか

| 13:35 | コメント(2) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

レヴォーグってホント、カッコいいですよね。普通にカッコイイ。奇をてらわないカッコよさというのか。ステーションワゴンでカッコいいと感じたのは、これとホンダの8代目アコード(アコードツアラー)くらい。
エクストレイルはクルマとしては決して悪くはないけど、確かクルコンが追従しないんですよね。惜しいっ!

投稿者 JT : 2017年7月15日 08:53

レヴォーグ;本来ならレガシィを名乗ってもおかしくない車ですが中身はインプレッサのストレッチ版ワゴン、ノーズはWRXと共通です。新しいインプが評判の足回りを持っているので次世代レヴォーグに期待大です。で、本家のレガシィはアメリカ向けに大型化してしまい、日本で買えるのはアウトバック仕様だけ。インプレッサ一族ではシートを畳んだ時の荷室に段差が残ってしまい、現行レガシィは辛うじて平らになりますが水平にはなりません。・・・・旧レガシィ・オーナーとしては後継車選びに悩まされるところです。
やはり次世代のレヴォーグがどうなっているか?期待が膨らみます。

投稿者 吉田雅彦 : 2017年7月16日 00:37

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー