2014年07月20日

フィルム全盛期の時代

 昔は7月最初の日曜日と云えば都内の大型プール施設でオープン前に催される水着モデル写真撮影会が人気の的でした。大手カメラ量販店の主催で、入場するだけでカラーフィルム三〜四本をもらえるばかりか、十数人のモデルさんは全員撮り放題。持参のフィルムを何十本も消費するカメラマンも少なからず・・・、デジタルが主流になる前のつい一昔前までの光景でした。

 さて、はなし替わって最近駅で見かける縦長のモニター広告。DSCF9290.jpg昔っから動画は横長画面で見るもの、と思っていただけに、最近のたて位置動画のブームには面食らいます。

 まだ新入社員だった頃TVのスチール写真撮影用にカメラを託され、パンダを撮りに赴きました。が、大半の写真をタテ位置で撮影し「お前、テレビの画面はタテ・ヨコどっちが長いんだ?」と大目玉を食らった記憶があります。

 今どきの若者は携帯やスマホで動画を撮るのが普通で、タテ位置の動画にも動じないんでしょうね?youtubeにもそのうちタテ位置が選べる時代が来るのかも知れません。

| 23:08 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー