2013年12月14日

今夜は流星

 地上の夜を鮮やかに彩るライトアップは全てが人の手になる人工の灯りですが、今宵14日には流星群が見られるかもしれません、
DSC05680.jpg月明かりが強くて、条件的に恵まれているとは云えませんが、お天気さえ良ければ幾つかの流れ星は見えるかもしれません。

 天空に目を向けてみると、みなみの空高く輝いているはずの木星と、その上に2つ並んだふたご座の弟の頭にあたる1等星=ボルックスと、兄の頭に当たる恒星=カストルが見つかります
 このあたりを放射点として、流星はあらゆる方向に飛んでゆくので、なるべく月とは違う角度の空を眺めてみると良いでしょう。
 明るいといわれる東京の空だって、普段よ〜く見ていると流星が観測出来るはず。生まれて初めて観た流れ星も都内で発見したものでした。2001年に見た獅子座流星群(11月)はこれまで見た中での最大級の火球を新宿の空の下で見ることができています。今月は彗星の観察こそ叶いませんでしたが、日ごと夜は長〜く延びています。冬至までは・・・・
 そういえば、このあと数時間で中国が月面に無人機を着陸させます。Dscf8109
着陸が成功すれば、昔のソビエト、アメリカに次ぎ世界で3カ国目。搭載している探査車「玉兎号」を降ろして、さまざまな観測を実施するのは、アメリカのアポロ計画以来40年ぶりとなります。成功すれば・・・・ですが

| 17:29 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー