2013年12月15日

ろうがんず作品展最終日

%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9C%E6%A9%9F%EF%BC%92%EF%BC%91.jpg

横浜・人形の家で開催中の「ろうがんず作品展」も
いよいよ本日が最終日となりました。

連日、沢山の方々にお出でいただき、プラモデルの
楽しさを再認識していただけたことと思います。

本日は午後3時に終了し、そのあと後片付けとなります。

%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9C%E6%A9%9F%EF%BC%92%EF%BC%92.jpg

今回のテーマは「光れプラモデル」、作品に電飾を施し、
一味違ったプラモデルの魅力をご紹介しようというものです。

%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9C%E6%A9%9F%EF%BC%92%EF%BC%93.jpg

ランディングライトを光らせたボーイング747-400政府専用機
です。

今回のテーマは、石坂会長の鶴の一声で決まったもので、
最初は正直戸惑いもありましたが、作ってみると意外なことに
結構楽しめることが分かりました。

特に組み込んだLEDライトを初めて試験点灯した時の感動は
素晴らしく童心に返ったような気持ちになりました。

プラモに食傷気味の方は一度、挑戦されてみてはいかがでしょうか。

さて、今年もららぽーと横浜のビーズホビー展示会に始まり、
5月の静岡ホビーショー、夏の山梨市プラモ展示会、
タミヤモデラーズギャラリー、そして今回のろうがんず作品展と
ビッグイベントが続き、充実したホビーライフとなりました。

製作した作品もダグラスF4Dスカイレイ、ボーイング787(2機)、
ボーイング747-400政府専用機、ミグ19ファーマーと5機に
及び、これまでの模型人生の中で最も多くの作品を製作したん
ではないでしょうか。

「ろうがんず」の会員になる前は、新キットを購入してもほとんど
作らず、もっぱらツンドクならぬツンドクダケで押入れの肥やしと
なっていましたが、お蔭様でようやく一人前のモデラーになれた
ような気がします。

来年はどのようなキットを作ろうかと思いを巡らす昨今ですが、
世の中は、「風立ちぬ」や「永遠の0」の影響で零戦が異常な
ブームとなっています。
これまで何度となく作ってきた零戦を、もう一度しっかり作って
見ようかと思う気持ちもあり、あるいはこれまであまり挑戦した
ことのない第一次大戦機(複葉機)にも挑戦してみたい気持ちも
あり、ここ当分は贅沢な悩みが続きそうです。

| 10:14 | コメント(0) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー