2013年06月23日

懐かしのミニジェットシリーズ

%EF%BC%AD%EF%BC%A9%EF%BC%A7%EF%BC%91%EF%BC%99.jpg

7月25日から池袋の東武百貨店で開催される
恒例の「タミヤモデラーズギャラリー」では、
今年も「ろうがんず」の展示コーナーが設けられる
ことになりました。

今年の目玉は「タミヤ・ミニジェットシリーズ」の
コンプリート展です。

その名のとおり、1968年4月から発売が開始された
タミヤのミニジェットシリーズの全てをお見せすることに
なりました。

ミニジェットシリーズは、全て100分の1のスケールで
シリーズNO1のMIG-19からNO28のF-4EJ
ファントムまで発売されましたが、1980年代に全て
発売中止となっています。

ところがその後、2004年からは装いも新たにコンバット
プレーンシルーズとして再スタートし、10機種が現在も
発売されています。

私の担当は、シリーズ巻頭を飾るソビエトのMIG-19
ファーマー戦闘機です。

MIG-19は、ソビエト初の超音速戦闘機で、大きく
後ろに後退した主翼が特徴的です。
ちなみに世界初の実用超音速戦闘機は、アメリカの
ノースアメリカンF-100スーパーセイバーです。

写真は、下塗りの黒をスプレーして乾燥中のMIG-19
です。

このミニジェット・コンプリート展は、「ろうがんず」の松井
会員が企画したもので、実家のプラモ・ストックルームに
保管されていた大量のミニジェットシリーズを惜し気もなく
提供され、全ての会員が1機または複数製作して一堂に
展示しようというものです。

シリーズの全てを製作した方は大勢いらっしゃるでしょうが、
ろうがんずの会員がそれぞれの個性でキットを製作し展示
するのは初の試みです。

45年も前に発売されたプラモデルが、現在でも立派に
製作出来るといったプラモデルならではの楽しみ方を、
是非、多くの方に知っていただき、モノを作ることの大切さ
も同時に再確認していただけたら、「ろうがんず」会員一同
これに勝る喜びはありません。

7月25日から30日まで、池袋・東武百貨店で開催される
「タミヤモデラーズギャラリー」をどうぞお楽しみに!


| 08:51 | コメント(5) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、おはようございます。
黒塗りの下地、初めて拝見しました・・・
確かに、45年前に発売されたものが、現在も変わらず組み立て完成させる事が出来るのも、プラモデルの魅力、ですね!!

投稿者 ちなみん : 2013年6月23日 10:42

田中さん こんにちは タミヤ1/100シリーズ 懐かしいですね 自分も作ってました Mig21、F-104… 以後のプラモ人生の原点かもしれません 今の技術であのシリーズを作ったらどうなるのか…と思います
これからの銀塗装頑張って下さい

投稿者 Tetzz : 2013年6月24日 18:03

ちなみんさん、ありがとうございました。
黒を下地に塗るのは銀色の発色を良くするためで、中にはパネルラインごとに黒やグレーを使って変化を表現する方もいます。
その手法も人それぞれ、だからプラモは面白いのです。

投稿者 ホヅミ : 2013年6月25日 22:08

Tetzzさん、ありがとうございます。
かつて、日本国内では飛行機模型のスケールは50分の1と
100分の1が主流でしたが、いつしか海外スケールの48分の1や72分の1が一般的となりました。
そんな中で、コレクションに手頃な100分の1のスケールで
統一キットを出すあたり、さすがは世界のタミヤだと思います。
一部のキットは現在でも入手可能ですので、是非、またお作りになってみてはいかがでしょうか。

投稿者 ホヅミ : 2013年6月25日 22:16

田中さん こんにちは 当時 子供が パカパカ組み立てて ブーン キィーン と遊ぶにはちょうど良いサイズだったんでしょうね 今でもたまにやっちゃいますが(笑) 小遣い貯めて購入したB-52は まだ未組立のままタンスの肥やしになってます モデラーズギャラリー 楽しみしてます

投稿者 Tetzz : 2013年6月26日 16:20

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー