2010年10月03日

MRJの製造が始まりました!

%B2%E8%C1%FC01.jpg

開発が進められている次世代のリージョナルジェット、
三菱のMRJの製造がこのほど開始されました。

三菱航空機からの受注を受けて三菱重工が
このほど製造に着手したもので、最初に手掛けた
のは、水平尾翼の骨格を構成するアルミ材の
切削です。

真ん中に穴が開いているのは、航空機の部品に
よく見られる重量軽減のための肉抜きです。

強度を保ちながら重量を軽減する肉抜きは、主に
主翼のリブなどに見られますが、機体の各部に
このような工夫が見られます。

今回の部品の製造開始は、三菱航空機がこれまで
取り組んできたMRJの開発段階が細部の設計から
製造段階に移行したことを示すもので、これにより
各部位を担当するパートナー企業も今後、順次、
製造を開始することになります。

MRJは、世界最高レベルの運航経済性と客室快適性
を兼ね備えた70から90席クラスの次世代リージョナル
ジェットで、これまでにオプションを含めて全日空から
25機の受注があったのをはじめ、アメリカのトランス・
ステイツ航空から100機の覚書の締結が結ばれて
います。

同じクラスのリージョナルジェットに比べ、大幅な低燃費と
騒音、排出ガスの削減が特徴となっており、今後の受注に
期待が掛ります。

今回の部品の製造開始で、三菱航空機では2012年の
初飛行を目指して本格的な製造段階を迎えることに
なります。

| 11:31 | コメント(5) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
三菱のMRJ、いよいよ本格的製造に入ったのですね!!
「肉抜き」、の技術は初めてお伺いしましたが、軽量化を図りながらも、堅牢な機体・部品製造には欠かせない技術なのですね!!
これから日本国内初製造であるにもかかわらず、全日空から25機の受注が早速入り、トランス・ステイツ航空はその4倍・100機の覚書をすでに締結済み・・・
今回の三菱のMRJ製造への期待がいかに高いか、の表れですよね!!(機体製造、だけに)

投稿者 ちなみん : 2010年10月 3日 20:28

「日本の空の旅は日本の飛行機で!」なんて変てこなキャッチフレーズはいらないか?(笑)
YS11以来の国産旅客機、再び空へ!やっと造り始めましたね。
2次大戦敗戦でアメリカに航空製造技術を剥奪され70年以上、ここに来て自力で世界と肩を並べる航空機が復活。
仏エアバス・米ボーイング・加ボンバルディア・露スポル?と肩を並べる航空機製造の一員になれるでしょうか。
遅かれ日本も両足を踏み込みました、三菱踏ん張れ!

投稿者 小人部隊一号 : 2010年10月 4日 10:35

ちなみんさん、ありがとうございます。
旅客機の販売は、引渡し後のアフターケアの満足度で差がついてしまいます。
今回三菱は、YS-11の失敗を教訓に海外企業と提携を行うなど万全の態勢で望んでいます。
国産初のジェット旅客機に悲観的な見方もありますが、
私は国民が一丸となってこのプロジェクトを応援し後押しすべきだと思っています。

投稿者 ホヅミ : 2010年10月 4日 13:31

小人部隊一号さん、ありがとうございます。
MRJの前に立ちはだかるのは、カナダのボンバルディア、ブラジルのエンブラエル、そして、新参中国のARJ21とロシアのスホーイ・スーパージェット100、
いずれ劣らぬ強豪ばかりです。
日本の圧倒的な最先端技術開発力を恐れるあまり、世界中の航空機メーカーがスクラムを組んで対抗するなんてこともひょっとしたらあるかも知れません。
どのような状況になろうとも日本は技術力で立ち向かう以外にはありません。
そのためには、優秀な技術者を次々と輩出させる環境というものを整えることが大切です。
これこそ国が行うべき施策ではないでしょうか。

投稿者 ホヅミ : 2010年10月 4日 13:47

中国の成長振りを見るにつけ、あの国でセールスに
成功するかどうかが、成功の鍵を握るのではないかと
思ってしまいます。地方空港が整備されたら
いくら機材があっても足りない、時代が来るでしょうね
それとも中国元の切り上げで経済成長がストップするか
同じレールの上を各国の新幹線車両を走らせて
品定めしているしたたかな中国の戦略もちょっと
気になるところです。

投稿者 吉田雅彦 : 2010年10月 8日 23:33

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー