2010年01月22日

今年のオートサロン

今週は久しぶりに『オートサロン』へ行ってきました。
本当に久しぶり。何年ぶりだろう・・・。

エンジン眺めてゾクゾクする:S20は今見ても最高です!P1020627
CG69-04で表紙を飾っただけのことはあります!!


文字通りホワイトボディのKPGC110には197台だけに刻まれたプレスとカットが
P1020623正月の風物詩、今年も盛況下で閉幕したオートサロン
入場者数は昨年を上回り,日曜日一日だけで10万人オーバーの盛況ぶり
メーカー主導のモーターショーもうらやむ人気です。
懐かしい眺めはL20+ツインキャブP1020625
直6も今や過去の栄光に

インパネには新しい革袋(R-33用か?)P1020626
Zのインパネはひび割れが大敵でしたっけ

ふと気がつくとここまでFRばっかり採り上げてる・・・

一見するとヨーロッパで好評のトヨタ最小サイズ、FFのアイゴ実はFRの隠れ狼P1020609
FT86よりもこっち、売ってくれないかなあ

開発ストーリーはこちら

韓国ヒョンデ(現代)から出展されたFRクーペ,エンジンルームの眺めはこうでなくちゃ!
P1020616韓国内でも2ドアクーペを見かけることはごく稀なこと.
国産では2リッターで唯一ロードスターがあるも,クーペは不在.世界で唯一2LFRクーペと謳っていました。P1020614

ルーフはカーボン,P1020633


それだけでも気分上々
さりげないドレスアップがオシャレ
これだったらCクラスでもカジュアルに乗れる♡

| 10:12 | コメント(4) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

この場で一応すみませーん (掲示板) / ぇー これはあぁ 吉本 吉田さんもーぉ よくーぅ ・・コメントォ んー 返信? ・・互い出しあっているサイトです。 よく出しあっているサイトオォ ・・はこちら → ・・「F1-Gate.com」 です。 吉本見ました。 吉田さんももーうご存知とおぉ ・・しかし吉本からもーぉ 一応 / っとゆう事でぇ 吉本 ココへ~っ! ・・出して置きます。 / まず今日の題名 ・・バレンティーノ・ロッシーィ、 フェラーリーィ でのF1テストを~ 完了 (・・ん~っ!? バリチェロがウィリアムズゥ 移籍!? ・・記事があるぅ ・・・本当ですか?吉田さーん ・・そしてーぇ 情報? 入ってますぅ~) ・・ペドロ・デ・ラ・ロサアァ (Q&A:)ザウバー加入 (についてーぇ) ・・これはかなり~ デカイ情報 / 21日昨日 = フェラーリ、 2010年 ・・F1マシンのカラーリング~ 画像がぁ流出? / 20日 = ミハエル・シューマッハ、ァ カーナンバー3を要求 ・・可夢偉のチームメイトはーぁ デ・ラ・ロサに決定 (へぇ~) / 19日 = メルセデス会長、 シュー弟のーぉ リザーブ起用を否定 (かなりいっ! デカイ) / 18日 = ニコ・ロズベルグゥ 「シューマッハが契約する前にいぃ 移籍は決まっていた」 (かなりデカイ) ・・ジャンカルロ・フィジケラ、ァ ザウバーの最有力候補に~ 浮上 ・・ヤルノ・トゥルーリィ 「ザウバーとも~交渉していたあぁ」 ・・その他 等々でした。 ・・去年の12月 ぇー 30日 ・・「王者のおねだり」 ありましたねぇ ・・今調査した為 んー 今で!もぉ ある訳なんですがぁ 吉本のコメントオォ なかなか出ないものでえぇ んー 出なかった為 ココへとおぉ ・・以上。 ・・すみませーん(会釈) │ さてこちらの題名はあぁ ・・「今年の~ オートサロン」? ですかあぁ (このブログゥ 二つで一つぅ にしているものでぇ微笑 あっ 失礼 ・・吉田さんだけではーぁ) ・・! これは~ 日産のロゴですね~っ! 有名ですからねーぇ ・・日産 │ 以前吉本もーぉ 街中あるいはーぁ ぇー テレビでも見た事ある様な~ です。 (テレビ東京系?はあぁ ガイヤの夜明け~ だったかなぁ 考・・・ ぇー 火曜日 TBS系ですぅ) ・・あっ 戻りますがあぁ 失礼 ぇー 2番目の写真? ・・ボディーの方ですかぁ ・・個人的には~ ん!ー 天井がもうちょっと~ 高ければとおぉ ぇー こう思っているんですがぁ でもこうゆう作りぃ である以上? いた仕方なーぃ ・・吉本は以前 乗車する寸前? 頭をぶつける事がしばしぃ たまーにです。 尚助手席です。 後部席はぶつけないのにぃ 何故・・・ ちなみに吉本(現・34) 身長 ・・わざわざですがぁ 180センチです。 ・・んー ぶつける位ですんでえぇ もうちょっ!とぉ ・・でもーぉ ボディーもしっかりしている!ともぉ 思ってますんでぇ ・・当然? ・・悪くはないです。 ・・正直 吉本 ・・・ワゴン派です。 ・・【carview】 新車・中古車の情報・自動車の総合サイトっと言うぅ サイトオォ あるんですがあぁ 勿論? お気に入りサイトー 入れてます。 時間があった際? 見たりとおぉ ・・んーっ! 続きを読むを発見 ・・・あーぁ ・・なるほどーぉ 設備は良いですねぇ ・・(母の義理の!姉) - コレを元にぃ おばの息子 んー 吉本より約10才上 その義理の兄貴 があぁ んー 吉本がまだ小4、6年のぉ 幼い頃 よくーぅ 「ドライブ」を誘ってもらったのを覚えていますねぇ ・・上記通りいぃ 甥っ子の兄貴もーぉ 実は~っ この様な車 です。 ・・最後に写っているこの車 ぇー(考) ・・・どうやらぁ 甥っ子兄貴の車にぃ 近いですねぇ ・・紹介された~ 全! 写真の中からで言うならですよ~っ! エンジン音も違ってましたしぃ ・・普通とお ・・バイクの様な~ 音でしたねぇ ・・ん~? 最後にぃ ちょいといいですか~ ・・4番目の車体 何かぁ 吉本 ・・世代を感じましたがぁ ・・結構古い車体でしょうねぇ ・・・返信宜しくです お待ちしてます ・・ではでは(会釈)

投稿者 吉本確認マシーン : 2010年1月22日 17:48

Zですか・・・乗ってみたいです。
家のちかく、最近いってないんですが240Zのレストアなどをしているショップがあってそこに5台はありましたよ。

小学生のころ見たら50万以下で売っていたのであれ欲しいなと思ったことがあります。

投稿者 ピー : 2010年1月23日 11:20

写真四列目は初代フェアレディZ、S30系
Zは車高1300mmを切る低さですが
その大半は北米などに輸出され、大男たちも
コクピットに納まったはずです。秘密は
輸出用にあけられた複数のシートポジション穴で
ナットを外し、シートをこちらにセットすれば
184cmの私だって、ちゃんと運転できました。
モデルチェンジ後も生存率はきわめて高く
Rと並んで大切に扱われた車両が多いような
気がします。パワステなしのあの重いハンドルは
いまどきの草食系クンには辛いかもしれませんが


2列目はケンメリことKPGC110
スカイラインGT-Rとしては二代目のモデル
こんな風に窓のちっちゃいクーペを,当時
「有り難い!」と重宝したお兄ちゃんたちが
沢山いたはずですよってに。後席からは
外見えないし・・・ってコトは外からも・・・


で、GT-RもZもともに同じ年のデビュー
67~69年にかけてはトヨタからあの
2000GT,が.いすゞは117クーペ
マツダからコスモスポーツ、と
今もファン垂涎の的となる歴史的名車が
続々デビューしています。

三列目のL20系は数多くの日産2リッターに
使われたもの。ツインキャブはその最強版
でした。
今でも古いマーク�やチェイサーで
六気筒の快音を残して走り去る車を見ると
いつまでも達者でな~と声をかけたくなります。

ちょっと前なら90年ころのBNR32や
NSX、NA6C、SW-22、S13系
デビューのころと似ているかもしれませんね。
不況知らずで毎年のように販売が伸びていった
昭和四十年代の自動車少年は、いまどきの
クルマ好きに比べてはるかに幸せな時代をすごした
といってもいいでしょう。

投稿者 吉田雅彦 : 2010年1月23日 17:04

吉田さん、お疲れさまです。
大変遅くなりました…
今回は、S20のエンジンのスタイリッシュさ、重厚さ、こちらに尽きますね!!

投稿者 ちなみん : 2010年1月24日 17:12

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2021年 4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バックナンバー

カテゴリー