2009年12月07日

普天間問題~その2

普天間飛行場の移設問題で、鳩山総理は
近くアメリカ側に提示する日本政府の方針を
固める考えを明らかにしました。

移転をめぐる日米の関係がのっぴきならない
状況にあると判断したようです。

普天間飛行場の移設問題をめぐっては、
関西国際空港の滑走路を訓練施設として
提供する案が浮上していますが、これについて
国民新党のある議員は、次のように説明しています。

関西国際空港を訓練施設として利用するのは、
沖縄の嘉手納基地に所属する空軍機で、
その空いた分に普天間の海兵隊施設を移して
普天間を返還させるというものです。
(普天間飛行場の施設を嘉手納に移すことに
地元は反対しています)

関西空港を爆撃訓練の対象施設として使おうと
いうんでしょうか。
むろんそうではないでしょうが、嘉手納基地所属の
空軍機が関空で訓練をするとなると、ミサイルや
爆弾の貯蔵施設が必要となります。
それはどうするのでしょうか。

まさか、関空での訓練は航空機の単なる離着陸
訓練を想定しているわけではないでしょう。

民間航空のパイロットではあるまいし、関空の
滑走路を利用して単なる離着陸訓練をしても
何の意味もないことはお分かりいただけると
思いますが・・・・・

嘉手納基地に所属する空軍機は、常に実戦配備に
就いています。
常時即応体制が戦術の基本であることはいうまでも
ありません。

空軍機と基地施設は常に一体で、機体だけ切り離して
関空で訓練をさせようとしてもアメリカ側の合意が
得られるはずはないことは明白です。

沖縄の人々に期待を抱かせては失望させる行為は、
絶対に避けなければならないことです。

日本の安全保障をどう捉え、どのような形が望ましいと
考えているのか、そうした論議の中にこの問題の
解決策が含まれていると思います。

まずは連立政権内部の意思統一を図ること、これが
先決ではないでしょうか。

それを国民がどう判断するかは、また別の話ですが・・・・

| 13:55 | コメント(1) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。

今朝、別所さんの番組、及び田中さん&天谷さんのニュースを拝聴しながら、この問題、ニュースでも見ていました。

自分は、岡田外務大臣の疲れた表情が印象に残りました・・・(まさに「板挟み」、でしょうか・・・)

毎回、航空機事業に関しては、パッとニュースを聴いただけでは理解しがたい背景・要因・動機などが非常に多いです。

ですが、航空機全般をこよなく愛してらっしゃる田中さんの解説をお伺いすると納得、自分の見解も出来ます。
いつもありがとうございます!!
この点でも、田中さんのブログを楽しみにしております!!

やはり、党全体、与党全体の意見を出し合って議論を戦わせ、方向・意思統一をして、まずそこを固めてもらいたいです!!

投稿者 ちなみん : 2009年12月 7日 14:26

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2022年 5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー

カテゴリー