2009年07月26日

私のラジオデイズ81

国会の話をもうしばらくご紹介していきましょう。

衆議院が解散され、衆議院選挙は8月18日公示、
8月30日投票が決まりました。

衆議院が解散されると40日以内に総選挙を行う
ことになっているので、史上最も長い選挙戦が
繰り広げられることになります。

勿論、正式な選挙運動は8月18日の公示日から
しか出来ませんが、事実上の選挙戦に突入した
と言ってもいいでしょう。

この間、国会民放クラブはしばらく休業状態となり、
クラブに所属する記者たちは、クラブを離れて
選挙の取材で大忙しとなります。

主に、各政党に出入りして選挙戦に臨む体制固めを
取材したり、注目議員の動向を取材したりと、
各社独自の視点で選挙戦取材に奔走します。

一日の取材を終えてクラブに戻ると、夕方のニュース
番組用の原稿の仕上げに入ります。
各社の取材力がこの時に発揮されるわけです。

昔は、独自に入手した情報を他社に漏らさず、
スクープとして他社を出し抜くといったことが
よく行われていたようですが、情報ツールが進化した
現在ではあまりこのようなことはなくなりました。

むしろ、共通の情報はお互いに出しあって情報の
共有化を図り、その末端の部分で独自に味付けを
したり、他社に知られていない情報を付け加えると
いった工夫をしているようです。

勿論、ニュース報道の独自性が失われない程度に
行わなければならないのは当然ですが・・・・・

スクープで怖いのはガセネタをつかまされる事です。
情報が確かなものであるという裏付がないとめったに
手は出せません。

政治の場でもこれで失敗し、政治生命を絶たれた
議員がいたのは周知の通りです。

溢れる情報の中から今伝えるべき情報は何かを
判断し、その情報の信憑性を精査し、確実な情報
だけを伝える・・・・
単純なようですが、この非常に重要な作業を通じて
ニュースの信頼性が保たれているのです。

さて、選挙期間中、国会民放クラブは休業状態でも
幹事社にとっては大変な負担が待っています。

次回は、この幹事社の悲喜交々のエピソードを
ご紹介しましょう。

| 09:05 | コメント(2) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、おはようございます!!
ニュースの信頼性・・・常に念頭にあります。
以前お話したのですが、自分のニュースソースは、現在7割方J-WAVEです。
3年前、網膜剥離を発症して、3か月休職した際、最後の力を振り絞って一旦帰阪後も再度見舞いに来てくれた母と話し、テレビは2番組に絞り、1年半はJ-WAVEのニュースのみで情報を得ました(田中さん、おとといはあいにくのお天気でしたが、計画通り、たまプラーザを通過して、母・妹のお墓参りに行って来ました!!←ちょうどお墓参り中13:52・東海林さんのトラフィックは、お墓掃除をしながら、傘を片手に聴けました)
去年3月よりは、NHKを皮切りに、朝のニュースは3局梯子するようになり、昼はバラエティーを観るようになりました。
直近で、某局管理職アナの不祥事を、皆さんの口からお伺いした時、正直ショックでした・・・
自分は、某アナと同い年、好感も持っていましたし、同年代は無条件に応援したい自分は、非常に残念に思っています。
最近は、この事件以前も、某局は、ニュースだけは見ていなかったのですが、今後、当面は見る事はないでしょう・・・
潔癖症過ぎるのかもしれませんが、こう云う企業イメージを重視しています。
もちろん、個人の資質で、全体論でないのは充分解っているのですが・・・
これまた直近で、某メガバンクの顧客情報流出がありましたが、こちらが父のメインバンク、自分のメインバンクも、数年前、やはり顧客情報流出問題がありました。

今は、スクープよりも、どの報道局もほぼ同じニュースソース、自分は、今後も、信頼の置けるJ-WAVEのニュース・番組をメインに聴き続けます!!

投稿者 ちなみん : 2009年7月26日 10:40

ちなみんさん、ありがとうございます。
ニュースの現場では、仕事に携わる多くのスタッフが
ニュースの信頼性を確立するために努力していると
思います。
J-WAVEの場合は、ニュースルームのデスクであり
アナウンサーであります。
これからも正確で分かりやすいニュースをお届けするためにスタッフ一同努力を続けてまいりますので、よろしくお願いいたします。

投稿者 ホヅミ : 2009年7月27日 12:19

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バックナンバー

カテゴリー