2008年09月07日

圧倒的な空戦絵巻

後れ馳せながら、「スカイ・クロラ」観て来ました。
惜しくもベネチア国際映画祭での賞は
なりませんでしたが、いや!その空中戦の
迫力あること・・・・・

IMGP4971.JPG

で、何で「震電」が出てくるの?
と思われるでしょうが、そう、映画に登場する
主人公の函南優一の搭乗機が、この「震電」に
そっくりなんです。
と言うより、「震電」をモデルにしたと思われる
戦闘機なんです。

写真の「震電」はだいぶ前に作ったハセガワの
72分の1のプラモデルです。

ご覧頂くとお分かりのように、この「震電」は
かなりユニークな形態をしています。

機体形状は、専門用語では「前翼型」、あるいは
「先尾翼」と呼ばれるもので、普通の飛行機とは
異なり、機体の後部にプロペラがあり、機首部分には
機体を安定させるための小翼が取り付けられています。

つまり、プロペラが付いていない胴体が細くなっている
ほうが機首にあたり、進行方向は当然こちらになります。

この「震電」は太平洋戦争末期、日本海軍が開発していた
単座の試作戦闘機で、九州飛行機海軍航空技術廠が
開発を担当しました。

試験飛行まで漕ぎ付けたんですが、3回ほど試験飛行を
行った段階で終戦を迎えてしまい、実戦には間に合いません
でした。

現在、現存するたった1機の解体部分がアメリカの
スミソニアン博物館の収蔵庫に眠っています。
昨今、零戦や隼の復元機がアメリカの空を飛行していますが、
この「震電」の復元の予定は今のところないようです。

さて、映画の「震電」、いや、映画の中では「散香」という
名前で登場するこの先尾翼機は、なかなかよく出来ていて
迫力満点です。

一方の敵機に当るティーチャーが搭乗する「スカイリィ」は、
これはまた何と表現したらいいのか、つまり、フォッケウルフや
メッサーシュミット、P51ムスタング、F4Uコルセアといった
これも第2次大戦中のドイツ、アメリカ(イギリスの
スピットファイアーも入っていたかな?)の戦闘機の特徴的な
デザインを取り入れたような国際色溢れる戦闘機でした。

と、そんな所ばかり目に付いて、肝心の作品の内容のほうは
あまり印象に残っていません。ご免なさい!

それにしても、函南の同僚のパイロット、土岐野尚史の声を
担当した谷原章介さんの美声には感動しました。
なんと素晴らしいサウンドなのでしょうか・・・・・・

| 12:00 | コメント(4) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

こんにちわ
ご覧になったんですね。
押井さんの作品ですから、軍事装備関係の描写の細かさはこだわりすぎ!(笑)かも知れません。
メインの登場人物がリアルの役者さんが声を当てていたせいか、声の力が弱かったんですが、谷原さんだけは本当にいい声でベテランの声優さんにも負けていないと思いました。
一般受けはしないですが、押井作品は好きです。

投稿者 PAKU : 2008年9月 7日 11:28

田中さん、再び失礼します。
なるほど、今回、田中さんとしましては、飛行機と声に耳目が行き、細部はあまり記憶に残らなかったのですね…
非常によく分かります(笑)
自分も、皆さんのニュースを理解する為に、何度も聴き直す事はしょっちゅうです(苦笑)
せっかく留守録して聴いているのですから、ただ素通りはもったいないですよね!!
もう1点は、声に惹かれる点です!
自分も、皆さんのお声に惹かれっ放しです…

投稿者 ちなみん : 2008年9月 7日 14:08

飛行機はなんといっても、レシプロ!
ですよね。

投稿者 隼人 : 2008年9月 7日 23:12

PAKUさん、ちなみんさん、隼人さん、
ありがとうございます。
戦争描写である空中戦の映像を賛美するのは、いささか
気が引けますが、誤解を覚悟であえて申し上げますと、
ハワード・ヒューズの「地獄の天使」を初めて見た時の
興奮と感動を覚えました。
映像もさることながら、パイロットの息遣いも伝わる
音声効果の見事さも印象的でした。

投稿者 ホヅミ : 2008年9月 8日 10:43

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バックナンバー

カテゴリー