2008年07月06日

私のラジオデイズ36

初めて一人だけの泊まり勤務についた翌朝、
午前4時半前に番組開始テーマとコールサインを
放送し、午前4時半から朝の通信教育講座の
1本目の番組をスタートさせます。

2時間の通信教育講座が終わると午前6時半から
通常の番組が始まります。
(あるいは6時スタートだったかも知れません)
これも無事送出できました。

そして、とんでもない出来事はこの後、起きました。

泊まり明け勤務は、通常、番組の送出を行なったあと、
ニュース本番の1時間前にはニュースルームに入り、
その時間までに入っているニュースの中から、
次のニュースに放送する項目をチェックし、
トップニュースをどれにするか、2番目にどのニュースを
持ってくるかなど、いわゆるニュース編成を行ないます。

この日は、番組送出の合間を縫って、先輩アナが出社するまで
一応、私なりのニュース編成を組んでおきました。
ところが、出社時間の6時を過ぎても先輩アナはやって来ません。

電話をしても音沙汰なし、(当時は携帯電話など存在しませんから
一般加入電話です)
そうこうしている内に、本番のニュース時間が近づいてきました。
「おい、おい、やばいぜ!いったいどうすりゃいいんだ・・・・」
こんな心境です。

ニュース本番5分前、・・・・期待していましたがまだ来ません。
「ええい!自分で読もうっ!!!!」
入社以来、まだ一度も本番デビューしたことはありません。
それどころか、録音でも声出しをしたことはありません。
まだ、上司の許可が下りていないからです。

止むを得ない緊急事態で、独断で読むことにし、
スタジオへ入りました。
そして、午前6時50分、ついにニュースが始まってしまいました。
パニックで頭が真っ白になっている状態で、この間の記憶は
定かではありません。

とにかく、10分間のニュースをなんとか読み続けようと必死でした。
ニュースを読み始めてしばらくすると、スタジオの外に先輩アナの
姿が確認されました。
両手を合わせ、私の方を見てしきりに謝っています。

そんな姿を視界の中に確認しつつ、なお必死の思いでニュースを
読み続けました。
途中でニュースを代わってもらうことなど出来ません。
自分で最後まで読まなければならないのです。
その時の形相は、おそらく普通ではなかったと思います。

そうして10分間の、私には数10分の時間に思えましたが、
長い長いニュースが終りました。
幸い、何ヵ所か噛みましたが、みっともないニュースにはならず
なんとか読み終えました。

スタジオを出ると、外で待っていた先輩アナが言いました。
「ご免!でも、初めてにしては良かったじゃん!」
「先輩!冗談はよして下さいよ!死にそうでしたよ!!!」
本当にこの時ばかりは泣きそうになりました。

その日の午前、先輩アナと私は上司に呼ばれました。
今朝起きた出来事の報告です。
先輩アナ「実は・・・・・・」
上司「ああ、聴かせてもらいました。
    ニュース間に合わなかったんだって・・・」
先輩アナ「はい、申し訳ありません」
上司「しっかりしてもらわないと困るよ・・・・・」
先輩アナ「はあ・・・・・・」
上司「田中君は、もういいんじゃない!」
私「はっ????(やばい!!くっ、クビかあ・・・・・・)」
上司「あしたから一人で出来るんじゃない・・・・・」
私「えっ!!!!そ、そんな・・・・・」

これが、私のラジオデビューの一部始終です。
災い転じて福となす・・・・・とはこのことで、
幸いに、先輩アナにも私にも大きな御咎めはなく、
厳重注意で事なきを得ました。

この経験が私の放送人生にとって、良かったのか、
悪かったのか分かりませんが、一つ言えるのは、
この後、大抵のことには動じなくなりました。

あの時ひょっとしたら、先輩は親心で私に自信を
つけさせようと、わざと遅れて来たのかも知れません。
今となっては確かめる訳にはいきませんが、
いずれにしても、今はそんな先輩に感謝をしています。

ということで、私の初鳴きの録音テープは
残念ながら残っていません。

ではまた次回・・・・

| 12:00 | コメント(4) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

泣けます。男だけど。

投稿者 トントロだいすき : 2008年7月 6日 07:32

田中さん、おはようございます!!
田中さん、完全に自分の読みが当たってしまいました…
確かに田中さんの鮮烈なデビューですね!!
田中さんの落ち着いたニュース解説、ナレーションは、この時の経験が元になっているのですね…
「やばいぜ…」は自分も内心よくつぶやくのですが、やはり田中さんも同じなのですね。
田中さんの記念すべき第1号ニュースが残っていないのは残念ですが、田中さんの記憶には終生残るでしょうね!!

投稿者 ちなみん : 2008年7月 6日 07:59

「立っているものは親でも使え」ではありませんが、生放送対応は現場にいる人間でやりくりするしかありませんね。まして自分ひとりなんてことになったら(笑)
とにかく体裁をつくろって、聞いている人にみっともなくないようにするか、必至に頭を回転させることになります。
去年半年ほどのつたないD生活の間、幸いにも喋り手がいないということに遭遇したことはありませんが、担当Dが間に合わないとかは何度か。
コミュニティFMでしたから、喋り手のワンマンか、喋り手+Dのみでまわすのですが、ワンマンじゃなければ喋り手さんは機材操作できませんので、回線がスタジオに切り替わった途端に「無音」になりかねません。
もちろん、喋り手もいなければとにかく繋ぎでもなんでも声を出さねばなりませんから、その覚悟だけはしていました。
出すだけで必至だったときなら完全にバンザイしていたかもしれません。

投稿者 PAKU : 2008年7月 6日 10:45

トントロだいすきさん、ちなみんさん、PAKUさん、
ありがとうございます。
歳をとって物忘れがひどくなっても、さすがに、
この時の事は今でも鮮明な記憶となって甦ります。
現役を退いているにもかかわらず、時折、番組を
すっぽかす夢を見るのは、この時のトラウマでしょうか。

投稿者 ホヅミ : 2008年7月 7日 09:47

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー