2008年06月09日

モントリオールにポーランド国歌

今年も波乱の展開だったカナダグランプリ!!
BMWも大躍進・優勝争いに参入です。そして翌週Dscf2452_12

24h du Mans
フランスで今年も24時間の戦いがゴールを迎えました.
今やtv中継も無くすっかり忘れ去られた
ルマン24時間耐久レースです。
日本でもおなじみのKristensenが乗り組んだ
AUDI R10 TDI
が優勝!audiに8度目の勝利を
もたらしました。
負けたプジョー共々ディーゼルエンジン。
ヨーロッパでは温暖化ガスの排出が少ない
ディーゼルエンジンの方が売れている位で
(D)のイニシャルは誇らしいエンブレムです

給油までの一貴二位はお見事!
練習走行3では,16秒台のタイムを記録済み!
トップ集団に引けを取らぬ走りを見せており、
セッティングに関しては答えが出ている様子です
国際映像にもしっかり映るようになりました。
序盤でセーフティーカーの導入は
大将フランクの読みが当たった展開だった
かもしれません堅実な父に比べてて少々、やんちゃな一貴ですが
積極性も父を凌ぐようで,期待させてくれます。
結局は自身のミスで自滅してしまいましたが
夏の三連戦(仏、英、独)に向けて
きっと何か手応えを掴んでいる筈です。

レッドブル、TOYOTAの手堅い走りも
印象的なレースでした。

ハミ君、ライコネンそれにアロンソもお気の毒の限りですが、
これからは高速勝負のバトルが続き,
ハンガリーまで局面は変わりません。

そこでウィリアムズ・チーム今後どんな作戦を
立てて臨むのか,
ロズベルグにはやはり
予選上位を狙わせて軽めの燃料で
スタートラインに並ばせるか・・・・
一貴の役どころはどうなるか?

ますます見どころが増えて来た今年のF1
再来週からは欧州の人気コースを駆け巡ります

| 14:42 | コメント(14) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

いや~、波乱のレースが続いていますね。
誰があのトップ3を予想したでしょう!(クビサは何処かに入るとしても…)
ハミ君にとっては、悪夢のSCでしたし…ライコネンにとってもですかね。あそこでライコネンとクビサの位置が逆だったら…。
今回は三つ巴が見応えありましたね。グロック・トゥルーリ・マッサ。そしてバリチェロ・ベッテル・コバライネン。この辺りは本当に面白かった♪初優勝を飾ったクビサは、気の毒な程レース中は映らなかったですから…(笑)
その中でもやはり残念なのは一貴のリタイア。
ピットに入るまで2位を走っていたときは、日本人が表彰台の真ん中に立つのは遠い夢ではないと、確信しましたね。
ただ解説の右京さんも言っていましたが、なぜチームはあそこで作戦を切り替えなかったのでしょうか?勝負に出るより、堅実にポイントを狙うという事だったのかな?
あと個人的にはアロンソのリタイアも残念でした(密かに好きだったりして(笑))
ここへきて、グンと調子の上がっているBMWザウバー&レッドブル。ドライバーズポイントではクビサがトップに…次回フランスもまたまた楽しみです♪
そういえば、カナダGP前に森脇さんの解説でF1デザイン展(デザインの歴史)をやっていましたね。勉強になりますね~、勿論バッチリ録画しました(^^)v
「やっぱり『赤い車』欲しい~☆」と言ったら、主人に無視されました(笑)

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2008年6月 9日 23:09

一貴はスタートの時点でかなり燃料を積んでいた筈で
序盤に何かあったら,トップに肉薄出来るだろう
というフランクおじさんの読み大的中、という
ところでしょうか.そのあとは(おそらく)
2ストップでタイムを稼ぐ作戦だったのではないかと
想像します.ヘアピンでの「あれ」がなければ
6位以内は確実だったでしょう.TOYOTAの二台が
それを証明してますし,解説の右京さんも昔ここで
五位走行中にエンジンブローの餌食になっています。
今の一貴に足りないものはと云えば,この辺の
詰めの甘さというか,最後まで集中力を途切れさせない
タフネスなのかもしれません.遺伝しなかったのか?
今回だけでなく
去年のブラジルのピット・ストップといい
ほんの小さなミスで成果を無にするのは勿体無い
・・・と、今頃フランクおじさんにも
説教されている頃じゃないかな??
ハミ君にも同じ説教が通用しそうです。
「あれ」がなければBMWも陽の目を見なかったかも
・・・・
F1デザイン展,行く前に森脇さんの解説聞きたかった!

赤もいいけど,白も頑張って欲しい・ですね!
白地にトリコロールは,かつてのBMWの定番でした

投稿者 吉田雅彦 : 2008年6月10日 09:13

吉田さん、大変遅くなりました・・・
堅実な父と奔放な息子・・・
自分はやんちゃなタイプではありませんが、昔は父の方が堅実でしたが、今は逆に自分の方が堅実だと確信しています!!
自分も、かつて、詰めの甘さを上司に指摘され、悔しさと懸命の努力により、何とか改善出来たと確信しています。(上司や周囲はどう評価しているか解りませんが)
今後は、一貴の、失敗から学び取っていくクレバーさと、周囲のお師匠さんの方向付け、お膳立て、戦略ではないでしょうか!!
おとといのこの時間のピストンさんの番組によると、一貴は、テスト走行中に、メカニックから質問されても、きちんと答えられる能力を持っているとの事です(ピストンさん始め、通常は頭真っ白になって当たり前とも思いますが)

投稿者 ちなみん : 2008年6月10日 20:58

昨年のブラジル以来、一貴のピットシーンをドキドキで観ている私。
詰めの甘さと集中力の持続・・・若いからは言い訳になりませんね。だって、ハミ君もクビサも同年代ですから。
そうそう、1ストップ作戦は難しかったと一貴のコメントで知りました。ヘアピンでの「あれ」は要大反省ですが、本人の気持ちの切替が出来ているようだし、調子も悪くなさそうですから欧州シリーズが楽しみですね。
ハミ君は・・・若さと自信からでかね(笑)余計な一言でライコネンに不快感を与えたとか・・・ビッグマウスも時には悪くないですけど、わざわざ敵を作るような発言をしなくても・・・と思うのは私の考え方が古いからでしょうか。
ハミ君とニコは次戦10グリット降格のペナルティが課せられましたね。ということは、ウィリアムズの作戦も変わるか!!一貴への期待も更に増しますね。
ところで、いつも悩んでいるのが名前の読み方・・・「クビサ」「クビカ」「クビツァ」・・・メディアによって違いますが・・・どれが正解なのでしょうか? 
「ライコネン」「ライッコネン」とか・・・

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2008年6月11日 11:26

caはサと読むかカと読むか、分かれるところですね
ライッコネンはさすがに少数派のようですが。
10グリッド降格で、きっと一貴の近所にハミ君たち!
これは一貴にとってまたとない学習のチャンスですぞ
至近距離からトップドライバーたちの走りを
見学できる、特等席!につけるかな?
それとも思い切って二台とも軽めの燃料で
序盤からトップを追い回すか・・・
三回のうち一回はサプライズがあってもいいと
思います。何しろ今回の練習走行、一貴は絶好調
(気持ち的にも)だったはずですから・・・

投稿者 吉田雅彦 : 2008年6月11日 12:43

もうもう、こうなったら一貴には絶好調の波に乗って、ハミ君の前でスタートしていただかないと!!ハミ君を押さえて走る一貴の姿が観たいものです。
そういえば、一貴と同様カナダで惜しい事をしたのが、ピケでしたね。彼は良いドライバーのはずなのに、なかなか結果がついてこないですね。
モナコでもそうですけど・・・アロンソでさえ苦戦しているとはいえ、マシンを作り上げるのも大事な仕事ですからね。
一貴と同年代で、しかも偉大な父を持つピケにも頑張ってもらいたいですね。

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2008年6月11日 15:01

ピケのシートには空きを待つドライバーも
少なからず,琢磨の名前が浮上したことも
周知の事実ですね.ピケにとっても踏ん張りどころ
モナコの崖っ淵ってところでしょうか?
強引なところも危うさも父親譲り・・・
もしもセナ二世とのバトルが見られたら・・・
ホンダパワーも再爆発するかもしれません
ね。


ここでTOYOTAチームに悲しいお知らせが・・・・
Toyota Team Europeの時代から
TOYOTAのモータースポーツを
支えて来たオベ(ove)アンダーソン氏が趣味の
イベント競技中の事故で亡くなられました。
サファリラリーほかでも優勝経験を持ち
そのドライブぶりは日本のTVCMでも紹介され
世界ラリー選手権の時代からTOYOTAのモーター
スポーツとは深い関係にありました。
セリカGT-FOUR~カローラ4WDの
WRC常勝時代を経て、F1に進出の前後も
基盤作りの大黒柱となった人物でした。
5年くらい前に退いて名誉職に就きましたが
チームは悲しみに暮れている筈。
初優勝のビッグニュースを届けてあげられなかった
のが悔やまれます.カナダグランプリのダブル入賞
がせめてものはなむけになったでしょうか・・・
合掌。

投稿者 吉田雅彦 : 2008年6月11日 19:38

オベアンダーソン氏の名前を聞いただけではピンと来ませんでしたが、CMは見覚えがあります。
きっと、カナダのダブル入賞で「初優勝も遠くない」と今後への期待を高めていたことでしょうね。・・・ご冥福をお祈りします。
何の前触れもなく急に去られてしまうと、悲しみは何倍にも大きくなりますよね。TOYOTAチームは悲しみを乗り越えて、早くビッグニュースを届けるべく、これからのレースを闘って欲しいですね。
話は変わりますが、琢磨のルノーの件はどうも琢磨の望むポジションでの話では無かったようですね。
これからの時期、色々なチームで来期のドライバーの獲得への動きが出てきますから、琢磨の動向にも注目です。

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2008年6月12日 13:36

懐かしの60系スターレットといえばトヨタの中でも
スポーツ血中濃度の高いブランドでした。
サファリに出場し、優勝を勝ち取ったセリカ等
TTEが果たしたトヨタへの貢献は
計り知れないものがありますし、
今のF1カーにもその血筋は受け継がれていると
思います。
勿論、一貴のエンジンにも・・・・
8月の声を聞くと来季のシート争いも顕著に
なってきますが、琢磨にはできれば今季中にも
シートを獲得して欲しいもの。きっと水面下で
琢磨の孤独なレースも続いているのでしょうね。

投稿者 吉田雅彦 : 2008年6月12日 15:53

■名前の読み方
Kubicaの場合、BMWザウバーからは、
日本語表記を「クビサ」に統一して、
と(異例の?)リリースが出ています。
現地発音に近い読み方は「クビツァ」または「クビチャ」です。
 
ポルトガル語圏の発音は、英語寄りで表記しているようです。
現地語だと語頭のRを発音しないとか、Sennaも「セーナ」になるとか、記憶してます。
 
※盛岡・滝沢:地震。無事です。
今日は馬コの日なんですが、予定通り行われるかどうか…。

投稿者 (元)そーり : 2008年6月14日 10:47

元そーりさん
ありがとうございます.そして
さきほどの地震大丈夫でしたか?
スグに,盛岡に電話したら
大きな揺れではなかったと聞き、少しだけ安心
しましたが県南で大きな被害がでているようです。
マグニチュードは
7・2と阪神淡路大震災並みの規模と発表されています。
震源地は厳美渓のさらに億の方,くりこま高原や
スキー場の下の方らしく,一関や衣川からも
かなり離れているので,住宅密集地に大きな
被害はでていない模様です。
胆沢のバス転落はとりあえず安否だけは
確認されました。東北自動車道ほか、高速道路は
問題なかった様ですが,山間部の道路網は
寸断されているようで,被害の多くは
山間部に集中しているのが特徴の様ですね
余震も続いていますので,今後くれぐれも
注意して下さいね。

投稿者 吉田雅彦 : 2008年6月14日 12:35

24h du Mans
フランスで今年も24時間の戦いがゴールを迎えました.
今やtv中継も無くすっかり忘れ去られた
ルマン24時間です。
日本でもおなじみのKristensenが乗り組んだ
AUDI R10 TDI
が優勝!audiに8度目の勝利を
もたらしました。
負けたプジョー共々ディーゼルエンジン。
ヨーロッパでは温暖化ガスの排出が少ない
ディーゼルエンジンの方が売れている位で
(D)のイニシャルは誇らしいエンブレムです

投稿者 吉田雅彦 : 2008年6月15日 22:18

>(元)そーりさん
有り難うございます。そんなリリースが出ていたとは知りませんでした。
これからは「クビサ」でいきます。
地震大変でしたね。主人の実家が葛巻なので、ニュースをチェックしていましたが、葛巻の情報がなくて・・・滝沢・久慈辺りの震度をみて、判断しておりました。
葛巻でも山の中の家で心配でしたが、何事もなく一安心しました。
犠牲になった方々のご冥福をお祈りすると同時に、まだまだ余震や二次災害などの恐れもあるので、引き続きご注意くださいね。

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2008年6月16日 12:43

同じ岩手県内とはいえ,震源地は南端にちかく
盛岡からは100kmほど、葛巻からはさらに
50km以上離れたところが震源でした。
厳美町では上を下への大混乱だったようですが
震源地があと20km市街地に近かったら・・・・
津波の被害には散々苦しめられて来た岩手県、
内陸の震源だったのはせめてもの救いというべき
でしょうか?
実際に強く揺れたのは旧衣川村のあたりですが、
震度6強を記録した奥州市は元の水沢市も含まれる
小沢・民主党代表の地盤でもあります。

投稿者 吉田雅彦 : 2008年6月16日 17:56

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2021年 4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バックナンバー

カテゴリー