2007年10月30日

東京モーターショー

TAROさんも注目の・・・・GT-Rに肉薄DSCF2579.jpgドアを開けていよいよ車内へDSCF2578.jpg
これが垂涎の的のコクピット

DSCF2576.JPG

国内でこの針を上まで回すのは至難の業
最新ゲームソフトのデモンストレーションで
デイトナのオーバルコースを快走中です「グラ・ツー5」
DSCF2318.JPG
DSCF2394.jpg

満喫出来ましたか?


これは?最新のRV登場か
デートカーにはちょいと目立つし・・・DSCF2306.JPG
何とトラックのコンセプトカーです
二輪車、部品、商用車館の中にも興味深い展示が一杯です。
DSCF2304.jpg
オトコの乗り物だけにプレゼンも男二人
(女性ユーザーを意識したか?)DSCF2311.jpgモーターショーの数あるステージの中でもこれは異色です。
順番を待つ長い列の先頭では・・・・DSCF2294.jpgDSCF2295.jpgこんな高さまで体験出来ます。消防車両等の特装を手がけるメーカーです。
お馴染み韓国メーカーも大型バス市場に参入してきますDSCF2313.jpg
今年から再び商用車と合同で開催されているモーターショー
同時に東京ビッグサイトではトラックショーも開催中です。(火曜日まで)
DSCF2281.jpg
トラック・メーカーの担当者は大忙し・・・
(水曜日からは幕張に集中できますが)

| 20:32 | コメント(4) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

はじめまして。自動車好きなもので、こちらは度々拝見しておりました。
いつかは触れるだろうと思っていたGT-Rの話題。
日本の車の動向がどこに向こうとも、GT-Rはいまや自動車における世界中の関心事なんだなぁと、ニュースソースを通じて改めて実感しました。
ただ、ものすごく遠い車になったと感じています。値段が…ではなく、純正品以外では性能を保証できない、何ら手の入れようがないという点で。
リンク先は拙作の自動車メーカーのリンクサイトです。このサイトを作る過程で、キットカーという文化にのめり込みました。隅から隅まで手を入れる余地がある、今もっぱらの憧れの世界です。

投稿者 (元)そーり : 2007年10月31日 05:14

吉田さん、お疲れさまです。
今回は、6番目と4番目に惹かれます(敢えてこの順番で)
自分は免許がなく、車に酔う体質(自動車の揺れと、排ガスが苦手なのです)なので、極力車に乗りませんが、車の疾走感は大好きです!!(電車の揺れは、全く影響がありません)
自分が運転しなくて、乗せて貰う事になったりして・・・!?(役割分担が逆では?)

投稿者 ちなみん : 2007年10月31日 10:45

先の私の投稿の「リンク先」について、
こちらでURLを示します。

http://www.motorwarp.com/
(うまく表示できました?====吉田)

投稿者 (元)そーり : 2007年10月31日 12:08

バブルの頃、440万円の32RやZの32が飛ぶように
売れたものでした。その前年にはシーマ現象が
話題になって・・・
日本人の1%以上は土地、家屋意外に1億円以上の
資産を持っているのだとか。そんな富裕層のホンの数%が
買ってくれたらメーカーは御の字です。
逆にセブンを始め、英国はキットカー天国ですよね
ビートルシャシーを使えばテスタロッサも
930もお手頃価格で!完成車に比べ税金が格安
と言うのも日本には無い魅力ですね。
日本の頑固な形式証明制度をクリアしたミツオカの
努力は表彰モノです。誉めてあげてください。
いつか、イギリスに居を構え、セブンを自らの手で
組み立てて見たいものです。
運転しなくっても、止まってる車をいじって眺めて
いるのもまた、楽しいひと時ですね。
女性の運転する車の助手席ってのもワクワクする
体験です。それが自分の車だったら尚更。
初めて経験したのは岩手でしたなあ。
それにしても最近ワクワクしてないなあ

投稿者 吉田雅彦 : 2007年10月31日 13:43

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2021年 4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バックナンバー

カテゴリー