2007年05月20日

こんなレンタルも

DSCN5129.JPG清水に続く坂道にはレンタル着物の店が並んでいます。
旅行中でも気楽に着物姿で散歩を楽しめます
そこで・・・・
着流し姿で京都の町を歩いてみます。
気分は大島渚?
天谷さんに感化された?それもあるかも・・・


数年前から花火見物は浴衣と決めていて、
一度、着物で京都を歩きたかったんっだな。

FH010020.JPG
洋服の感覚で大股で歩くと裾がこすれて
歩きにくいこと!「着物やねんから、
ゆっくり歩いたらええがな」といわれているようで
ちょっと上品さを意識して小股で歩いてみます。
ゆっくりと京都の街の空気を噛み締めるように。

歩幅をつめてピッチを少々早めにすると
清水に続く急な坂でも、ラクに登れます。
DSCN5126.JPG雪駄を通して感じる石畳の凹凸も
車やバイクでは味わえないもの。
町中には早くも浴衣姿が。FH020015.JPGこの日の気温は26度以上!
汗だくになるかと覚悟で臨みましたが、下着が吸って
くれたせいか、思いのほか楽でした。薄っぺらな
雪駄で町中を歩く感覚も新鮮。
FH010025.JPG

外国人観光客はほぼ例外無くカメラを向け
ますが、デジカメの起動が間に合わず
皆、失敗に終わった様です。
フィルムなら間に合ったのにね

| 21:45 | コメント(3) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

吉田さん、お疲れさまです。
吉田さんも京都に行かれたのですね…
両親は、30年程前迄は、正月限定で着物を着ていました…(昔はもっと着ていた?)
自分のお墓参りも3日後に控えていますが、お天気も何とか大丈夫…?のようです。
今のところ、10時直前に実家着、用事を済ませ、京都・山崎へ、お墓参り終了後、そのまま京都に直行、京都発17:15を計画していますが、23日ぶりに帰る実家、用事がどれぐらい膨れ上がっているか…?(何しろ父からは連絡はなく、自分からも朝早く、夜遅く帰る生活の為、連絡出来ず、父一人でどうなっていることやら…)
吉田さん、先程東海林さんの記事にも書かせて頂きましたが、南部さんのロンドンレポート、帰りの総武快速線・市川~船橋間で聴けました!!(わずかにノイズは入っていましたが、比較的良い音質でした)
以前、日曜は朝LOHAS SUNDAYを聴けるだけ、夜は20時から2時間聴いていましたが、4月改編で、多田さんが日中担当になってから、こちらも聴くようになり、4/29からは逆転し、多田さんのニュース担当の方だけ聴くようになりました…
もともと、土屋さん・ピストンさんの番組を聴くようになったのは、たまたま日曜休みの時聴き、ピストンさんの大ファンであるのと、クリスペーパーのように、南部さんの参加もあったのも大きかったです(南部さんの参加がなくなっても、ちょうど一年聴き続けた訳ですが)
南部さんのロンドンレポートは今週だと読めていましたし、多田さんのニュースも聴きたいし(昨日は全部秀逸でした)、悩みどころでしたが、両立出来ました!!(MDに留守録して聴いていますが、録音出来る限界が、5時間24分なので)
先週は状況もよく、留守録分を翌日中に聴き終わっていました。
昨日朝は、8:25出勤後、開店準備中、J-WAVEを聴けましたが、約2時間後、倉庫に行っている間に有線のチャンネルを変えられ…
助っ人としての立場は気も使い、上司も2名居る為余計ですが、子供もいないのに、チャンネル争いで敗れたお父さんの心境です…
水曜、有線でJ-WAVEが聴けたら、東海林さんのニュースが全部聴けるのに…(秘かな希望で、まだ丸の内勤務になってから実現していません)

投稿者 ちなみん : 2007年5月21日 05:35

着物で京都!いいですね。
レンタル舞妓さん衣装だけでなく
いろいろな着物もあるんですか。
都のたたずまいに入り込めますね。
小さい時はおまつりなんかで着ましたが
はきものに不慣れで…
鼻緒があたってしまって大変でした(^^;

投稿者 手回し電話 : 2007年5月21日 06:59

足袋、雪駄に巾着まで必要なものは全部セット
されている上、着付けもして頂いて、この値段?
というくらいリーズナブル。しかも履物に合わせた
特製靴下のプレゼント付き。もう、この次も着物で
決まりです。
雪駄で歩き回るのも、下駄よりずっとラク。
むしろ外国人観光客の熱い
視線をかわすのに神経を使った程でしょうか
日本に生まれて京都を着物で散歩する、
こんな役得を経験しないなんて勿体無い!
これからは浴衣の季節、マイ浴衣で散歩できるよう
着付け、帯のマスターは必須かも
花火見物だけでなく、着物で散歩する場所/機会を
増やしたいものです。

投稿者 吉田雅彦 : 2007年5月21日 10:10

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー