2012年06月02日

サヨナラをもう一度♪

キーヨこと尾崎紀世彦が歌ったクルマのコマソンは
♪何処から来たのか、お前と俺は~♪
スバルレオーネが最初で最後だったと思います
長いもみあげをたくわえ、マイクを水平に持って
歌い上げる姿は和製フンパーディンクとも、トム・ジョーンズ
とも喩えられたものでした。エルビスのハワイ公演が
テレビでライブ中継されていたのもこの時代。

その後たびたび死亡説が流れてはワイドショーの芸能デスクを
翻弄させたのも、また彼のほかには無い、ひとつの個性だった
のかもしれません。つい最近もゴールデンタイムの番組で
彼の消息が取りざたされたばかりでした。

伸びのある高音と、ラブソングからバラードまで
ダイナミックに歌い上げる姿は女性だけでなく男性をも
魅了したものでした。

彼がCMに携わったレオーネ(クーペ)(のちにハードットップも)
はスバル1000の事実上の後継車としてデビューしました。
先進的な技術満載の初代に比べておしゃれで実用的な
大衆路線を志向したレオーネは、のちに4ドアセダン、2ドアHT
4WDワゴンを鮮烈に加えるなど、昨今の富士重工の屋台骨を
作ったクルマとしても印象深い存在です。

中でもスポーツグレードのRXは4輪すべてにディスクブレーキを
装備した国産で最初の量産車として、特異な存在でした。
翌年にはトヨタからレビン・トレノという傑作が登場しています。

今でこそワゴンのイメージが表に出る富士重工ですが、
BR-Z、86に繋がる血統は意外にもこの時代から育まれて
いたのです。


後年、軽自動車のスバルレックスもスタイリッシュに大変身し
コマソンを担当したのが、当時人気急上昇中の吉田拓郎

イメージキャラの選択でも当時の富士重工の戦略は
間違いなかった・・・・・・・・と、いちスバリストとして
ほくそえんでおります。


合掌

| 16:19 | コメント(1) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

尾崎紀世彦さんの訃報、LPなどのレコードやCD、音源は持っていませんがショックでした・・・
CM効果による親近感、が非常に強かったアーティストのお1人、だった事を改めて実感します。
どうぞ安らかにお休みください・・・

投稿者 ちなみん : 2012年6月 3日 00:13

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2019年 11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

カテゴリー