2022年06月15日

相次ぐ値上げを前に

日本で最も売れている輸入車は何か?
BMW?VW?・・・いえ、半世紀の間に7億台も売り上げたトミカです。
最初は日本製でしたが、後年は中国製、近年ベトナム製のものも見受けられるのはバイクと同様。
ですが、このところその価格高騰が尋常ではなくなってきています。レギュラーのトミカをより精巧に、ホイールも専用部品にしたリミテッド・シリーズはついこの前まで大概千円台だったのが、今や安くても二千円台、上を見ればそれ以上のものが当たり前に。

そして1から120までの定番のトミカも、ついこの前までは3台買っても千円ちょっとだったものが、数年前に450円プラス税に、そして今回はとうとう500円超え、税込ですが550円と千円札では1台しか買えない事態に。
資材価格の高騰もありますが円安が影響したことも否めません。そもそも前回の値上げも中国工場の労賃の上昇を考えると、もはや中国製品の価格競争力は無くなったか?と思わせる出来事でした。
再び円高になったとしても、もうトミカが500円以下で買える時代は戻ってこないでしょう。お気に入りのモデルは今のうちに買い漁っておかないと・・・・・・

というわけで今週もまた2台がコレクションに加わることになりました。
一台は現行型カローラツーリング
そしてもう一台は都営バス、いすゞエレガ!

P1230756


別にバスマニアという訳ではありませんがなんとなく気になって買ってみたら、そのデカールの精巧さに思わず見入ってしまいます。
行き先が錦糸町一種類なのは残念ですが、雰囲気は充分以上!バス停で実車を待ち侘びる機会の多さが、見ていて飽きない理由なのか?衝動買いにしてはなかなか、な逸材でした。

カローラの方はといえば現行車種なのに、早くも廃番?あの水素カローラ=カローラ・スポーツとは共通の顔立ち、実車もマニュアルミッションが選べる逸材です。2020年登場ながら、早くも新しい24枠に収まったのがマツダのCX-5。売れ筋です。がカローラの方がいいなあ・・・・
ってなわけでカローラもコレクション入り。ついこの前、初回限定仕様の黄色いZを手に入れたばかりですが、増車の勢いは止まりそうにない???

| 07:53 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2022年 6月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バックナンバー

カテゴリー