2022年05月20日

サクラついに開花

ここ2年余り、注目を集めていた日産の新型軽自動車EV、サクラがついにヴェールを脱ぎました!
ハンドルを握っているのは松たか子、キムタクと共演はあるのか?と言うよりも
この新型EVの価格が気になります。

Dsc_61041


日産プロトタイプ軽EV(2019参考出品車)


2つ発表されたグレードのうち安い方のカタログ記載価格は2333100万円から!
仮に補助金が40万円期待出来る場所で買えば200万を切る価格で電気自動車を日常の足に使うことが出来る計算です。これは一部の商用車を除けば量産型市販EVとして前例の無いバーゲン価格です。
ま、実際には玄関先に充電ターミナル設置工事や何やらで10万程の出費はあるかも知れませんが重量税や取得税の優遇措置もある筈なので結局は相殺されてしまいます。
日常の行動半径が半径数十キロ以内の範囲内であれば、航続距離もそれ程気にせず使える筈です。おうちで充電出来れば帰宅=満タンだって容易です。電気代もせいぜいお茶一杯分

とりわけセカンドカー需要の高い地方都市では注文が殺到しそうな予感がします。タマ不足で中古市場にプレミア付き新古車が出回ったら、be-1以来の奪い合いになるかも?

それでは妄想試乗を始めましょう。車重は1トンと大人ひとりぶん。これを195ニュートン・メートルのトルクで引っ張るのだからターボ付きの軽でも味わえない加速感です。ざっくり言うと三代目マツダロードスターに2、2リッタークラスのノンターボを載せた位のパワー感でしょうか?
これでリチウムイオン電池を20kwh分載せているので急速充電器でも8~9kwh分位はチャージする事が期待できます。電気消費率も恐らくリーフを数段上回るはずで、掛け算すると100km以上をノンストップで走破できそう、サービスエリアをひとつおきにはしごして遠出も可能となるでしょう。

日曜日のドライビングto theフューチャーでは早速ピストン西沢さんがインプレッションを披露してくれます。どうぞお楽しみに!


ひと昔以上前、なかなかデジタル一眼レフが高価で手が出なかったところにキャノンがEOSーkissデジタルを発売して一気に価格を下げ、デジ一眼が手の届く存在になった様にEVの世界にも価格破壊の波が社会を飲み込む事になるのか?
今後の展開、ひとまず初期受注が何台になるのか?注目です。

Img_77771


同じ日に三菱からも兄弟車の発表が予定され、EVは欲しかったけれど価格が!と手をこまねいて見ていた購入予備軍にとっては悩ましい夏になりそうです。

| 19:20 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2022年 5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー

カテゴリー