2022年05月22日

木の香を忘れない・・・・

連休が明けて、少しづつ有観客のイベントが目立つようになってきました。
それは車を展示したイベントも同様、赤レンガ倉庫前には雑誌ル・ボラン誌の主催するミーティングが開かれました。
ホンダは最新のステップワゴンを一堂に展示、マツダは歴代のロードスターを揃え、運転席に座った人は誰もがシフトレバーをチェンジする感触を楽しんでいます。

Img_77401

軽の枠に納められたスポーツカー、ケータハム(ロータス)ス―パーセブンもあれば、納車待ちの長いことでは昔から有名なモーガンも。
他方で、今回ほど電動車が目立つ自動車イベントも、もう珍しいものではなくなりました。日産も三菱も軽からリーフ、SUVまでEVを揃えたラインナップ。ボルボやアウディのニューカマーもEVです。

流石にEVのシートに座っても、シフトレバーをコキコキ動かす楽しみはありませんが、だとすれば最後の古典的スポーツカーを手に入れるチャンスも、そろそろタイムリミットを迎えるのかもしれません。


Img_77481タン・カラーの本革シートにウッド張りのインスツルメントパネル、ナルディのウッドステアリングとシフトノブ。そんな雰囲気を持つクラシカルなスポーツカーに触れておくのも、大切な経験になるのかもしれません・・・・・

| 18:07 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2022年 5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー

カテゴリー