2022年04月27日

highway oasis首都高にも?

高速道路で一定間隔に設けられるPA、SA/サービスエリアとパ^キングエリア

それよりもっと規模が大きくて原則一般道からも利用可能なサービスエリアにハイウェイオアシスの名が冠せられるようになったのは30年ほど前のこと
北は北海道の砂川ハイウェイオアシスだったり、北陸道の徳光PAだったり。

オープン間もなく立ち寄った徳光は海水浴場に隣接して、波打ち際から徒歩1分!水着のまま車から飛び出して海水浴も出来そうな絶好のスポットです。
日本海側とあって順光で海バックの写真が撮れる映えスポットでもあります。
太平洋側だと大抵の場所は逆光になるので晴天の夏の海岸のイメージには実は日本海側がおすすめです。

そしてもう一箇所、何度も訪れているお気に入りのハイウェイオアシスが淡路島にあります。

明石海峡を巨大な吊り橋で渡るとすぐ、幾つもパーキングスペースのあるSAに

Dsc06181


大きな観覧車に乗らずとも目の前には明石海峡大橋と対岸の明石や神戸市須磨区が!ここで眺める夕景や海側から見る神戸の夜景も見逃せません。海峡を行き交うフェリー、貨物船に加えて頭上を神戸空港にアプローチする旅客機を特等席で鑑賞出来ます。スタバに席を取らずとも何時間でも飽きないこの場所は通り過ごすにはもったいない場所
Uターン出来るゲートもあるので神戸からちょっと一っ走りしてとんぼ返りするのも一興、料金もリーズナブルです。

休憩する、食事する、クルマに給油するだけじゃ無いハイウェイオアシスが遂に首都高にも登場!
と言っても東北道からC2を利用するヘビーユーザーには川口PAとしてお馴染みだった筈
東北往復をもう少しで終えそうなドライバーには是非ともゆっくり休息してから首都高に備えて貰いたい施設です。

| 16:46 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2022年 4月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

カテゴリー