2021年04月12日

ラリーのランチァ

金曜から開催中のオートモビルカウンシル、会場の中央に陣取っている今回の主役たちはイタリア、ランチァの歴史的ラリーカーです。記憶にある最初のランチァラリーカーと言えば60年代のフルビアHFでした。

Img_7431

当時はアルファロメオのジュリアGTより魅惑的で2人しか乗れないもののシートから後ろはたっぷり手荷物を詰めるスペース。こんなクーペをリゾート急行に使えたらどんなに楽しい休日が過ごせるでしょう!

そして次にランチャがラリーカーに送り出したのは似ても似つかぬスーパーカー、ストラトスでした。その世代の方々には説明不要でしょう。何もかもが異色、日本車ではフェアレディZが大活躍していた頃でした。

Img_7436

で、そのあとの路線変更がまた極端。一転フィアットの大衆セダン131セダンの真四角なボディを土台にした131ラリーがWRCで大暴れします。日本勢ではダットサン・バイオレットことA10系がサファリ等で大活躍していました。Img_7443

そしてランチァ・デルタの登場前にラリー・フィールドを席巻したのがおしゃれなクーペ、モンテカルロをベースにミッドシップエンジンで後輪を駆動するランチァ Rally 037。アウディ・クワトロの成功以来、ライバルたちが4輪駆動で武装する中、後輪駆動で激戦を闘い抜きました。元々美しいクーペボディを迫力あるラリーマシンに大変身させたところはフルビアHFの直系か?このままモンテカルロの街中を走り抜けてみたくもなります。Img_7448

で、ここには来ていませんがランチァ・デルタの時代へ‥‥デルタはまだつい最近のような気がしてヘリテージと呼ぶには若すぎるかもしれません・・・・

| 13:35 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2021年 4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バックナンバー

カテゴリー