2021年01月02日

諸葛孔明どうでしょう

正月映画は何を見ようか?
なーんにも考えずに笑い飛ばせる作品が良いとお考えなら新解釈三国志を無条件におススメします!

魏をはじめとする中国長江流域の諸国の争い、そんな史実はどうだって良くて水曜どうでしょうの撮影隊が間違って三国志の撮影現場;オープンセットに紛れ込んでしまったら、と考えれば時代考証のいい加減さもアバウトなセリフも納得出来ようもの。

何と言っても大泉洋のキャラクターが水曜どうでしょうのまんま、ムロツヨシが演じる天才策士、諸葛孔明とのやりとりが、とても中国4000年の歴史上に一度でも存在したとは思えないもの。他のキャストでこの味を再現できたとしたら、それは全く新しい才能の出現かも知れません。

イケメン俳優が多数登場することも女性には美味しいポイント?小栗旬がこんな雰囲気に包まれて奮闘しているのも見どころです。

圧倒的に優勢な敵陣に対して正攻法ではなく、色仕掛けで奇策を練る孔明たち、すぐさま絶世の美女を探し出さねばならない!いったい作戦は成功するのか?そもそも美女はいるのか?誰が美女を演じる?是非ご覧になる前にキャスト配役は見ないで劇場にお越しください。

水曜どうでしょうの2時間スペシャルが是非見たい、と言う方には超オススメ、三国志の異説が知りたいと言う歴史マニアにだってちょっとだけオススメ出来る壮大な歴史ロマン大作。それがお正月映画のわたしなりの推薦作品です。

| 23:43 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2021年 1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー

カテゴリー