2019年04月30日

平成とともに

とうとう平成も今日限り、31年といえば長くもありあっという間でもあり・・・そんな平成の終幕より、一足お先に姿を消していった名車を偲んでみます。

409621e7706c43d499fca3c1b8cc6bb9

バブルの象徴だったパイクカーはことごとく姿を消しました。社内ベンチャーという新しい試みもあって、トヨタ・マークがないトヨタ車「Will」も消えちゃった存在です。

トヨタでは他にiQというユニークな存在も。660cc軽より短い3mを切る全長に4人乗車が可能でしたが・・・・

軽自動車から撤退したスバルの富士重工。サンバー・トラックは最後までリアエンジンの伝統を守りました。

タクシーキャブで言えば、5ナンバーのクラウン(コンフォート)もついに生産終了。後輪駆動のタクシー用車両の絶滅は歴史上の転換点でもあります

短いブームでしたがパジェロ・ミニが大ヒットした三菱。ガソリンエンジンだった三菱iも個性派ナンバーワン、いやオンリーワンの存在でした。ランサーエボリューションも平成を代表する人気車種

他にも平成には4ドアHTやデート・カーが消滅し、ミニバン、ハイブリッド・カーのようなクルマばかりになったことも否めません。前半・後半に分けるならば圧倒的に平成前半が面白かった!

新しい時代にはどんな人気車種が生まれるのでしょう?

| 00:53 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー