2018年12月02日

10年目

木次真紀アナと戸丸彰子アナの二人ユニットによる朗読会
「音風(おんぷ)の世界」も、なんと10回目!

その舞台裏をちょっとだけ覗いてみました。
舞台を彩るピアノ、ギターの伴奏、それに効果音の音効・・バック・スクリーンに投影されるイメージ画像もシンクロさせなければなりません。
芝居の台本と同様、セクションごとの緻密な進行台本が作られています。映像はシナリオに合わせて絵コンテ通り進行。効果音もタイミングを逃したら大変、担当者はシナリオから一時も目を離せません。
当然こうした綿密な構成もあらかじめ考えなければなりませんし、リハーサルも必要です。演目の合間には着替えも必要、しかも、これに照明のプログラムが加わるのだから・・・・・・・・


見事なステージングを見せた二人と大勢のスタッフ、10回目の記念すべき「音風の世界」は終わりました。
ここ渋谷クラシックスでのステージはひとまず一区切り。よく10年も続けてこれたね、とはご本人たちの弁。

Imgq9546

Imgq9555

そういえば、二人とも嫁に行ったし・・・・・・とはある観客のひとこと。

師走の始まりの風物詩も平成と共にピリオドを打ちそうですが、どこかでまたスタイルを変えて新しいシリーズにお目にかかれることを期待して・・・


| 23:19 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー