2018年09月13日

見たか?カメ止め

ゾンビ映画だから見なくてもいいか・・・と思っていた話題騒然の注目作品「カメラを止めるな」・・・でも鑑賞した誰もがネタバレを恐れて何も語ってくれません・・・・
やっぱり観ちゃいました。見逃さなくて本当に良かった、最初からもう一度見直したくなる作品でした。
制作費はハリウッド大作の10000分の1、冒頭のカットは二日間で撮り終えた苦心作ですが準備に費やした時間は想像を絶します。そしてどんな、どんでん返しが待ち受けているのか・・・・・?

この映画、脚本も手がけた上田慎一郎監督は中学の時から独学でハンディカムで作品を撮り始めた34歳。劇場公開の本格長編作品は実質的なデビュー作というから天才。
役者達も長編映画は初体験なんだけど、主演の女の子秋山ゆずきだけは監督のご指名、この映画をより魅力的に彩っています。人気俳優は皆無、低予算のB級ホラー作品か、と途中で席を立ってもおかしくない展開でしたが・・・・


さて、問題はホラー映画嫌いの彼女がいた場合、どのように説得して映画館に連れ出すか?「後半は怖くないから絶対行こうよ、「君の名は」より遥かに面白いから!!今月始めにゃ観客動員100万人超え、全国上映館200以上、韓国でも上映が始まったんだぜ!」
まあ、さっさと行かないと予約で満杯かもしれませんが・・・・・もしもこの映画のメイキング番組が出来たらもっと面白いのに!いや、これは作品か? 

| 22:23 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー