2018年05月17日

魚籃坂商店街

シロガネーゼという呼び名が付くよりも前、白金一丁目あたりは下町の風情を多く残した街でした。Dscf9718
都電の名残が四の橋、魚藍坂などの電停あとに残された商店街が並びます。今から30年以上前、写真の奥手には10階建ての白い大きなマンションがそびえ立っていました。
平成に時代が移り、やがてそれも終わろうという頃、昔から見慣れた建物は本当に数少なくなりました。

目の前の桜田通りは国道1号線、東京駅まで直行できるバス路線もあります。交差点の向こうには昔と同じガソリン・スタンド。その向かいにあった自動車販売店は、もうありません。

白金高輪駅開業までは最寄駅が存在せず、リーズナブルな家賃設定も魅力だったのですが〜
昔、何度も現住所として記した場所は今、私の本籍地として登録してあります。

| 21:08 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー