2018年03月23日

モーターサイクルショーはじまる

YAMAHAのヴィーノは50cc原付の中でも異例に長い人気を保つドル箱です。現在のモデルは10年以上前に2ストロークから4ストロークエンジンに代わったのを機にモデルチェンジされた二代目。生産は台湾YAMAHAによる輸入車でした。

Dscn4501
写真は二代目モデル↑
ヤマハがホンダとの協業を発表して動向が注目されていたvino、名前もスタイルも存続することが分かりました。生産はホンダの工場、ホンダ製品との部品共通化も進められる筈です。

...その昔はHY戦争と揶揄されて両社がバイク市場で覇を競った時代がありました。年間100台以上の新型が登場しバイクに跨る女子が急速に増えたのもこの時代とされています。それが今では両雄歩み寄っての......昭和は遠くなりにけり、です


実物を見る限るハンドル周りや特徴のヘッドランプはほぼそのままのイメージで、ホッとします。よく見るとウィンカーの位置や形、シート形状、リアスタイルはこれまでのものと少々違います。どちらかといえば今あるホンダジョルノに近い感じ。辛口の見方をすれば思った以上にvinoに似ている印象。ジョルノと同様、アイドリングストップやグローブボックス、USB充電ソケットも備わる筈で、もしも熊本工場で作られるとしたらくまモンバージョンが出るのでしょうか?
P1210003


今日から東京でモーターサイクルショーが開幕します。ひと足先に大阪の開催では昨年比2割近い観客数アップを記録。東京会場でも熱気に期待したいものです

| 22:39 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー