2018年03月06日

GENEVA

春はジュネーブからと申しまして、欧米の自動車メーカーが一堂に新型車を持ち寄るのがこのモーターショー、今年もいよいよ8日に開幕です。

日米を席捲したSUV旋風が、ここヨーロッパでも猛威をふるいつつある様で、目立つのはこうしたカテゴリーの新型車。BMWのニューカマーXー7は他者を圧倒するコワモテの顔立ちがインパクト強すぎです。他にもVW傘下のシュコダがSUVを出展したり、ホンダは新型CRーV、レクサスはUXをお披露目。ボルボXC40がヨーロッパCAROFTHEYEAR2018を受賞するなど、着実にこの大陸にも高足ガニ一族が根をおろしている様です。

一方で電動化の流れですが、本格参戦の狼煙を上げたVWはI.D.VIZZIONを出展。前提としているのは完全自動運転。これが次世代VW製EVの叩き台になりそうです。
同時にワンボックスのCedricも発表、タイプ2の血筋を全く感じさせない新世代のワーゲンバスのコンセプトです。
ポルシェのEV、mission-e crossはおしゃれに改良したマカンの様なデザイン。マカンよりも断然良いかも!実現は意外に早いかもしれません
ルノーEZーGOはもう少し早く開発すれば平昌パラリンピックでデモンストレーションできたかも、台形スタイルのフロントガルウィングドアから乗り降りできて、車椅子でもそのまま乗車できそうなモノフォルムの低い車高が魅力です。こちらも自動運転が前提となります。
インドの巨人軍、TATAはEVisionコンセプトを提示してテスラに挑戦状を叩きつけています。3ボックスのオーソドックスなセダンスタイルは途上国では必須の車形、最高速は200kmphを標榜しており具現化が楽しみです。

そしてマクラーレン・セナGTーRを筆頭にスポーツカーがこちらでは相変わらず元気な事も嬉しい限り。トヨタはスープラの名跡を久しぶりに復活してくれます。出展車は耐久レース仕様を先にお披露目。と言っても中身はBMWの直6エンジンを積むZ4の双子車です。2シーターで、先代80系から見ればダウンサイジングですが、ハチロクと比べてどれほど魅力的かは見てのお楽しみです。
アバルトは124のGTを追加投入。ハードトップルーフはロードスターRFとは違った個性が際立ちます。
さらに、4ドアながらもAMGの新型4drクーペが思いの外格好良く、ことによると日本でも人気に火が付くのではないかと思ったりもします。


※感想には個人差があります

| 21:40 | コメント(2) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

トヨタオーリス、ベントレーコンチネンタルGT、BMWX-2などが良いなぁと思いました。

投稿者 JT : 2018年3月 8日 12:24

オーリスは次期カローラの叩き台になる筈のクルマで、そちらにも期待が高まります。3台ともおそらくトミカが商品化してくれるでしょうね

投稿者 吉田雅彦 : 2018年3月 9日 01:55

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー