2017年12月29日

Sirius

P1200837
冬至を過ぎてもまだまだ夜は長い・・ということは星を眺められる時間も長いわけです。この時期、明け方になるまで南側の低い空に輝いているのがおおいぬ座。三つ星が並ぶ有名な台形=オリオンの左下に輝いています。
とりわけ明るく輝いているのがSirius、ここを頂点に横長の台形がおおいぬ座です。
P1200837_2
シリウスの下に前足、画面左の二つが後ろ足で、よく見るとシリウスの反対側には短い尻尾も見えます。↑

来年は戌年、the Great DogCanis Majorの年です。一昔前にはトリノ・オリンピックで眠ってはならぬ間に荒川静香のトゥーラン・ドットに沸き、浅田真央ちゃんもキム・ヨナもまだ出場できる年齢に達していませんでした。

その前の戌年、1994年には日本が出場を逃したサッカー・ワールドカップ、アメリカ大会。でも96年には五輪でブラジルに勝利...98年からはずっと連続出場を果たしているサッカーの日本代表。セナが日本のサーキットを走った最後の年・・・

もっとさかのぼると1982年は東北・上越新幹線開業の年。なめ猫や三原じゅん子が踝まである長いスカートでつっぱっていた時代でした。国会議員の先生、あの超ロング制服はもう、売ってないのでしょうか?

1970年には大阪万博が開催され日本人の半分が入場ゲートをくぐった計算になります。ビートルズが法的に解散。宇多田ヒカルのお母さんが「圭子の夢は夜ひらく」を大ヒットさせ、娘も未だに破れていないチャートno1連続記録を樹立し、ネクラな音楽にも市場があることを証明しました。

そして1958年に生まれた東京タワー、スバル360、ホンダ・スーパーカブ、特急こだま(20系電車)はいずれもこのたび、還暦に。スバルの軽は、いまダイハツが作っていますがタワーとカブは今でも登場当時のスタイルを保っています。
1946年には・・・・同じ場所におおいぬ座が輝いていたはず・・・・
今夜、星空が綺麗だったらおおいぬ座を探してみてください

| 12:49 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー