2017年11月08日

TOKYOMOTORSHOW(BMW/smart)

五日に終わった今年のモーターショー。観客数は前回比で数%ダウンの77万人あまり、アメリカやイタリアメーカーの展示が無く、物足りなさを感じたことも事実、そんな中ドイツのメーカーは日本市場に力を入れる数少ないインポーターです。

P1200480
BMWコンセプト8とコンセプトZ4はおそらく市販を前提とした参考出品車

P1200477

日本がバブルに向かっていた頃、BMW の6シリーズはおしゃれでセレブリティなクーペとして港区内でも多くが生息していました。今ならちょっと高級な4シリーズといった位置づけでしょうか?

今度のコンセプト8はおそらく次世代の8シリーズ。先代の8シリーズがあまり好評ではなかったのに比べると、今回はアストンマーチン張りのGTカーに生まれ変わりそうです。これならボンドカー当確間違いなし。

Z4はボンドカー(007 ゴールデンアイ)にも選ばれたBMW Z3の事実上の後継車でコンパクトなオープンスポーツ。次世代もさらに格好いいプロポーションに鍛えなおしてきたようです。

メルセデスが開発したスマートのコンセプトはヴィジョンEQフォーツー、3mクラスのマイクロカーはスズキツインもトヨタIQも成果を上げることが出来なかったのに対し,スマートは第二世代に無事到達。3年後にはすべて電動化を宣言しているので、この形がたたき台になることも考えられます。遡って考えてみるとイセッタ以来の成功作と呼べるマイクロカー、3年後対抗車は出揃っているでしょうか?


Imgp0060

| 10:49 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー