2017年06月21日

夏至の極み

冬至とごちゃ混ぜにされがちな夏至ですが字で見れば一目瞭然、夏の極みです。が、梅雨空の東京ではあまり実感が湧きません。明日からは少しづつ日の出の時刻も遅くなっていきますが日の入り時刻は逆にまだまだ遅くなります。(東京の場合)日の出の方が早いペースで遅れるので昼間の長さは減りますが太陽の高度は今が最も高い77・8度です。
日が昇るのはほぼ時計の2時の方角、沈むのは10時の方角なので磁石がなくても正確な方位の参考になります。参考までに南中の時刻は11時45分です

これが北海道根室市ともなれば日の出は3時37分と東京より50分ほど夜が短い計算、星空を眺めるなら午前2時台までがせいぜいです!

| 19:35 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー