2017年05月23日

007を変えた男

今朝早く飛び込んできたマンチェスター発のテロ事件にも驚かされましたが、もう一つ悲しいニュースを書き加えねばなりません。
俳優のロジャームーアが亡くなりました。昭和2年生まれの89歳、大往生でしたね。ジェームスボンドを演じた俳優として有名ですが、起用の前からギャグっぽいスパイものテレビ映画シリーズ「ダンディー2」の主役として鳴らしたので正直ボンド役起用は驚きでした。
007シリーズの作風も娯楽大作としてファミリー層も重視の戦略をとったようで、これはボンドカーの設定の変化からも裏付けられます。パリを疾走するシトロエン2馬力やルノーサンク・ターボ(共にボンドガール・カー)あり、水中ロータスあり・・・・・
ティモシー・ダルトンに交代してからはダンディーでクールなキャラクターに戻りましたが、ボンドカーもこの時アストン・マーチンに回帰しています。
DSCF7098.JPG
10年以上にわたってボンド役として親しまれたのにアストン・マーチンを運転しなかった数少ないボンドとしても印象的です。(もっともダンディー2ではDBSを乗り回していたはずなので有資格者?)
007シリーズがこれほどまで長く続き、広く愛される映画となっているのもロジャームーアの活躍のおかげかもしれません。その華麗なる俳優人生に改めて敬意を表したい気持ちです。魂よ安らかなれ

| 23:53 | コメント(2) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

大変残念ですね。享年89。初代ボンドのS・コネリーより年上なんですよね。この人の『007』のボンドカーはすべてカッコ良かった!特に『私を愛したスパイ』のロータスエスプリなんか強烈でした。
賞には無縁の人でしたが、一時代を作った名優でした。合掌。

投稿者 JT : 2017年5月24日 09:53

受賞歴はなくともまさしく名優でしたね。安物のダッジを運転するシーン「live and let die」には別の意味で仰天しました。ピアーズ・ブロズナンの起用もなんとなくロジャー・ムーア路線の後継者と感じられました。だからダニエルクレイグのボンドは大改革でしたね。最近、アストンはDBー5に戻りましたが・・歴代ボンドカーで2番目にDBS/V8の人気が高いのは納得です

投稿者 吉田雅彦 : 2017年5月25日 18:14

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー