2017年04月01日

熱戦が続く甲子園

今年のセンバツは面白すぎます。一回戦にしていきなり決勝並みのカードだった早実VS明徳・・・・ 二回戦にして、延長再試合が二つも連続するなど好カード揃いでした。どの試合も特筆すべきは8回裏からの攻防です。30日の準決勝、大阪桐蔭が均衡を破ったあと大阪対決にコマを進められるか?それとも8回裏一点を返して九州勢の望みを繫ぐか・秀岳館・・・・・・ そして大阪勢対決となった決勝。履正社と大阪桐蔭、8回裏に同点に追いつくという息詰まる展開、果たして9回表裏の攻防は・・・・・・

| 15:27 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー