2017年04月22日

新所沢名所

森永卓郎さんといえば東大卒の経済評論家であるとともに、最近ではライザップの鮮烈なCMが印象に残っています・・・・・が、もうひとつの顔としてミニカーのコレクターという側面もお持ちであることはマニアのあいだでも有名です。そんな、森永さんの個人ミュージアムを見に行きました。 IMGP6112.JPG
場所は西武新所沢駅近く、三階建てのビルすべてがぎっしり、コレクションで埋まっていました。 (一階のみ撮影可能) (開館日;8月まで毎土曜日12:00~18:00)
で、お目当てのミニカーはというと噂にたがわず、いや遥かに想像を絶する規模でした。どれだけすごいのかというと、チョロQ、トミカは言うに及ばずメーカーがディーラー向けに配る非売品のカラーモデルや入手困難な記念品の類まで、その分類の細かさにも驚かされます。 一例を挙げれば、むかしAMラジオ局が競って配備していたラジオ・カー(トミカ)やDSCF8010.JPG 在京局の各テレビ中継車(チョロQ)が全部揃うほど・・・・DSCF8003.JPG あるいは,GT-Rひとつで本棚がひとつ分といえば、その凄まじさがわかってもらえるでしょうか?棚一段が一世代分、箱スカ時代だけでも一段に収まりきれないくらいの台数です。しかもその一台一台がすべて微妙に仕様が違ったり、カラーが違い二台として同じ車はないのでは?という細かさです。

| 11:44 | コメント(2) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

ラジオカーの「トミカリミテッドヴィンテージ」、自分も蒐集してましたが、集め出すとキリがないので中断してます。クオリティが高いうえにマニアックな旧車が出ているので、なかなか面白いです。また再開しようかな…。

投稿者 JT : 2017年4月24日 16:02

このクルマ(実車)を目にした時代から随分時間が経ってしまいました。後から集めたいと思っても苦労するので迷ったら買っておく、というのが安心かも

投稿者 吉田雅彦 : 2017年4月24日 20:28

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー