2017年02月16日

勘三郎にオマージュを捧げる新作

奇才、野田秀樹の演出で今、池袋で上演されている足跡姫~ 時代錯誤冬幽霊 ときあやまってふゆのゆうれい ~。江戸時代おんな歌舞伎を舞台にしたストーリーを宮沢りえが熱演しています。
映画やドラマで見る彼女とは大違い,ナマの迫力もさることながら見たこともないりえちゃんの魅力があふれています。ユニークな野田演出に負けず劣らず凄みのある演技で魅せてくれるりえちゃんを脇で固めるのは古田新太、中村扇雀、鈴木杏といった個性派たちIMGP9918.jpg
舞台はセリ、花道もろとも客席に向かって緩やかに傾斜しており立っているだけでも緊張感を強いられそうです。足を使って即興で描かれるアートも目を見張る驚き、そして物語は江戸城に潜入して如何に将軍の命を脅かせるか?クライマックスに向けて興奮も高まり......

東京芸術劇場プレイハウスにて

| 01:41 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー