2016年12月09日

飲んでみなはれ

仕事終わりのコレがあると終業時間も楽しみ倍加です。相変わらずウィスキーの飲み比べ(WHISKY HILLS LOUNGE(ウイスキーヒルズラウンジ)12月18日までヒルズカフェ / スペース)にのめり込んでいます。
今回は4大スモーキーテイスト比べ、スコッチウィスキーを中心にアイリッシュも含めた四大ブランドの豪華競演です。
w9721.jpg
左端のアードモアレガシィは一番マイルドな味わい、強い癖もなくバニラテイストがほのかに広がるクリーミーな優しい味わいです。
二番目、この中で唯一アイリッシュのカネマラはどこか日本のモルト「山崎」に似ている印象です。レーズンとも柘榴ともチョコレートのようにも例えられる独特な風味
三番目は最も個性的なボウモア スモールバッチ、シトラスに例えられる風味は最初、ちょっと薬臭いと感じるかも・・・・
王道を行くスモーキーフレーバーのキングが右端のラフロイグ セレクト。ピートでスモークされた麦の燻し加減が絶妙です。本格スコッチウィスキーが目指すのはこの味わい、と言ったら大げさでしょうか?日本でもここまで深い味わいを再現したものはなかなかお目にかかれません

と言う訳であえて勝敗を付けるとすればやっぱりラフロイグ セレクトの圧勝。想像はしていましたがやっぱりなア、な結論でした

| 03:05 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー