2016年11月20日

DOTANBA

流行語大賞のノミネートもレコード大賞の部門賞も発表されて、今年を振り返る季節の到来です。思い返してみると今年はどんな一年だったのか?流行語にはなりませんでしたがあるキーワードで括ってみたいと思います。

勤務の時間中で忘れられないのはポケモンGOのダウンロードが日本でも可能になった日のこと、確か金曜日の朝でした。夏休みに入ったばかりの・・・・瞬く間に会社中にも広がり廊下でモンスターを探す人やら、早くもポイントを貯め込む人やら・・・・やがてポケモンGOをめぐる様々な問題が顕在化します。ついには運転中の操作により死亡事故まで起きました。開発会社ナイアンテックの責任はどうなるのでしょう?未解決の問題はほかにも特定場所へのファン集中や不適切な場所へのスポット設定など、本当に考え抜いた末の商品化だったのか?疑問がわきます。
反面、その動員力を逆手に取った地方自治体や商店の取り組みも話題になりました。ともかく今までのスマートフォンのゲームにはなかった、外に出掛けてゲームを楽しむという行為が新たなヴァーチャルリアリティの世界を切り開くきっかけとして後世に語り継がれることになるでしょう。

勤務の日に起こった印象的なことと言えば急激な円高への激しい値動き、最初は6月のイギリスEU離脱を問う住民投票でした。NY市場では106円台も窺う勢いだった円相場、午前11時を回って開票速報も終盤に差し掛かったころには103円台に下落、最後まで行方の分からなかった投票の結果が土壇場になって離脱派勝利の方向に舵を切ります。たった30分の間に円ドルレートはあれよあれよという間に「東京円相場が99円台に突入!」です
土壇場での大逆転でした。もう一つは・・・・お察しのとおり、ですがもう一つの土壇場劇がお隣のフランスで起きていました。

伝統のフランス行事「ルマン24時間レース」今年の覇者はポルシェでした。が、ゴールの一周前まで先頭を走っていたのは中島のドライブするトヨタ・ハイブリッド。あと一周で日本人による日本車の日本チーム、ルマン優勝という栄冠を勝ち取っていたはずが、なんということでしょう。電気回路に問題を抱えた中島のトヨタはあえなくストップ、その脇をポルシェが抜き去っていきました。これ以上の土壇場は考えられません、言葉もありません。トヨタをたたえるポルシェのつぶやきも話題になりました。24時間戦って最後の3分、勝利の女神はいつ我々に微笑んでくれるのでしょうか?

そして土壇場のオオトリはやはりトランプ大統領、年頭には誰も共和党の候補にすらならないと思っていたこの男が春先からあれよあれよという間に支持を拡大。フィリピンのドゥテルテ大統領並みの放言に注目も集まります。本当に共和党の大統領候補になっちゃったと思ったら史上最も醜いといわれた中傷合戦、投票前にはスキャンダラスなテープも出現して、もはやこれまでかと思いきや土壇場で放たれたクリントン候補へのFBIショック!、またもや土壇場劇を見せつけられるのでした。
やっぱり11時の東京円相場、一旦は106円台を窺う動きだったのがトランプ候補当選の可能性が濃くなってくると30分足らずの間にあっという間に100円台目前、ブレクジットの再来か!と言いたくなる展開です。そして、まさかのクリントン敗北。土壇場でペンシルベニア州などの有力州を落としたことが致命傷でした。
更に輪をかけたのがその後の円安、トランプなら超円高とまで言われた円相場は翌日には104円台を取り戻し、以後はじわりじわりとドルが値上がりします。一日一円のペースでついには110円台も(18日現在)市場予測も評論家のコメントも全然あてにならないということが証明されてしまった選挙結果でした。

さあ、来年はどんな土壇場が待ち受けているのでしょう?いや、トランプ政権はまだ、始まってすらいません。これからアメリカはどこへ向かうのか?グレートになれるのか?日米関係は?・・・・・・やっぱり来年もニュースから目が離せない一年になるんでしょうね

| 20:07 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー