2016年09月15日

ハバナの北のアノ場所?

銀座通りの左半分をワイキキ海岸に置き換えたようなブラジル、リオの観光地コパカバーナ海岸。見たことも行ったこともない日本人の多くが何故その名を知っているかといえば・・・・・

それはある一つの名曲の功績に他なりません。♫踊り子の彼女ローラは日夜身を粉にして働く可愛い子、当然二人の男が諍いをはじめます。それは一発の銃声で悲劇を生み・・・・・・バリー・マニロウが歌った世界的ヒット♪コパカバーナはリズミカルでラテンタッチの旋律とビートが魅力、思わずサビの部分を口ずさんでしまいそうな馴染みやすい曲でした。

YOUTUBEなどで簡単に見つかるので探して一緒に歌ってみてください。日本中がナイトフィーバーする直前の懐かしい名曲です(billboardチャート・トップ40で最高位8位を78年7月に獲得、この当時RSOレーベルのサタデーナイトフィーバー・サントラ盤からのシングルカットが半年近くチャート上位を独占する)

それはそうと歌詞の中に出てくるnorth of havanaで疑問がわいてきます。確かにキューバのハバナにはコパガバーナホテルが実在していますがここを舞台にした話ではなさそうです。詩が書かれたのは70年代、実際に作詞はがブラジルの海岸を訪れた際にインスパイアされた作り話だそうですが、当時ニューヨークのクラブ「コパガバーナ」にちなんだという説もあり、これならキューバから見て北側、ホットなスポットに該当します。

| 17:55 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー